たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 24日

連休初日は急きょ柏原へ

「柏原」と書いて「かいばら」と読みます。兵庫県の山の方、といっていいのかな、この場合。「北の方」というと城崎とか丹後半島になるし、「南の方」というと姫路とか明石とかになるし。とにかく広いねん、兵庫県。つまりはその真ん中に近い、ということなんやけど。分かりにくいな。地図で見てください。ちなみに「かしわら」と読むと、それは大阪府柏原市ということになります。今日行ったのは兵庫県柏原町。
そんな説明はどうでもいい。

昨日、ネット仲間で音楽仲間だった友人が亡くなって、今日がお葬式だったのだ。たまたま何の予定も入っていなかったので、葬儀に参列してきた。
神戸に住む友人と3人で、快速と各停を乗り継いで柏原駅へ。駅のレストランで昼食。たまたま居合わせた別の参列者さん(初対面。でも気軽に声をかけたのはやっぱりぶたこ)と一緒に。
葬儀場まではタクシーで相乗り。4人になったので割安になったのだった。

葬儀場は、亡くなった友人が生前に愛用していた銭湯のあとにできたところだった。「銭湯がなくなって残念」なんてことを自身のHPで書いていた、その場所で葬儀が行われるとは。

葬儀場には、遺影と共に、HPのプリント、紹介していた本、自身が高校時代に書いた小説(製本されている)、お気に入りのCDや愛用の指揮棒(指揮者でもないのに)なども飾られていて、まるで小回顧展のようであった。
葬儀前のBGMはベートーヴェンのピアノソナタ。晩年の作品ということだったが、曲名はなんだったんだろう。32番とかかなあ。よく知らない曲がかかるのも彼らしいなあ。
記帳して、葬儀参列のお礼にいただいたのは、ミスドのドーナツだった。「故人が生前よく食していたものです」確かに。
いろんな意味で、彼らしい葬儀だったなあ。

帰りの電車の中で、ちょっとドーナツをつまんでみた。甘い。おいしい。ありがとう。
[PR]

by tacobu | 2007-11-24 00:50 | 日記


<< 昨日、今日      いい夫婦 >>