たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 01日

フィギュアスケート・NHK杯 女子SP

グランプリシリーズの最終戦。なんといっても「NHK杯」なので、中継はいつもの演出過多、真央人気におんぶにだっこしてもらっている朝日放送でないところがうれしい。しかも生中継!
ぶたこの話によると、夕方に放送していたアイスダンスのオリジナルダンスも面白かったらしい。ああ、録画しておいたらよかったかなあ。アイスダンス、昔は好きやったなあ。っていうか、今でも見たら好きになるんやろうけど、目にする機会がめっきり減ってしまいましたからねえ。去る者は日々に疎し、というわけで、だんだん興味もなくなってしまったなあ。でももう一度見だしたら、きっと面白く見られるんだろうけど。

さて、今日は女子のSPです。日本の期待は安藤美姫だけど、ワタクシ的にはなんといっても武田奈也(*^^*) こないだのスケートカナダでもいい感じやったし。まだまだこれからってところもあるけれど、ともかく一押しなのである。ひいきのひきたおしと言うなかれ。
ジャンプのひとつひとつが決まるたんびに「うぉーっ!」と声を上げてしまいまして(^◎^;)大人げない(_◎_) 解説の声もあんまり聞いてない(^◎^;) スピンも決まって、最後のポーズではハジケるようなはみ出すような笑顔でフィニッシュ(^◎^)
パーソナルベストも更新して、おじさんはうれし泣きだったよ(;◎;)

さて、興奮も覚めやらぬまま、続いての演技を見つづけます。なにしろCMもないからね。うれしいねえ。
安藤美姫、スケートアメリカ以来のすべりやったけど、あの時と比べても勢いがなかったなあ。それでもベストスコアをだすところがスゴいけど。ちょっとのびのびさというか、明るさというか、思いきりというか、そういうのをフリーに期待したいなあ。

1位になったコストナー。うーん。これで1位なのか。3回転3回転を決めたのが大きかったようやけど、あとの演技はどうやったんやろう。新しい採点システムになって、こういう風に、全体の印象がそうでもないのに、得点が高くなる、それもとても高くなるってことがあって、まあ素人が見るのと審判の目とは違うんだろうし、「ちょっと見た目がよくても、競技としてはダメなのよ」といわれると、そういうもんかと納得はするけどね。あとのふたつのジャンプが決まりきらなかったのがねえ。フリーはどんなことをやってくるのかな。

フィンランドのレピストが、ジャンプもきれいでスピンもきれいで、今年シニアデビューってことやから(17歳!)、これからがとても楽しみやなあ。あれで最初のコンビネーションジャンプが3-3になってたら、もっと上位に食い込んだやろなあ。スケートカナダでは、SPで1位になりながら、フリーで得点が伸びずに結局7位になったんやったな。こんどはその逆が起こるやろか。これからの注目株やな。

そのほか、どの選手もなんか調子がよさそうに見えたな。グランプリシリーズも終盤になって、みんなレベルが上がってきたのか。明日のフリーも楽しみやな。
なんといっても、NHK。CMもなく無駄な話もなく、実況がトリノ五輪で「トリノの女神は荒川静香にキスをしました」と言った刈屋富士雄アナ、そして解説がその金メダリストの荒川静香そのひとという取り合わせも面白く、また楽しい。
[PR]

by tacobu | 2007-12-01 00:47 | スポーツ


<< 61.6kg、89.5cm      61.6kg、90cm >>