たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 26日

中日6-3阪神

今日は文句を言わせてもらいますよ、ええ(-◎-)
ひょっとしたらの先発は、江草ではなく(^◎^;)ダーウィン。まあ、ダーウィンはエエ調子やったけどね。最初のうちは(^◎^;)
中日先発の中田は、調子に乗らない。
2回は1死満塁、3回も1死満塁、4回は2死1,2塁
ここが勝負のしどころ。責めどころやったのに・・・・どの回にも得点できず(-◎-;)

ダーウィンは3回まで1安打ピッチング。
しかし、見方がこれだけチャンスで打てへんかったら、そらもう調子も崩れていくわナア。だいたいが先発タイプではないのだし。
というわけで4回裏、フォアボールをきっかけにがたがたがたがたがたっと4失点(-◎-;)
チャンスの裏にはピンチありとは、よお言うたもんやな。そのとおりになったガナ。

阪神も6回表に桧山のタイムリーで1点。7回表には金本の犠牲フライ、桜井のタイムリーと、ようやくつながりを見せて1点差。
攻撃が遅いっちゅうねん!
これが2回、3回のチャンスに得点できてたら、展開が全然ちゃうかったのに。

ほんで7回裏。1点リードされていながら久保田投入。
なんで江草を降ろしたの? いや、個人的に好きなだけやけど。でも6回はええピッチングしてたのに。それにまだリードされている段階ヤデ。
ほんで、守備固めに入れたはずのファースト藤原のまずい守備で2失点。なんじゃそら。
守備固めやったら、シーツをファーストに、サードに関本っていうのが定石やったのに。今日はどうしたのだ? 関本に何かアクシデントでもあったのか?
で、リンより藤原、というのがまたまた解せん(-◎-;) どっちもスペシャリストではなかろうに。
リードされてる状態でリンを引っ込めるというのもまた解せん。
ほんで次の藤原の打順で代打葛城。
だったら最初からファースト葛城やろう!

なんか歯車が噛み合わんままに、いつの間にか9回表。岩瀬が出てきて。
朝日放送の楠アナは
「岩瀬の調子がわるいですからねえ」
なんて言うてたけど、そんなんは気休めにもならんかった。
あっという間にゲームセット。

あああ。なんかが詰まってしまったような試合でした。いらいらいらいら。
しかし、こういうゲームをきっちり取ってくる中日はやっぱり強い。怖い。

と、まあいろいろ文句はあったけど。ともかくもロードは今日でおしまい。久々の甲子園で、調子を取り戻してもらいましょう。それを期待するしかないわい。

b0023293_2311794.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-08-26 23:01 | スポーツ


<< 8月25日の記録      中日0-2阪神 >>