たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 28日

お風呂場の隅で

きのうの夜の出来事である。お風呂に入ろうとしたのだ。そのときふと目についたのだ。風呂場のドアの、その木枠の隅の方に。白いかたまりがあったのだ。

最初は、石鹸かシャンプーの泡が溶けずに残っているのかと思った。ティッシュで拭き取ろうとした。しかし。ちょっと拭いただけでは取れない。あれ? 泡じゃないのか。

ちょっと力を入れてこすり落とす。白いかたまりか崩れてティッシュに。や。これはもしかしてクモの巣とかクモの卵とかじゃないやろな。むかしこれに似たものを見たことがあるぞ。変なかたまりやなあと思って一日ほおっておいたら、次の日小さい小さいクモの子供がうじゃうじゃ出てきて閉口した。

それを思い出してぞっとしながら、ティッシュの中のものをちょっと確かめてみたけれど、どうやら何かの卵とかいうものではないらしい。しかし。ちょっと臭いぞ?

この臭い。どこかで嗅いだことがあるなあ。そうや。シイタケの香りではないか。

そうか! この白い物体は、キノコだったのか(^◎^;)。

ここのところ雨続きやったしなあ。湿っていて温度も高い。育ったんやな、どっかから飛んで来た胞子が。しかし、結構大きく育ってたなあ。親指の頭ぐらいの大きさはあったな。取る前に写真にでも撮ってたらよかった。話の種になったのに。もうなってるか(^◎^;)。
[PR]

by tacobu | 2006-07-28 21:16 | 日記


<< 汗を掻く      面白い本、そうでない本、いろいろ >>