たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 27日

阪神2-1西武

いやはや。長い試合は勘弁願いたいなあ。だってもう、日付が変わっちゃったよ。どないしてくれる。
9回裏、代打高橋のヒットには感動したなあ。わが家には、高橋光信のサインボールがあるんだぜ。応募したら当たったんだ。野球選手のサインボールんなんて、これっきり。もう、何とか活躍してほしいって思ってたけど、長いことファームにいててんなあ。今岡と桜井の不調で期せずして一軍入り。そして即結果を出しましたね。打った後、秀太と交代してベンチに戻ってきたときの喜びようといったら!
もう、だれかれかまわずハイタッチ。それも「パチンッ」ていう音が聞こえてきそうな勢いやったね。

で、その回では勝負は決まらず延長になってんけど。なんとなく阪神ベンチが楽しそうだったのだね。対する西武ベンチは、監督以下眉間にしわを寄せてるみたいで。あの陽気なデーブ大久保コーチまでもがまじめにグラウンドを見てましたな。いや、そっちのほうが当たり前なのかも知れへんけどね。

サヨナラヒットを打った金本も、もう打った瞬間から笑ってたみたいやったし。なんか、楽しそうにゲームしてるなあって思ったね。

なんかね、昔西武の前身、西鉄がそうやったっていう話を聞いたことがあるよ。強いときの西鉄ね。5回くらいまで、先発ピッチャーがひいひいと何とか2,3点で抑えている。それでもこっちは無得点。6回か7回ぐらいになって、奥の方から、「ほなら、そろそろいこか」ちう声が聞こえてきて、そこから一気に4,5点入れて試合をひっくり返し、9回の守りに入るころには、「中洲のあの店、予約してるからなあ」と言い合ってたという・・・・・・まさか、ほとんど冗談でしょうが。
そこまでいかなくても、なんか試合を楽しんでいるような、でもだらけてはいなくて真剣で、真剣に楽しんでいる、それが伝わってくるようで、ほんとに楽しい時間なのでした。

それにしても興奮しましたぜ。なんかねえ、1-1の同点で延長戦、やねんけど、阪神って強いなあって思ったな。うまく言われへんけど、たまたま勝ちました、じゃなくて、ちょっと本気を出すのが遅かったかなあ、はっはっはっていう感じ。わかりますか? そんな試合が、パ・リーグ首位の西武相手にできるんやから。まあ、ホーム球場という利点はあるにしてもね。

いや、ほんまに楽しい時間でした。長かったけど。

b0023293_032751.jpg

[PR]

by tacobu | 2008-05-27 00:32 | スポーツ


<< 失敗続きの巻      暑い一日 >>