たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 07日

そして週末

体調がよくなってきたから、ほんとに普通どおりの週末を送れそう。そう思った朝だった。昨日の天気予報で、この連休、大阪は天気の崩れはないように言っていたのに、起きたら雨模様。たまってる洗濯物を片づけたかったのになあ。

でも、時間が経つにつれて日も射してきた。と思ったらちょっとぱらぱら。ううむ。悩むところやけど、バンコク旅行で出た洗濯物もまだ洗ってないのもあるから、ひょっとしたらちょっとした雨にはなるかもしれへんけど、覚悟を決めて洗濯。午前中に2回回したよ。洗濯機。

午後からは市立図書館へ。本の返却と新しい本を借りてくるのと。すぐに返ってきて、旅行中に録画しておいたビデオをようやく見始める。「ヤング・スーパーマン」と「エンタープライズ」。エンタープライズは京都テレビでの放送なんだけど、今週から放送時間が変わっていて、知らなくて見過ごすところだった。平日(水曜日)の11時からになったのだね。

そのあとは「土曜はダメよ!」というバラエティを見て(住宅情報が面白いのだ)、さて6時からは阪神-巨人戦をたっぷりと、試合終了まで楽しんで。という、だらだらした楽しい一日。

市立図書館はすぐ近所にあって、とても使いやすくて便利なんだけど、どうも本が探しにくい。なぜかというと、本が本棚にちゃんと並んでいないのですね。海外文学の棚になぜか村上春樹の本が並んでいたりする、というのはまだカワイイ方で。

日本文学の「米原万里」さんの本の隣に「国民年金のかしこい運用」みたいな本が並んでいる。どゆこと?

これはねえ。本を返却するときに、返却した本は借りた人が元の場所に戻す、ということになっているのだね。で、ちゃんと元の場所に戻せればいいのだけれど、忘れてる場合や思い違いをしているときもあるわけでね(実際に、僕が日本文学の棚で本を探していると、おじさんが当然のように「年金のかしこい運用」をポンと差し込んでいったのだった)。それで間違った場所に戻しても、後で直す人が居ないみたいなんやなあ。図書館の人が直してくれたらええねんけど。この図書館、人気が高くて、利用者も多いみたい。こどもの本もいっぱい置いてあるしね。だから、全部の返却された本がちゃんと元の場所に戻っているかっていうのを確認する作業っていうのは、とてもできないんでしょうねえ。

いやいや。それが出来ないと図書館の機能としては完全ではないのだから、やっぱり本の分類、本棚はちゃんとした並びになってもらわないと。
[PR]

by tacobu | 2006-10-07 22:33 | 日記


<< 阪神1-5巨人      阪神5-3巨人 >>