たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 07日

巨人4-5阪神

なんか、いろいろありましたなあ、今日の試合は。
矢野の今季初ホームランはまだまだ大騒ぎの序の口で。
金本へのデッドボール。その後の打席でのホームラン\(^◎^)/
さらに7回裏の、ラミレスの「疑惑の二塁打」まで。
いやはや(^◎^;)
こんなんで、よぉ勝ってくれたことですな。

巨人の拙攻に助けられたか。2回裏のノーアウト満塁を無失点でしのいだのが大きかったね。あれで、今日はなんぼ打っても、点が入れへんのちゃうかと思わせたかも。

そして、最後に試合を決めたのが葛城っていうところが(しかも左ピッチャーから打ったっていうのが大きいよなあ)、今年の阪神の強さを物語ってるね。

対する巨人は、やっぱりどうもおかしい。今日ラジオを聞いてて初めて知ったんですが、三割バッターが居ないんですね、今。派手に勝ってるように見えて、詰めが甘いというか。高橋も、イ・スンヨプもおらんしなあ。

これで、早々と今季10カード目の勝ち越しを決めましたがな。12カードのうち、10カードが勝ち越しって、どんなんやねん(^◎^;)
今日はぎりぎり7回で追いつかれて、ちょっといやなムードやったのに、それでも負けへんのがすごいなあ。どうなるんでしょうね、今年の阪神。
赤星の調子がよくないのが、ちょっと気になるけど、そうするとほかの人(平野とか)が代わりにチームを引っ張る。なんか、とてもバランスがよいであるよ。もう、このまま突っ走っていってくれぇ!

b0023293_2393030.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-07 23:09 | スポーツ


<< いしいしんじは、くせになりそうなのだ      楽譜を眺めてああでもないこうで... >>