たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 17日

ロッテ0-0阪神

昨日の打撃戦から一転、今日は投手戦。

阪神先発ジャンはランナーを出しながらも6回を無得点。このところランナーを出しても落ち着いてるね。ボークもなくなってきたし。
捕手の野口とも仲良くなっているようで(^◎^;)、しょっちゅうマウンドに呼び寄せてたな。肩に手を置いて、何を喋っていたのでしょう?(^◎^;)
ピンチでは関本もマウンドへ声をかけに行って。そのあと、なぜかジャンは歯を見せて笑いながら投球してたように見えたけど(^◎^;)
いったい何を話しかけたの? 関本くん。

ロッテの成瀬はさらに素晴らしい出来。なんですか、4安打ですか。
それではかないませんなあ。千葉マリンのスピードガンは測定がおかしいのか、130キロ台しか出てないんやけど、見た感じはもっと早い。あれはなかなか打てませんでしょう。

阪神は7回からジェフ、9回から久保田、11回から藤川を投入。ロッテは成瀬が10回まで投げて、藤田、小林が1回ずつ。両チームとも結局決定打を打てなかったのだね。
こういう試合もあるんですねえ。というか、これだけ締まった試合は見応えもあったやろなあ。

結局勝てなかった阪神ですが、流れからすると負けていても当然のような試合やったから、まあ負けなくてよかったと思っていいよなあ。
テレビ中継が途中までしかやってなかったけど、ランナーが出たら、エンドランを仕掛けたりして積極的に動いてたし(成功はしなかったけど)。
なんか、ちょっとずつチームに動きが出てきたような、明るさが出てきたような気がするなあ。今日も桜井がヒット打ってたし。こういう若い人が打ち出すと、明るくなるよねえ。その調子で、これからの試合を、楽しんで戦ってほしいなあ。
期待してます、楽しい試合。

b0023293_2024074.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-06-17 22:47 | スポーツ


<< ライトノベル? ファンタジー?      ロッテ7-11阪神 >>