たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 26日

阪神3-1ヤクルト

得点は3-1。でも両チームとも二桁安打してるんやな。拙攻が多かったということか。
阪神先発ボーグルソンは相変わらず球数をたくさん使って、とても安定したピッチングとは言い難い。しかしバックの攻守に守られて1失点で切り抜ける。
逆にヤクルト先発のグレイジンガーは制球もよく、緩急も自在で万全のピッチング。なのに味方が点を取ってくれない。ちょっとしたミスから失点。かわいそうやったなあ。
6回裏。鳥谷の打球は、スローでみるとどうも右手に当たってるように見える(^◎^;)
古田監督がしつこく抗議したのも分かるなあ。チームは連敗中。守りも乱れて、どちらかというと自滅状態。その上のミスジャッジではやってられんやろう。
でもそれも含めて野球、なのだね。それは古田監督も分かってることでしょうけど。

それはともかく。阪神ご自慢のリリーフ陣は今日も万全。まあ先頭バッターにいきなりフォアボールの久保田はまずまずとしても(それでも2回と1/3を投げて無失点はエライ)、ジェフ、藤川はまずは完璧でしょう。久々の藤川、ちょっと球威が今ひとつかなあと思わせたけど(畠山のファウルにはビビった)、まあ久しぶりやったしね。

ようやくの3連勝。GWはどんな野球をしてくれるのかなあ。楽しみ楽しみ。
[PR]

by tacobu | 2007-04-26 22:39 | スポーツ


<< 不条理ということ      阪神7-2ヤクルト >>