たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 17日

阪神8-5ヤクルト

なんか、大勝のはずやのに、気分がしっくりときません。
それというのも、完投を目指した安藤が、8回、9回で5失点。9回はあとアウト二つ、というところでスリーランを浴びて。もう150球をこえてたからね。仕方ないのかも。最後は江草が出てきて、ふたつのアウトをとってゲームセット。

序盤は完全な阪神ペース。赤星の出塁、関本の送りバント、新井のタイムリーで先制。新井が打点をあげた試合は17連勝中なのだと。今日で18連勝ということになったのか。まさにラッキーボーイというか、ジンクスを作った男になったね。

関本が2番セカンド、5番にライト桜井、8番にはサードバルディリスという、意表をついた先発メンバーでのぞんだ試合。桜井だけがちょっとブレーキやったけど、ほかはぴたりとはまりましたね。桜井も、最後の打席でようやくヒットが出て、これが今季初安打。やっぱり、うれしいでしょうねえ。

ところで、今日の試合は選手の途中交代がなかったのだね。阪神には。最後の最後でピッチャーが交代したけれど。あのまま安藤が完投してたら、9人だけで戦ったってことになってたんやな。で、三テレビの中継で言うてたけど、それってすごいと思ったら、今季はもう2回もやってるんだそうです。下柳と岩田が完投勝利した試合。選手交代がまったくなかったんだと。前に安藤が完投したけれど負けたっていう試合があったんだけど、そのときも交代はなかったんやと。
先発した選手が、それぞれ力を発揮した結果やんなあ。そんなところにも、今季の阪神の強さが見えるのである。

ああ、それにしても、返す返すも残念であった。完投させて、あげたかったなあ。それはナイン全員の思いやったんやろうなあ。8回表のヤクルトの攻撃で、ワンアウト2,3塁という場面。8点のリードがあったから、普通なら内野は定位置での守りとなるところなのに、前進守備。一点もやらない体制でしたね。何とか安藤に「完封」させてあげたいというナインの思いを感じましたなあ。うん。やっぱり、ええチームですよ。

b0023293_1343241.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-17 01:34 | スポーツ


<< 昨日の日記      今日の晩ご飯 >>