たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 02日

巨人4-2阪神

いやあ、見ごたえのあるいい試合でした。
両チームのエースががっぷりって感じでね。
ほかの選手も、なんとか1点、なんとか無失点、という気迫があってね。
守備もよかったし。フォアボールはいくつ? フォアボールが少ないと、これだけスムーズな試合になるんですねえ。まあ井川-上原という組み合わせだと、これくらい(8時半終了)になるのかな。おかげでイ・スンヨプのヒーローインタビューに原監督のインタビューまで放送できたやないですか。
こういう試合は、最後までやってもらわな困る。まあ最後まで放送できたからよかったけど。

それにしても。井川は悔やまれるなあ。失点はイ・スンヨプのホームランのみ。それが致命的やってんけど。1回と9回に打たれたっていうのも、まるでマンガみたいやなあ。いやいや、それだけ面白かったってことやけどね。
最後の場面。解説の江川さんも言うてたけど、やっぱり勝負でしょう。こういうところで勝負するのを見たいわけでね。
打たれたのは仕方ありません。
フォアボールで崩れたとか、味方のエラーで失点したとかじゃないねんから。
こういう負けはしゃあないよね。

両投手ともがよく頑張ってんけど、裏を返せば両チームの打線がまだまだやってことかなあ。巨人の頼みはイ・スンヨプひとりやし。阪神は・・・はて、誰に期待しましょう。いや、いっぱいいてるけどね。今日も鳥谷がホームランやし、藤本も一時は同点になる外野フライを打ったし。
まあ、たたみかける攻撃っていうのを、そろそろ見てみたいけどね(^◎^;)。
それはまあ、明日以降に期待しましょう。

今日はええ試合を見せてもらった。日本テレビ、こういう試合は延長せえよ。解説の二人(掛布さんと江川さん)は、とってもいい解説してたし。これで勝ってたら言うことなし、やってんけどなあ・・・・(ぐじぐじ)
[PR]

by tacobu | 2006-08-02 00:14 | スポーツ


<< だらだら      梅雨明けだあ >>