たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 24日

ソフトバンク2-5阪神

野球っていうのは面白いなあ。いまさら言うのもなんやけど。ほんで、9回ツーアウトになっても、あきらめてはいけませんね。

阪神岩田、ホークス杉内、両左投手の投げ合い。点差はわずかに1点。いやあ、ホークス松田にホームランを打たれたときは、こらもうあかんか、連敗か、と覚悟しましたよ。それぐらい杉内のできがよかったもんなあ。さすが阪神キラー。本人は思ってないかも知れへんけど。

おっとそれより、今日の阪神のオーダーですがな。もう、誰もがびっくりしたでしょう。金本、鳥谷を除いて右打者をずらり。赤星も平野も居ない。何? 1番がバルディリスぅ?(^◎^;) 岡田監督、ほんまに思い切ったことをしますなあ。こういう思い切ったことができるのは、チームの調子がいいからですわな。(あるいは、めちゃくちゃ悪いときにもこういうことをしはる(^◎^;)けど)
で、そういうオーダーになって、5番が今岡じゃなくて桜井ってところが、なんともいえんけどね(^◎^;)

3回の得点は、このオーダーが機能したね。バルディーがヒットで出て関本が送り、新井、金本で返すという。逆に、5番で一打が出れば、というのは相変わらずやなあ。まあ、どんなに調子のいいチームでも、ネックになることはあるもんですが。

さて話は飛んで、8回裏。1点リードされている場面でジェフ投入。これもびっくりやね。なんとしても9回に逆転するっていう意気込みか。
その意気込みが通じたか、鳥谷、フォードが連打でノーアウト2,3塁\(^◎^)/
外野フライでも同点、内野ゴロでもひょっとしたらという絶好の場面。
しかし、代打葛城、野口と連続三振(-◎-;)。ああ、また、ええところまできてジ・エンドなのか。盛り上げるだけ盛り上げといてオシマイなのか。次の打者は、途中から代走に出てる藤本やしなあ(-◎-;)
しかし、ここで藤本はしぶとく粘ってフォアボール。これでツーアウト満塁。
打席には、こちらも途中出場の赤星。ツースリーまで粘ります。ううむ、押し出しでも同点であるよ!
しかし、赤星の頭には「押し出し」の文字はなかったのでしょう。ホールトンの球をはじき返して2点タイムリー、これで見事逆転\(^◎^)/
続く新井も、初球をたたいて連続タイムリー\(^◎^)/ 逆に3点のリードとなったよ。
こうなると最後は球児。三者三振で閉めてくれました。

いやあ、ほんまにお見事でした。それにしても、ソフトバンクは馬原が居ないのだね。居たら9回表は絶対出てきてたよなあ。完璧に閉められるクローザーがおれへんということは、こういうことになるのか。途中まで、というか最後まで、ほんまに阪神の負けゲームのようやったから、この差は大きかったね。

さて、休憩なしで明日からはパ・リーグ首位の西武と甲子園ですな。ちょっと天気が心配ですが。セ・パ、首位決戦ですな(^◎^)

b0023293_20115412.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-24 20:12 | スポーツ


<< 超豪華一点もの その2      ソフトバンク7-2阪神 >>