たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 17日

ひきこもりの一日

朝寝を決め込んでいたのに、8時頃に玄関のチャイムが鳴った。休みの日に、こんな時間に誰やろうと思って、眠気を抑えながら出てみたが、誰もいなかったし、ポストにも朝刊以外は入っていない。いたずらか。それか、ちょっと押して、すぐにどこかに行ってしまったか。ときどき何かのセールスが来たりするけれど、でも朝8時はないよなあ。

で、もう一度寝るのもなんかもったいないような気もして。そのまま起きてしまった。そこからダラダラとした一日の始まりなのだ。

今日も寒かった。寒いのは、家の中に居てもよくわかる。あんまり暖房してないからね。暖房器具といえばコタツ、電気ストーブ(800W)のみ。寝るときには湯たんぽ。
つまりは、家の中の温度が全体に暖まるということはないのであります。ひと部屋の一部分が暖かい状態。まあ、電気ストーブ一台でも、ずっと点けておいたら部屋全体が暖かくなるけれどね。6畳ぐらいの広さやと。

寒い上に風も強かったですね。こちらも家の中にいてもびゅーびゅーという風の音は聞こえてくるし、強風が吹いたときは、家中が「みしっ」という音を立てます。いちおう木造ですので。隣の家と余り離れずに建っているので、倒壊の危険はないとは思いますが。

そんなわけで、今日はひきこもりの一日でした。朝からテレビを見て本を読んでご飯を食べて昼寝して、という一日。

テレビはスポーツ中心。朝は阪神タイガース情報満載の「ぶったま」(関西ローカル)、午後はその阪神タイガースと日本ハムの練習試合。中田くん効果なんだろうけれど、この時期に練習試合を中継してくれるなんて、嬉しい限り。解説はしょうもなかったけど。なんとなく、上からものを言う言い方が気にくわんのです。ファンは多いみたいやけど。わたくしは遠慮したい。

NHKで、ローカルドラマをやっていました。こんなのも、ひまで引きこもりでなかったら見ないでしょうねえ。山口放送局の「GOTAISETSU」というドラマ。
子どもの頃に、父親が死に、母親に捨てられた少年が、神父となって生まれた町(山口)の教会に戻ってくる。そこに、母親が懺悔にやってくる。というお話で。
山口市のサビエル記念聖堂でのロケ。ぶたことの新婚旅行で行きましたわ。当時は木造りで中が畳敷きという珍しい作りでしたが、その数年後に全焼してしまいまして、いまはこんな風になっているのか、という感慨がありました。
しかし。ドラマの方はいまいち。主人公役の柏原崇はとてもよかったけど。脚本がどうもよくありません。わざとらしいセリフが多すぎ。また、教会付の幼稚園の、園児の話もとってつけたようで。さらにはカトリックでのミサの様子も、ちょっと違うんではないかい。音楽の使い方も一昔前の教育テレビか役所の啓蒙ビデオのような、センスのないやり方。予算がどうとかいうより、造り手のこだわりが見えてこないのにがっかりしました。

夜。面白いテレビもないのでDVDで「オール・ザ・キングズ・メン」を見ました。前に一回見てるからだいたいの筋は分かってる。ということで、英語字幕で見ましたが、セリフが早口で、そうなると字幕もいっぱい出てきてついていけず。目がしんどくなったなあ。
ストーリーは、ある町の正義感に燃えるひとりの農民が、町の不正を正そうと選挙に打って出ます。何回かの落選ののち、「勝てる選挙」を覚えて、ついに知事に当選。しかしそこから、いろんな裏取引に手を染めて、やがて堕落していくという話。
だったと思う。なにしろ、セリフが分からないなりに見てたからね。あ、アカデミー賞(作品、主演男優など)もとってるんだと。ただ、政治絡みの話があまりにも現実的なので、日本では公開されなかったんだとか。

ちょうどいい時間になって、「フルスイング」を見て、こころ洗われまして。いやあ、ええドラマやなあ。感情移入がやりすぎる手前で止まっていて。さっきの山口局ドラマと違って、とってつけたようなシーンがない。最後に、里見浩太郎演じる先生の落書きが、水戸黄門になっていたのには笑ってしまった。

10時になって、チャンネルを変えると、ちょうどフィギュアスケート女子フリーの放送。9時からの2時間10分枠やけど、思ったとおりこれからようやく最終グループの演技。
結果はネットで知ってたんやけど、実際どんな滑りをしたのか見たかった。
総合2位のロシェット。まだまだ硬さはあるけど、きれいに滑るようになったなあ。以前はジャンプもステップもがちっがちっと音が聞こえるような感じやったのに。
総合1位の浅田真央。いやあ、安定してましたね。どの要素もきっちりと決めて。ただ、勢いがあんまりなかったなあ。だから見ていて面白みには欠けるなあ。って、勝手なことを言いますが。どことなく、守りに入った演技って感じでね。それでもミスがなかったら、あれだけの高得点がとれるんですね。いつもよりスピードもなかったように見えたのになあ。
総合3位に終わった安藤美姫。3回転+3回転に失敗、4回転サルコウも2回転になり、あららどうなるの? と思ったけれど(いや、結果は知ってるんやけど)、そのあとはミスなく滑りきりましたね。こちらも浅田選手同様、ちょっと守りに入っているというか、4回転に失敗してからあとは、ひとつずつきっちりこなしていこうとしてたように見えたなあ。全体の流れよりも、ひとつひとつにこだわっているような。で、全体の集中力がちょっと続かないような。でも、以前はそれでばたばたっと崩れていってたのが、今日は途中から持ち直して最後まで滑りきったから、これはこれで良かったのではないかと思いますね。4回転に挑戦するっていう気構えができたみたいやし。世界選手権、それから2年後のバンクーバーに向けて、ということでいいのでは。

そういう一日を過ごして、運動もせずにだらだらとしていたので(しかも朝、昼、夕、夜と4食も食べた。一食ずつは少ないけれど)、どうなるかと思った体重は、
60.4kg,88cm
ウェストサイズは、さすがに・・・・
[PR]

by tacobu | 2008-02-17 01:03 | 日記


<< 【とんちんかん道具館】朝日新聞...      フィギュア・スケート 四大陸選手権 >>