たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

歯の治療

日曜日である。休みに入ってるので曜日の感覚がなくなってるけど。そして今日は、今年最後のゴミの日でもあるのだな。日曜日やけど。そういうわけで、今朝は早起き。
いや実は早起きした理由は別にもあって。それが表題のこと。
おとといの晩。晩ご飯の味噌汁を食べていたら、「がりっ」という硬いものをかじった感覚が。おやっ、これはひょっとして石でも混ざっていたか、と思ってその異物を吐き出したら。
奥歯の詰め物であった(^◎^;)

痛みはないものの、やっぱりこのまま放置はでけへんやろう。歯に穴が開いてるってことやねんから。
あわてて行きつけの歯医者さんに電話をしてみたが、案の定というか当然というか、この日からお休みに入ったらしく電話は留守番電話にそしてFAXに切り替わった。
しかたがなく、ネットで休日でも診療している歯医者さんを検索して探した。

ぶたこが、
「市政だよりに何か載ってなかったか?」
というので、先月の市政だよりを開いてみた。
東大阪には「休日急病診療所」というのがあって、土曜の深夜や日曜日の診療をしてくれる。その日(金曜日)は夜も遅くなったから、翌日電話してみることに。

翌日の朝(土曜日)、電話してみた。電話サービスとつながって、歯科診療は日曜日だけやという。今日一日は我慢せなあかんのか。

きのう1日は、丈夫な方の歯で食事をして(あごが疲れた。バランスは大事やな)、今朝早くから診療所へ。10時からの診療、ということやったけど、ひょっとして混んでたらイヤやなあと思ったので、できるだけ早く、9時過ぎに家を出発。10時10分前ぐらいに(それでも遅かった、と思った)着いた。

どういう具合に診察してくれるのか、と思ったら、受付のところに案内の女性が立ってはって、「初めてですか? どちらの診療ですか? 歯科ですか? そしたら問診票を書いて、保険証と一緒に出してください」
そしてなぜか「体重を書いてくださいね」 ううむ(^◎^;) 素人には分からない何かの事情があるのだろうか。
問診票を書いて、さっきの受付の女性に渡すと、問診票の穴埋めのような格好で、質問をしてきはって(薬のアレルギーはあるか、今までこの診療所を利用したことはあるか、妊娠しているか(^◎^;)、どうやってここに来たか(電車やって))、それに答えると問診票は完成。
ちょっと早めに来たのが幸いして、どうやら1番手らしかった。10時になったらさっそく診察。
はずれた詰め物も持っていったので、それをはめてもらうことになった。ただし、虫歯が進行しているので(それで詰め物が取れたのだと)、休みが明けたらいつも行ってる歯医者さんで治療してくださいとのこと。今ここでは、その虫歯の治療まではできないので。救急医療なので。はいはい。それはもう承知しております。

そゆわけで、今は仮どめの状態。しかし、しっかりとつけてもらったので、休みの間はまず外れることはないでしょうということです。いやあ助かりました。
それにしても。旅行先でベッドから落ちたり、なんか最近悪いこと続きかなあ。まあこれで今年の厄落とし、と思えばね。
[PR]

by tacobu | 2007-12-30 21:33 | 日記


<< すき焼きうどん・クリーム金時・うずら      【金沢21世紀美術館】アートに... >>