たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 09日

お出かけ

テレビのニュースは北朝鮮の核実験で持ちきりだ。あの国は一体何を考えているのかね。これからどうしていくつもりなんかなあ。

これを機に、日本でも核武装を、なんていう意見が出てくるのも心配だ。ちょっと前までそんな意見はいうのもはばかれていたのになあ。今では大手を振ってそんな意見を言う人が、国会議員でも居てるしなあ。「敵対する国が持ってるんだから、対抗して持つのは当然」そうかなあ。そう言ってる間は、この世から核兵器はなくならないと思うんやけど。

と言って、別に北朝鮮を擁護するつもりなんか爪の先ほどもないんやが。これがきっかけになって、国際的に孤立して、国の体制が変わってくれたら、個人的にはうれしいとさえ思ってる。今のままでは、あそこに住んでいる人たちが心配だ。こちらが心配するようなことではないのかもしれないけれどね。

もうなんか、SF的やけど、世界中の核兵器を無力化してしまうような、そんな機械か装置か電磁波砲とかができたらええのになあ。みんな、持ってることがあほらしくなるような世界。でけへんかなあ。

このニュースは、今日出かけていたさきの、ビックカメラのテレビ売り場でニュースを見たのだった。そう、今日はすこぶる天気がよかったので、お出かけ。というより、ぶたこのお母さんと、バンコク旅行の報告を兼ねてお昼を一緒にしたのだ。

病み上がりの僕の体を気遣って、最初はどこかの食堂で体に負担にならないものを、なんてことを考えていたのだけれど、すっかり体調を取り戻した僕の胃袋と脳内の食欲中枢は
「アブラッコイモノガタベタイ、カラダニヨクナイモノガホシイ」
とうずいていたのだった。その欲望に応えて、日光ホテルのランチバイキングに三人して突入したのだ。

ココのランチバイキングでは、その場で作ってくれるメニューがあるのだが、今日はヒレカツだった(^◎^)。おお、カラダニワルソウヤ、と、食欲中枢が働き出し、もちろんいただきました。久しぶりのカツ。ううううううむむむむ。うまい!(^◎^)

そのほかにも、バイキングだからとにかく用意されていた料理をちょっとずつ、と思っても大量になった(^◎^;)食事をペロリといただいたのだった。ぶたこもお母さんも呆れるくらい(^◎^;)僕の胃袋は欲望を満たしたのだった。

食後の運動、というわけではないけれど、最近出来た(といっても半月以上は経つ)ナンバマルイに出掛けた。うう、人でいっぱいじゃ。入り口を入ったら、半強制的に上りエスカレーターに誘導される。人の流れのままに最上階へ。なんか人がいっぱいやから、それだけで疲れてしまう。最上階の、さらにその上にあるシネマコンプレックスに行けば、ホールか何かがあるから、そこで座って休憩でも。と思ってシネコンにいったら。いままでの人の波がここにすべて流れ着いたかと思うほどの人のかたまり(^◎^;)。とても休憩する場所などなく、仕方なく今上ってきたエスカレーターを降りることに。

まあせっかく来たのだから、ということで、エスカレーターを降りるごとに、フロアをひととおり見て回る。全体がそんなに広いわけではないのだね。まあわたしら3人がゆっくり見て回るような店がないっちゅうこともあるけど。

とってもこんでるけど、身動きが出来ないほどでもなく、ゆるゆる歩くことも出来たので、ちょっとだけ休憩気分にはなったかな。しかし人が多いのにはくたびれた、というのは3人の一致した見解。もう堪能したから、さっさと帰宅することにした。お疲れさま。

家に帰って、ちょっと昼寝。相変わらず北朝鮮のことで持ちきりのテレビ。まあ、面白くもない番組を見せられるよりはマシだが。明日の新聞にはどんな風に載るのかなあ、と思ったけど、あしたは休刊日でした。

ほんまにいろんなことがあった日だったなあ。この日が将来、どんな風に記憶されていくのだろうか。これから先、どんな歴史が刻まれていくのだろう。不安と期待と、そのほかいろんなものがぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる(リリー・フランキー風)うずまいている。
[PR]

by tacobu | 2006-10-09 22:34 | 日記


<< DELLのサポート      笑いというものは >>