たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 29日

阪神4-2横浜

祝、開幕!\(^◎^)/ パ・リーグに引き続き、セ・リーグもついに開幕です。
とはいっても、下馬評では中日が大本命で(^◎^;)、わが阪神タイガースは・・・
などという取り越し苦労はやめておこう。ともかくも1試合1試合を楽しむのだ。そんな季節がやってきたのだ。

開幕先発は安藤。予想どおり。岡田監督が試合前、「開幕投手? さあなあ。去年開幕投手になるはずやったけど故障してた投手かなあ」って、それって安藤やがな(^◎^;)
開幕オーダーには、移籍の平野(!)、新井に加えて、新外国人のフォードもスタメン入り。どんな活躍を見せてくれるのか。

横浜先発は三浦やろうと思ったら、ちょっと調子悪いみたいで。代わりに(だろうなあ)出てきたのは寺原。ホークスに居たころは「球は速いが安定感がない」ピッチャーやと思っていたのだが、横浜に来て成長したのか横浜の水が合っていたのか。今日も速球、変化球で序盤はタイガース打線をほんろうしてましたね。3回までパーフェクトやったもんなあ。

しかししかし。4回裏に先頭の赤星がフォアボールで出塁すると、続く平野が送りバント。これが野手の正面にころがって赤星がアウトに。送りバント失敗。あああ。これでまたチャンスが・・・。と覚悟を決めていたら、続く新井がフォアボール。ここの選球眼というか、打ち気にはやらなかったところがよかったかも。そしてそして、バッターボックスには金本(^◎^)。
今季タイガースの初安打は、アニキ金本のタイムリースリーベース\(^◎^)/
というか、金本の前を走る新井が、必死の走塁でホームイン。その隙に三塁を陥れるという、とても気持ちのいいプレー(^◎^)。金本が後ろから走ってきたら、そらもう必死にホームまでつっこまなしゃあないわな(^◎^;)
これで同点。ほっと一息。が、それで終わらなかったね。続く今岡が初球を叩いてセンター前\(^◎^)/
1,2,3番がチャンスを作って、4番5番がタイムリーで還すっていう、教科書に載りそうな得点であったよ。

5回には葛城の2塁打、赤星の送りバントで、ワンアウト3塁。ここで続く平野が、レフトへのファウルフライ。タイミング的にどうか? と思ったけど、葛城が果敢にホームにつっこんで来て、追加点\(^◎^)/

なんか、今年の阪神はよぉ走るようになったかも(^◎^)。機動力がついたというか、先の塁を奪おうとする貪欲さのようなものが今日は見れたなあ。

安藤は球数も多かった。5回で降板。あとを受けた渡辺、久保田、ジェフ、藤川が、一人1イニングずつ抑えて試合終了。テレビ中継が途中で終わってしもたのが残念。巨人の試合が延長してたら、藤川のピッチングも見られたのになあ。その藤川が、救援の4人のなかでは一番出来が悪かったみたい。下位打線やったのに、2,3塁にまでなって。ちょっとハラハラさせられたよ。それでも抑えるところがやっぱり藤川やけど。

お立ち台は金本、今岡。ベテランふたりが今季最初のお立ち台なんて、誰が想像したでしょう。よかったよかった。金本の感謝の言葉はじーんときたよ。

テレビ中継では、今日の始球式をしたやしきたかじんさんがゲストで居たけれど、いつもの毒舌は控えて、とても真摯に野球を楽しんでいて、とても気持ちよかった。解説者の田尾さん、片岡さんをたててたし。こんな解説をしてほしい、とさえ思ってしまったな。誰と比べてんねん。

さて。
さっそく「たこぶノート」の作成に入りまして、ここにアップ、と思ったんやけど、スキャナ(キャノンの複合機)が調子悪い。プリンタのインクがエラーでとる。で、プリンタのエラーが出るとスキャンもでけへんのだと。なんじゃそら。
というわけで、ノートは書くには書いたんやけど、上げること能わず。明日、好感のインクを買ってこよう。しばしお待ちを。
[PR]

by tacobu | 2008-03-29 00:34 | スポーツ


<< まずは昨日の試合から      なぜかメジャーリーグ >>