たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

【全日本フィギュア・エキシビジョン】

入賞者ほかによるエキシビジョン。正確にはなんというんだろう。
オーケストラの生演奏をバックに滑るという企画もあり。全部じゃないけど。華やかな雰囲気やったね。
どの選手も、競技の時よりリラックスしているようで、表情も明るくて楽しかったな。競技会みたいに、決められたプログラムを入れなあかんとかいうのがないから、調子が悪ければ途中は抜かすし、ジャンプも得意にしている種類だけを飛べばいいからということもあるんだろう、あんまりミスなく飛んでたなあ。
そんななかで。太田由希奈はちょっとジャンプミスが目だった。それさえなければ、つまりジャンプさえうまく飛べれば、引き込まれるものはあるから、とてもいいんだけどなあ。足の調子というのもあるんだろうけどね。

エキシビジョンといえば、今書いたように得意のものだけ、そんなにかちっとしたプログラムはあんまり期待もしないんだけど、水津留美はまるでフリーの競技かと思うような演技でしたね。インド風の音楽もぴったりで、しかもミスもなくジャンプも決めてたし。あれはひょっとしたらジュニア用の本番のプログラムなのかなあ。だとしたら、次のジュニア選手権は期待できるなあ。

期待の武田奈也のエキシビジョンはとても楽しい(^◎^) まえから楽しいなあと思ってたけど、今日はさらに楽しさが増しているような。自信も出てきたかな。これからも応援するよ、おじさんは(^◎^)

入賞者のインタビューもあって、全体に楽しめたんやけど。ただやっぱり女子の1位、2位に偏った編集、放送で、そのあたりのバランスがみていてちょっとなあ、と思ってしまう。放送されなかった出演者の演技はどんなんやったんやろうと気になります。途中の、ショーとやフリーのVTRはいいから、今まで見たことないような、でもエキシビジョンに出てくるような選手の演技を見てみたかったよなあ。なんとかなりませんか、テレビ局さん。
[PR]

by tacobu | 2007-12-30 00:34 | スポーツ


<< 【金沢21世紀美術館】アートに...      【全日本フィギュア・女子フリー】 >>