たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 16日

阪神4-3横浜

もう、ハラハラドキドキの展開でしたな。
というか、もっとすぱっと決めてくれたらなあ!と思いつつ見てましたが。

先制され、追いつき追い越しても、また追いつかれるという、なんとも我慢のしあいのような展開。
1点リードでピッチャーはダーウィン。ああ、なんか悪い予感・・・・
一発で同点(^◎^;)
そのあともフォアボール、ヒット、そしてピッチャーゴロを手に当てて。本人は大丈夫そうやったけど、横浜が代打を送ったのでピッチャー交代。ウィリアムスにスイッチ。このあたり、そうとうバタバタしてましたな。
なんかねえ、ベンチの中がそわそわしているようで、妙な具合でしたわ。
岡田監督、怒ってるみたいやし。

9回までウィリアムスが0点に抑えて、同点のまま延長へ。
10回のマウンドは今季初登板の橋本健太郎。おお!帰ってきましたか!
ランナーを背負うピンチもあったけど、ダブルプレーで0点に抑えて。

その裏。ツーアウトからシーツのヒット。金本敬遠の後、浜中が打席に。
ツーストライクまで追い込まれたけど、4球目を打って見事レフトの上を越えるサヨナラタイムリー(^◎^)\(^◎^)/

沈んでたベンチの雰囲気も、一気に盛り上がったようですね。
しかし、その中でも岡田監督は浮かぬ顔。インタビューでもちょっと不満そう。
最後の浜中のヒットも
「ストレートを2球も見逃したからなあ・・・」
もっと積極的にいかんかい!ということかな(^◎^;)

さ、明日も勝って、調子よくロードを乗りきりたいねえ。
[PR]

by tacobu | 2006-08-16 23:42 | スポーツ


<< 暑いんだかどうなんだか      阪神6-1横浜 >>