たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 29日

あれもしてこれもして、と考えること

金曜日の夜からおかしかった。なんだか落ち着かなかった。週末の過ごし方について。
普段はそんなことはないねんけど。
今週の週末は大した用事はなかった。大した予定もなかった。だからどうしよう。
と考えていたら、なんだか頭がこんがらがってきたのだ。

洗濯をするか。買い物にも行かないと。どこのスーパーに?
新聞の折り込みチラシもあったな。湯沸器を買った店から、展示会のお知らせも来てた。お米の特典があるらしい。どうする?
そろそろ来年のカレンダーも買わないと。それと手帳も。でもどこに?
土曜日には大学の図書館が開いている。また行くか? でも本の返却は来週でいい。ただ読書のために行くか。読んだ本をとりあえず返すか。で、新しく本を借りるか? そうすると土曜日のお昼の予定はすべて埋まりそうだけど。そうすると買物はどうする?

などということを色々考えていたのだ。自分でも気づかない間に、ぶたこに「どうする?」「どうする?」と何回も予定を聞いていた。
「強迫神経症にでも罹ったんちゃう?」
と言われるくらい。
「どうせ時間はあるねんから、そんなにきっちり予定を立てんでも」
そう言われればそのとおりだ。あんまり考えない方がいいのかも。
そう思って、金曜日の夜は、明日のことはあんまり考えないようにして寝たのだった。

土曜日。起きたら10時を回っていた。遅い朝御飯を食べ、サティに買い物にいった。サティの中に100円ショップがあるので、そこでカレンダーと手帳を買おうというわけ。
サティの店に入ったら、そこは靴売り場だった。サティは今、阪神タイガース応援感謝セールをやっている。「値札から2割引」なんていうのがある。まあついでに靴も見てみよう。
色々見てたら、気に入った靴が合ったので、ぶたこも僕も一足ずつ買った。思いがけない買物だ。でもちゃんと履いてみてかっこよかったし。
僕の場合は足が小さいので(24cm。24.5cmの靴でも合うものがある時もある)合う靴はなかなかないのだが、この日は足にぴったりのものがあった。なんという偶然。

靴を見ている間にお腹が空いてきた。普段は滅多に入らない、サティの中の食堂街へ。食堂街と言っても、開いてる店は3店だけ。昔はもっとあったのになあ。とりあえず中華料理やさんにはいったら、これが当たり。おいしかったな。さすがにこの中で生き残ってるだけのことはあるのか。店の中の雰囲気もよかった。

腹ごしらえが出来たところで100円ショップへ。カレンダーはいいものがなく、手帳だけを買う。せっかくなので隣にあるコーナンへ行ってみようかということに。そこなら気に入るカレンダーがあるかも。ちなみにコーナンの中にも100円ショップはある。同じ店(ダイソー)なのだが、なぜかおいてあるものが微妙に違ってたりするので、行ってみる価値はあるかも。

というわけでコーナンへ。通常売ってるカレンダーで気に入りそうなものは480円とか580円とか。ちなみに、欲しいタイプは、ある程度の大きさがあって、予定がたくさん書き込めるもの。ちょっと離れたところから見ても、予定に何が書いてあるか分かるもの。
だから、ポスタータイプのもので、写真だけが大きくて予定が書き込めないようなものは却下。むしろなにも装飾のないほうがよろし。そしてA3サイズ以上はあってほしい。ちょっと離れたところから見ても分かるように。

コーナンのダイソーに行ったら、店を入ったところにその要望に近いものがあって、ふたりして「これでええやん!」と意見も一致。

ふたたびサティへ。地下の食料品売り場で野菜やお弁当(晩ご飯用)、食パン、牛乳なんかを買いこんで。もちろん「応援感謝セール」で安くなってるもの中心です。

なんか充実した買物をしたなあ。と思ってたら、ぶたこが
「ほら、何も予定を立てへんかっても、楽しく過ごせるやろ(^oo^)」
確かに(^◎^;)

ついでに。今日(日曜日)のことも書いておこう。
と言っても、大したことはしていないけど。

朝は洗濯。お昼は図書館に行って。本を借りて。その足でスーパー・サンディへ。お米や野菜やジュースなんかを買って。

帰ってきてからはテレビ三昧。「たかじんのそこまで言って委員会」「7年ごとの成長記録」「フィギュアスケート・スケートアメリカ」

そういえば昨日は久々にネットで映画を見たな(ヤフー動画サービス)。
ジュディ・ガーランド主演「若草の頃」(監督:ビンセント・ミネリ)
ジュディ・ガーランドの歌をフューチュアした、ファミリードラマ。まあよくありそうな話やったけどね。ちょっとだけ暖かい気分にはなったかな。たまには映画がいいな。それも古い映画ならなおさら。
[PR]

by tacobu | 2006-10-29 22:49 | 日記


<< 昔の本、新しい本      フィギュアスケート・スケートア... >>