たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 05日

中日4-10阪神

4月は、勝つときは僅差での勝利、負けるときはぽろんちょにやられる(^◎^;)というパターンだったのだけれど、この中日との三連戦は、行ったいどおしたっていうの!(^◎^;)
きのうはぎりぎりで救援陣が踏ん張れず、まさかの痛い逆転負け。今日に引きずらにゃあええがなあ、と思ってましたが、今日に持ってきたのは、巻き返しのやる気でしたね。そして餌食になったのは阪神キラー中田(^◎^;)。
ナゴヤドームでの対阪神戦、負けなしの7連勝中(^◎^;)。いやはや。

初回にいきなり赤星がツーベースで出塁。しかし、続く平野はバント失敗。あわやファウルフライ、というところをウッズが取れずに命拾い。で、ヒッティングに切り換えたら、なんとこれが内野安打(^◎^;)。だから野球は面白い。ひとつの失敗が次の成功につながった。
中田はだいぶ慌てたみたい。で、球がうわずったところを新井がタイムリー。金本がフォアボールで歩いて満塁。
でも、うたぐり深い阪神ファンはまだ安心できません(^◎^;)。ノーアウト満塁で、でもここで追加点がとられへんかったら、もうすっかり中日ペースになるなあ・・・・と、思いを巡らしているところで、葛城の一打はワンバウンドでサード中村の頭の上を越える\(^◎^)/ なんちゅうラッキー。
さらに続く鳥谷がツーベース、矢野に至ってはやくもレフトスタンドからはチャンスマーチが(^◎^;)。でもこういう時、矢野ってなあ・・・・・と思っていたら、矢野の一打はレフトへ、レフトへ、レフトへ! フェンス直撃のタイムリースリーベース!\(^◎^)/
なんかもう、よおわかりません(^◎^;)。まだノーアウトやしなあ。で、つづく関本の犠牲フライでようやくワンアウト。ふうふう。

まあ、1回の表でほとんど決まってしまったような試合でしたが。でも勝つのは気持ちがいい(^◎^)

杉山の調子はいまひとつやったらしい。ラジオ解説の湯舟さんが、ずっと「これ、大量リードやからいいですけどねえ・・・・・」と言い続けてました。これ!という球がない。低めの速球、だけでは勝負はできない。逆球も多い。矢野は苦労してるでしょう、と言うてました。それを裏付けるように、途中降板するときに、矢野は杉山にフォームのことをいろいろアドバイスしていましたね、自分が投げる真似までして。それくらい、悪かったんやろなあ。
で、リリーフした能見は、一転して素晴らしい投球。フォームを変えたことで、どのバッターも対処できないみたい。画面をみてると、とんでもないボール球でも空振りしてくれる。なんか、今度は杉山に変わって先発に回るんちゃうかという勢いでした。

さて、野手先発陣で、唯一ヒットがなかったのが・・・・・。まあ、あんまり心配はしないでおきましょう(^◎^;)
これでまたまた、このカードも勝ち越しですがな。どこまで続く、この勢い(^◎^)

b0023293_20525327.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-05 20:53 | スポーツ


<< なにをやっているんだろう      OS入れ替え >>