たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 18日

3連休

結局、たいしたこともせずに過ごした。ぶたこがちょっと風邪気味。僕もちょっと体がだるい。というわけで、ふたりして家でじっとする3日間だった。

昨日。午前中に洗濯物を入れて。なにしろ台風がやって来るという話だったし。午後から大雨になるかもという予報も出ていたので、早めに取り入れ。前日の夕方に洗濯して、次の日の朝に取り入れるとは(朝といっても11時ごろやったけど)。だいたい朝洗濯して、夕方取り入れるというのが一番効率がいいらしい。そうやろなあ。日が照っている間に干すのがええねんから。でもまあ、洗濯できて乾いてもいたんやからよしとしよう。

洗濯物の取り込みも終わって。部屋で本を読んでたら、窓から強い風が吹き込んできた。さすがに台風が近いからかなあ。近くなかってんけど、その影響はあったみたい。ともかく強い風が吹き込んで、部屋の中のホコリを一瞬舞い上げた。ごほっ。

と、ふと見ると、今読んでいた本のページの上を、左から右につつつーっと這っていく、ゴマのような塩の結晶のような、クリーム色がかった物体。よく見ると、ダニ(^◎^;)。今のホコリに混ざっていたのか。爪の先でぷちっとつぶす。

ふとまわりを見ると、部屋の中がホコリだらけではないか。まあ、いつもホコリだらけなのだけれど、普段は見てみぬフリを決め込んでいるのだな。しかし、ホコリの中から生まれ出たであろうものを、目の前でそいつが動いているのを見てしまったからには、我慢できず。掃除機をかけることにした。ま、掃除機をかけるだけのことですけどね。ガガガーッと。部屋の中をひととおり掃除。ついでに台所も(続いているので)ガガガーッと掃除。ちょっとスキッとしたかな。

そうこうしているうちにお昼。お昼ご飯はラーメン。ここら辺が休日気分やね。

面白いテレビもないので、静かに読書。じっくりゆっくり長編が読めたな。いやあ充実してる。

さて、今日はというと、昨日とほぼ同じなのだな。洗濯がなかった。掃除がなかった。それぐらいで。あ、野球がナイターやった。そして長い時間かかった(^◎^;)ということかな。

昼間でも、窓を開けていれば涼しい季節になって、冷房の効いたところを探さなくてよくなった(おい)。家で十分。涼しい格好をして(恥ずかしい格好とも言える。下着姿でうろうろできるのだな)、ベッドに寝転んで読書三昧。読み飽きたらそのままうとうと。ああ、なんて贅沢。お金もかからへんし。

そういえば、台風は? どうやら直撃したところ以外のところで、大きな被害が出ているらしい。災害かあ。

それにしても、相変わらずテレビは「独占映像」「衝撃映像」を求めて、危ない場所での危ないレポートを繰り返しているのだな。風が強い中を外に出ての取材は危ないですよ。気をつけて、というより、そこまでする意味があるのかどうか。もいちど考えてみては。

今日の朝。関西テレビの「痛快!エブリディ」をみていた。休日気分やね。「男がしゃべりでどこが悪いねん」という企画でね。月曜日は。今日は休みということで、これまでの総集編も流しますということで、まあ総集編は面白かってんけど。

はじめの方は、小学校の校内暴力についての話で。これがなあ。どうもココの番組に出ている人は(今日ゲストやった舛添さんも含めて)、昔の教育はよかったっていうことから話が始まっててねえ。昔はこんなやつはおらへんかったとか、小学校では先生を尊敬してたとか、上下関係があってあたりまえやったとか。

僕、こういう話の展開になるとどうも居心地が悪くなるんですね。今日取り上げてた内容は、悪くはないけれど、校内暴力に関する統計結果を見てのことやってんけど。統計結果って、そんなに意味があるのかなあという気がするんです。それに加えて、「こんな報告があった」とか「こんなことを言う小学生がいてた」とかいう実例も挙げましてね。するとみんな異口同音に「オレらの子どもの時分には、そんなヤツはおれへんかったでぇ」と言うのですけどね。

でもねえ。よくよく考えると、おったよなあ。問題になれへんかっただけで。僕の小学校時代も、とんでもない暴言を先生に言うヤツとか。まあ殴りはせえへんかったけど。その一歩手前っていうのもあったよなあ。普通の、というか、どこにでもありそうな公立小学校やったけど。

どうもねえ、こういう話題になると、その問題に対して声を高くしている人たちの主張って、自分たちの経験とかからしか話が出てきてないような気がするんやなあ。ほら、よくあるでしょう、「昔もいじめはあったよ。でも今ほどひどくはなかった」って言う人。そういう人の中に、いじめにあった側の人、いじめられていた人はどれくらい居るんやろうかって、いつも思うのです。ほんとに分かってるのかって。

なんか話がごちゃごちゃになってしもたな。つまりはね、新聞とかマスコミとかで取り上げられる一端だけを見て、「今の教育はなっとらん」とか偉そうに言われるのがどうも気にくわんのですわ。僕は先生ではないけれどね。何が悪くてそうなったのかっていうことを、もっと考えてほしいなあ。ただ「昔の方がよかった」ですまさずに。

ちょっとよかったな、と思ったのは、誰かが
「今の子供は先が見えている。これは大人の社会の縮図や」
と言ったことかな。誰もが塾に行って勉強する時代。塾での成績が将来を決めると思ってる。親も思ってる。すると、学校って何なんでしょうね。

親が思ってるってことが問題なんやなあ。子供の問題じゃなくて、大人の問題なんですね。これは。自分たちのことをちょっと振り返ってみよう。努力しても仕方がない。自分の行く先が見えてしまっているって、ちょっと悲しいね。小学生ではね。

なんか、とりとめもなく書き綴ってしもたけど。ともかく、休み気分っていうのはいいもんやなあ。なんの締めにもなってない(^◎^;)。ま、こんなことで、毎日は過ぎていくのだ。ささ、明日も仕事。
[PR]

by tacobu | 2006-09-18 22:26 | 日記


<< 読み方、楽しみ方はいろいろで      阪神6-5ヤクルト >>