たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 23日

巨人2-11阪神

やたっ!(^◎^)
巨人に快勝(^◎^)\(^◎^)/
しかも、中日はヤクルトに負けて、マジックはそのまま。
もちろん、ゲーム差は縮まりましたよ、ええ。

序盤。1回の裏にいきなり失点。
脇谷のツーベースに、イ・スンヨプのタイムリー。うむむ(-◎-;)
しかし、小久保のショートライナーに、3塁走者鈴木が飛び出していて、ダブルプレー。
これが大きかったね。

直後の2回表。フォアボールのアニキ金本を一塁において、濱中の当たりは阪神ファンで埋まったレフトスタンドへ(^◎^)
一気に逆転。たった1安打で。
これで内海のペースが崩れたかな。
その後も4回には矢野のライトへの飛球を、ライトの矢野が落球して(^◎^;)2点追加。
5回には金本、濱中の連打で追加点。
とどめは藤本のホームラン\(^◎^)/

先発の下柳は、回が進むにつれて「らしい」ピッチングに(^◎^;)
巨人は打てども打てども得点できず。これはあせりまっせ。

8回には江草くん(^◎^)
小久保にホームランを浴びたものの(^◎^;)、無四球で(^◎^;)抑え。
最終回は久保田の登場(^◎^)
木村拓也に二塁打を浴びたものの、最後のバッター高橋を三振に仕留めてゲームセット。

いやあ気持ちのいい勝ち方でしたなあ。
しかしね。勝負というのは面白いもので。
阪神は12安打で11得点。対する巨人は10安打で2得点。
ほんのちょっとしたチャンスの使い方でこうなるんですね。
もちろん、立場が逆になるときもいっぱいあったけど(^◎^;)
つまりは、ちょっとしたことで野球はどうなるか分からないってことで。
ということはこの先も「ちょっとしたこと」で、どうなるか分かりませんよ~(^◎^)
[PR]

by tacobu | 2006-09-23 22:20 | スポーツ


<< 巨人1-4阪神(24日)      休日のお出かけ2 >>