たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 21日

熱戦の甲子園

きのう、だらだらとした日中を過ごして、まあ高校野球の決勝があるからだらだらテレビで見てたんやけど。だらだら見てる場合でないぐらいのすごい試合になりましたな。最初の方で点が入らなかったので、半分冗談で
「こらあ、もう引き分け再試合になるで(^◎^)」
と言ってたら、ほんまにそのとおりになったであるよ(^◎^;)

それにしても、斎藤投手ですがな。いや、苫小牧高校の田中投手もたいしたもんですが、それ以上に引き込まれてしまいましたがな。特に延長15回の最終回、最後のバッターに140キロ台後半の直球で追い込んで、最後は変化球で空振りとは。どこかのピッチャーに見習わせたいくらいやったね。

そんなわけで今日、再試合やったわけですが、もちろん今日は月曜日で仕事がありましてね。でも試合は気になる。気になる。こんなに高校野球が気になるのはいつ以来やろう。もう久しく、それこそ20年か30年ぐらいは(^◎^;)なかったことやね。

あの昨日の感動をもう一度・・・と思って、今日はビデオをセットしていったであるよ。帰ってからゆっくり全部を楽しもうというわけ。あんな試合をする両チーム、そんなんスポーツニュースのダイジェストだけではもったいない。一球一球の駆け引き、気合いを見たい、と思ったわけであります。

帰ってから。ゆっくりと見直しましたがな。もちろん、ニュースとかで試合結果は知ってるわけなんやけどね。それでも、ヒットに「ひゃあ~!」ホームランに「どひゃあ~!」好プレーに「やた~!」と興奮のしっぱなしであったのだ。最終回に1点差まで追い上げた苫小牧高校はやっぱりすごいね。録画でもこれだけ興奮すんねんから、生で見てたらどれだけ興奮したやろう。

試合後のクールダウンのキャッチボールをしながら、大泣きに泣いていた斎藤投手が心に残ったであるよ。ほんま、2日間(予選から入れたらもっとか)よく頑張ったね。ほんまにほんまに、おじさんは感動させてもらったよ。

なんか久しぶりに書いていて。いっぱい書くことがあったように思うねんけど、浮かんで来ないのです。忘れっぽくなったかなあ。というより、もうめんどくさくなってきてるのだね。いかんね。違う意味の老化現象か。ははは。

週末。いろいろあったんだけど、もう眠いからこの辺で。
[PR]

by tacobu | 2006-08-21 21:32 | スポーツ


<< 意外、じゃないんだけど      ヤクルト3-8阪神 >>