たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 28日

【全日本フィギュア・男子フリー、女子ショート】

そういうわけで、今日からお休みです。朝からだらだらとテレビを見ていると、あっという間に時間が過ぎていきます。無駄に時間を過ごすことには普段は無頓着なんだけど、この長い休みにできることは何かなあといちおう考えたりもします。といって、できなかっても仕方がないと思ってますけどね。

で、昨日はフィギュアスケート。ゴールデンタイムには女子のショート。深夜には男子のフリーと、堪能いたしました。
女子ショートは、わたくし期待の武田奈也がいまひとつ調子に乗れなくて、ちょっと残念。涙さえ浮かべているのを見て、思わずなぐさめに行ってやりたくなったよ、おじさんは。なみはやドーム、すぐ近くやし。ここで3位以内に入ったら世界選手権出場というチャンスもあるからねえ。緊張したんでしょうなあ。
その緊張を成果につなげる選手もたくさん居てて、去年も思ったけど、全日本ってレベルが高いねんなあって思いますね。しかもあんまり大きなミスが出ないような気がします。だから見応えがあるなあ。
なかでも「さすがっ」と思わせたのは村主章枝。正直言って、グランプリシリーズのときは、コーチを変えたことが裏目に出たかなあと思っていたのですが、昨日のショートは久々に魅せられました。仕上がるとこうなるのか、というのを見せてもらったという気がしました。3位も納得やね。

さて男子ですが、織田くんの欠場で、わたくしの注目は2位、3位争い。ジュニアチャンピオンの無良くんがどこまでくいこむか、だったんですが。
意外(というと失礼ですが)によかったのが最年長の中庭選手(急に「選手」と呼んでいる)。4回転も決まったし、ちょっと最後の方はふらふらやったけど、大きなミスもなかったしなあ・・・。しかし結果は4位。泣いてましたねえ。そら悔しいでしょう。わたくし的には、3位の南里選手より出来はよかったように見えたんやけどナア。
2位になった小塚選手。のびのびと滑ってましたねえ。なにより、最後までスピードが落ちなかったのがスゴいなあ。体力を温存したプログラムやったんかもしれへんけど、それにしてもたいしたもんやと思いました。もっとハードなプログラムにも挑戦してほしいなあ。そういうプログラムになったときどうなるのか、という楽しみも増えました。
そして高橋選手。もう1位は確実でしょう、というところから、さらにどういうプログラムでくるか、4回転は2回飛ぶのか? という興味が大きかったです。そして飛んでくれましたね。しかも2回目はコンビネーションで。やったあ! と思ったけど、最後の方はもうバテバテでしたね。ストレートラインステップにはいつものキレがなく、スピンも不安定。これからの課題やろなあ。


今朝、ワイドショーに高橋選手が生出演していました。小倉さんの番組。小倉さんが「まわりが「金」「金」っていうのはどうですか?」という問いに
「ぼくが一番欲しいと思っているので、プレッシャーにはなりません。むしろ言ってもらった方がいいです」
かつての、プレッシャーに負けて失敗していた高橋くんの姿はもうありませんね。期待しよう。応援しよう!
[PR]

by tacobu | 2007-12-28 11:16 | スポーツ


<< 演歌調アナ      【サンタクロースにインタビュー... >>