たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 21日

オリックス3-7阪神

昨日の負け方がとても悔しかったので、というか、なんとなく後悔が残る負け方だったので、今日はどうかなあ、ひょっとしたら、このままずるずるといってしまうんではないかという不安を抱えながら見ていたのだ。
「後悔が残る」というのは、オリックスには申し訳ないけれど、ちょっと甘く見ていたな、ということだ。3点差であと3回。磐石のリリーフ陣、ということを考えると、もう負けはないやろう、とさえ思っていた。でもたった3点差、だったんですよね。それを忘れていたなあ。野球は何が起こるかわからない。そういうスポーツやということを忘れていたね。

今日も1回に先制したけれど、すぐに同点に追いつかれる。苦しいなあ。
そして6回。ついにボーグルソンがつかまって、あれよあれよで2点差に。フォアボールフォアボールでタイムリーやもんなあ。
ボーグルソンにとっては「魔の6回」ですよね。どうしても越えられない壁なのかなあ。あるいはいわゆる「100球肩」なのかも。だとしたら、もっと投球数を少なくする工夫をしないとねえ。無駄な球が多いよなあ。よくファールされるし。今日も5回でほぼ100球。ちょっと投げすぎ。

勝ち越されたそのすぐあと。7回の表。相手のまずい守備もあって、ノーアウト満塁の絶好のチャンス。ここでバルディリスに代えて代打葛城。すかさずオリックスは投手を左の菊地原にスイッチ。すると阪神は代打の代打に今岡を投入。しかし、今岡はサードゴロでワンアウト。続く赤星もゴロでアウト。まあ、ダブルプレーにならなくてよかったのかなあ、ぐらいに思ってたが。それが大きく響いたのが次の平野の打席。ノーアウト満塁がツーアウトとなって、菊地原はほっとしたのかなあ。一番警戒していた赤星を打ちとって。そのスキを逃さず、平野が逆転の走者一掃スリーベースヒット\(^◎^)/
さらにさらに、続く新井が通算199号のツーランホームラン\(^◎^)/

ちょっとしたスキがあったと思うなあ。昨日は阪神に。今日はオリックスに。

それにしても。今日は微妙なジャッジもありましたなあ。1回裏やったかな。日高の当たりはレフトのポール際へ。フェンスに当たった打球は、判定はファール。しかし、ビデオを見るとラインの上(^◎^;)。ヒットですがな。ランナー1塁でエンドランもかかってたから、あれで1点、のはずやったのにね。
そのあとにも、バッターバルディリスのとき。ピッチャーの投げたボールはバットのグリップエンドに当たって大きく跳ねた。これがデッドボールの判定(^◎^;)。福本さんが「ほんまに手に当たってたら、バットを持ってられへんけどねえ」という、見え見えのファウルやったのにねえ。
で、これらの判定があっても、オリックスベンチは抗議に出てくる様子もない。なんで?
おかしいなあ・・・・と思ったら、今日の試合後に記者会見。コリンズ監督が辞任やて。シーズン途中で。二人の外国人コーチも帰っちゃうらしい。あらら。
「情熱がなくなった」
と言われてもねえ(^◎^;)。選手がかわいそうかな。がんばってほしいけど。
これで、チームの雰囲気が変わって、よくなるといいですね、オリックス。カブレラもラロッカもおれへんけど。清原に期待は、しないほうがいいでしょう。

b0023293_23411079.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-21 23:40 | スポーツ


<< 一日はあっという間にすぎていく      早出、図書館、プログラミング >>