たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 06日

巨人6-1阪神

開幕投手同士の対戦。しかし、明暗ははっきりと分かれたのであった。
下柳、今日はホンマに調子悪かったなあ。なんですか、3回までに先発全員安打ですか。ほんで12安打ですか。そのうえ連打ですし。イ・スンヨプにはスリーランですし。
内海は完投ですか。今期早くも2勝目ですか。すごいですね。

こちとらも、浜中にも安打が出たし、でも関本は相変わらずで、矢野もどうしたことやら。塁が埋まった!チャ~ンス!と思ったら、打席には下柳ですし。巡り合わせが悪い悪い。

6回には鳥谷、赤星、シーツの連打でようやく1点。しかもノーアウト!
というところで、金本、今岡、浜中が・・・・

いやいや、そんなことで文句は言いますまい。まだペナントレースは始まったばっかりヤシ。そうそう勝てるもんでもないんやし。
きのうは負け試合のきっかけを作ってしまった橋本も、今日はしっかり抑えてたし(ほとんど勝負が決まってたから、巨人の選手にも気合いがいまひとつやったかもしれへんけど)
今期初登板のわれらが江草も、いきなりのツーベースヒットの後は三者三振という、いかにも江草らしいピッチングやったし。
桟原は、ランナーがおれへんかったら、堂々としたピッチングやったし。
吉野は遅いボールでも、切れ味で三振をとってたし。

と、こういうときこそ、いいところを見つけて気分を直さないとね。
そうそう、打線も、つながらなかったとはいえ、8安打もしてんから。これが明日につながらないはずはない。

今日は東京ドームでの試合やってんけど、阪神の応援がすごかったね。きのうの神宮でも思ったけど、なんか東京の阪神ファンって熱がこもってますなあ。関西のファンより熱があるって感じ。
[PR]

by tacobu | 2007-04-06 21:10 | スポーツ


<< 巨人3-4阪神      成長する(?)物語 >>