たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 27日

鼻がつまっています(-◎-;)

昨日から鼻づまり。いや、正確には、鼻水止まらない状態である。風邪か。
熱もなく、食欲も普通なので、まあ軽い風邪なのだろう。まさに鼻風邪。
朝のワイドショーは、どのチャンネルも亀田亀田亀田で。あんなけ全部で生中継するとはナア。で、ちょっとしか見てないのである。なにしろ出勤間際の時間やったし。というより、もうあんまり興味もないのである。そもそもボクシングに、格闘技に興味ないし。
夕方家に帰ったら、いろんなところでやっぱり話題に。新聞にも載ってたな。「反省しています」とか。そういやそんなことも言うてたか。
どうやら会見の評判はそこそこいいらしいんやけど。ちょっと見ただけで言うのもなんですが、まああんなもんなんかナアという感じ。それは亀田くんの返答もやし、マスコミの質問もやし。どちらもどちらか。マスコミは、なんか「よってたかって」みたいに見えたなあ。偏見か。
亀田くんも、ぼそぼそっとしかしゃべってなかったし。ホンマに反省してるんだかどうなんだか。「放送で流れたんだから、そうでしょう」なんてねえ。これではっきりと「反則指示を認めた」ということになるんやろか。

まあ、勝手にやってください。昨日だったか、伊集院光がぼそっと言うてたけど
「もう飽きました」
同感。

熱は出なくても、ずっと鼻をかんでいると、それだけで気が滅入るものだ。昼間からチンチンと鼻をかみ続け。なんとなくぼーっとした時間を過ごしてしまった。いやもちろん、仕事はこなしていったけど。ぼーっとしながらね。
さっき熱いシャワーを浴びて、ちょっとスッキリした。こういうときはさっさと寝るに限るのだが、夜、テレビを見ながら(熱血タイガース党だ!)うとうととしていたし、さらにシャワーを浴びたあとで、みょうに目がさえてしまっている。で、こんなものを書いているのだ。

今日の朝日新聞(朝刊)の真ん中の特集は、最近の翻訳ブームについてだった(時代小説について、というのもあったけど)。あらためて、最近になって新訳本がいっぱい出てるんやなあと思ったなあ。いろんな訳で読めるというのはうれしいことやね。といいつつ、同じ話を違う翻訳で読む、ということはほとんどないような気もするのだけれど。
でも、かつて読もうと思って途中で挫折した小説とかが、新訳で出たっ!となると、「ひょっとしたら新しい訳文で読んだら最後まで一気に読みとおせるんとちゃうか」と思って(錯覚して?)、もう一度読みたい!と思うなあ。「審判」とか「赤と黒」とか「白鯨」とか。今読んだら、楽しく読めるかも。
[PR]

by tacobu | 2007-10-27 00:45 | 日記


<< 鼻風邪・法事・靴ずれ      何をいまさら >>