たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 29日

広島5-1阪神

あああああ、イライラするううううぅぅううぅぅぅぅ(-◎-;)
13安打ですよあーた、13安打、じゅうさんあんだ!
それでなんで1点! 信じられましぇ~ん!

初回、能見がいきなり4連打で1点を奪われ、なお満塁。うるさい前田はファウルフライにしとめたけれど、続く広瀬にまさかの満塁本塁打(;◎;)
初回の5失点が結局は決勝点。ああああああ。

チャンスは何回もあったのに。そらそうやろう、13安打もしてんから。
しかし、あと一本が出ない。3回表なんか、1、2番がヒットで出て、ノーアウト1、2塁でクリーンアップですよ。それでなんで点がはいらんのじゃい(-◎-;)

ま、そこが野球のおもしろさなんやけどな。総合力で勝っていても、必ず勝つとはかぎらへんのだ。安打数が上回っても点が入るとはかぎらへんのだ。だからおもしろいんや。何が起こるかわからへんから。
考えようによっては、これほどフェアなスポーツは無いかもしれへんよなあ。打撃がよかってもつながらないとダメ。ちゃんと守れないとダメ。しかも打つ人と守る人が一緒じゃないとダメ(指名打者はあるけれど)。
つまりは「バランス」がよくないとあかんのだね。今日の阪神はバランスが悪かったね。でもいいチームっていうのは、1、2回バランスが悪くても、次の試合では修正できるチームやと思うよ。だから、明日を信じてがんばろう。
そうそう、昨日今日と連投した渡辺(^◎^) 直球とパームボールのコンビネーションがよかったよ。これからの成長株かも。ちょっと顔立ちと雰囲気が昔巨人におった河原に似てるのが気になるけど(^◎^;)
[PR]

by tacobu | 2007-04-29 21:54 | スポーツ


<< 広島7-4阪神      不思議な話再び >>