たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 18日

R-1グランプリ

M-1ほどには盛り上がりがない、R-1グランプリ。なぜかは分からないけれど。まあ二番煎じという色もありますし。優勝者がその後大活躍大ブレーク、というのはあまり聞かないしなあ。M-1では、チュートリアルはもうビールや自動車整備のCMにでまくってるしなあ。R-1のなだぎ武は? それほどでもない。ううむ。

で、まあそれでもお笑いの本場大阪に住んでいる限りは、チェックだけはしておこうと思いまして。
ううむ。どうしてもM-1と比較してしまうのだけれど、盛り上がりというのもあるけれど、ちょっとレベルが・・・・・と思ってしまう。爆笑! とまでは、なかなかいかんのだなあ。何でかわからんが。一人芸というのは、難しいのだなあ。
昨年のチャンピオン、なだぎ武が出てきて、ちょっとホッとした。面白かったから(^◎^)
で、ぶたこと、「これだけレベルが低かったら、来年からなくなるかもなあ」なんて話をしていたのだが、そこに突如として、ダークホースが出てきたのだった!
芋洗坂係長
誰だっ?! このでぶったおっさんは? そして何をするのだ? 見た目だけでも面白いけれど。
いきなりの「BoAのものまね」 そこでもうはまってしまった。ああ、これはほとんどM-1のときの、サンドウィッチ・マンの衝撃!
そのあとの替え歌芸も、もう爆笑!
こういう芸人が出てくるから、やっぱり目が離せないのだなあ。

結果は、僅差でなだぎ武がグランプリ。なだぎくんは、号泣でしたね。去年とはまた違う感激があったのでしょう。
しかし惜しかったよ、芋洗坂係長。わたくし、こういう「普通に見える人がおかしなことをまじめにやって笑いをとる」という芸、大好きです。

えっと、その他。
何人かやった紙芝居コント。ちょっと飽きてきた。
お客さんとの間のとり方が難しそう。勝手に進んでもあかんし、反応を待ってるだけでもアカンし(反応を待ってて、反応がなくて、テンポを失う場面が多々あり。その点、なだぎ武は自分のテンポを崩さない強みがある)
アピールがなくてはだめだけれど、強すぎると見ていて辛くなる。

いろいろ勉強になりました(何の?)
[PR]

by tacobu | 2008-02-18 00:48 | テレビ


<< 念願の!      【とんちんかん道具館】朝日新聞... >>