たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 31日

阪神3-2広島

やった! 阪神今期初勝利!
決勝点は赤星への押し出しフォアボール(^◎^;)
しぶいというか、せこいというか(^◎^;)
でも、どんな勝ちでも勝ちは勝ち。1勝は1勝やもんね。

先発能見は、1回の立ち上がりはよかってんけど、2回の表、先頭の新井にホームランを打たれて、どうなることか。ぼろぼろと打たれるんちゃうかと思ったな。
しかしそのあと、フォアボールは出したけど、ダブルプレーで切り抜けてからは、ちょっと立ち直ったかなあ。

相手投手は新人の青木。かつてオリックス-阪神に居た星野伸之さんにそっくりのフォームから、まさにそのとおりのような緩~いカーブ。最初はみんな手こずってたなあ。
しかし、3回裏には、金本が逆転ホームラン! 2階席にとどくすごい当たりやったなあ。見逃せばボールやったかも。

しかししかし、そのあとまたまた能見が打たれて、新井の犠牲フライで同点に追いつかれて。どうなることかと思いましたなあ。

試合を決定づけたのは、皮肉にも7回表の広島の攻撃やろなあ。キャッチャーの倉がフォアボールで出塁すると、ブラウン監督は倉に代走、続くピッチャーの打席には代打。これでバッテリーが入れ替わって。ここは勝負と思ったんやろなあ。
しかし代打中田(やったか)が送りバント失敗。ここで計算が狂ったね。

その後遺症やろなあ。その裏、ツーアウトから関本がフォアボールで出塁。代打のリンがツーベース。鳥谷、赤星の連続フォアボールで決勝点。

阪神投手陣は、6回、7回は久保田、8回はジェフ、9回は藤川で0封。
久保田はいきなりヒットを打たれたりしたけど、併殺打に打ちとったりして、まあ球速も150kmはだしてたから、調子が悪くはないんやろなあ。
ジェフは3人をぴしゃり。
藤川は、ツーアウトまでは順調やったけど、あとひとりというときになって、突然ストライクがはいらへんようになって、どうなることかと思ったな。最後はフォークボールで三振をとって、ゲームセット。ほっ。
まあこれから順々に調子をあげていってくれるやろう。今年はストッパー。緊張もしてんやろなあ。でも、まだ先は長いであるよ。
でも、あしたもこの調子で(今日みたいな試合でなく(^◎^;)がんばってほしいなあ。
[PR]

by tacobu | 2007-03-31 17:51 | スポーツ


<< 阪神4-2広島      阪神1-4広島 >>