たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 01日

阪神4-3ヤクルト

なんかハラハラさせられますなあ。
久々先発の杉山くんは、序盤は上々の立ち上がりで、おっ、これはひょっとすると今季2度目の完封か?! とまで思わせておいて、勝利投手の権利がかかる5回表に同点に追いつかれて(^◎^;)
「勝たれへんところは、ああいうところかなあ」と岡田監督の言うとおりかも。

流れはヤクルト側。しかしその流れを断ち切ったのは久保田であったね(^◎^)
すると6回裏に、矢野がしぶとくタイムリー\(^◎^)/
この回も、シーツがフォアボールで出塁して、ノーアウト1塁。しかし続く金本がゲッツー(^◎^;)。いままでやったらここで「しゅん」となって「ちゃんちゃん」となるところで、リンくんがスリーベースヒット\(^◎^)/ 桜井フォアボールの後、矢野が決勝のタイムリー\(^◎^)/
なんか粘っこいチームになったなあ。
そういえば、録画でしか見られへんかったけど、先制の2点目、3点目は、内野ゴロの間に得点したのであったな。
まるで中日ドラゴンズのような点の取り方やな(^◎^;)

最後は藤川が、ノーアウト2塁のピンチを招いたものの(^◎^;)、続く3人を抑えて見事、球団記録にならぶセーブを達成\(^◎^)/
ほんまに、ギリギリのところで踏ん張ってますな。しかし、ギリギリのところで踏ん張れる、というのも実力のうちやからね。
ウィニングボールが収まったミットを差し出しながら、マウンドに駆け寄っていく矢野がカワイかったよ(*^_^*) なんか、ええチームやなあ、阪神って(^◎^)
b0023293_0295875.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-08-01 00:30 | スポーツ


<< Google Docs & S...      世の中は >>