たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:政治( 15 )


2007年 07月 30日

世の中は

世の中はそう簡単には変わらないけれど、まったく変わらないままということはないのだなあ。理屈では分かっていても、実感として感じることはほとんどないのだけれど。ゆっくりとゆっくりと動いている。きっと動いているんだろう。
今回の選挙。ひょっとしたら歴史に残ることやったのかもしれへねえ。そういう時代に生きているのかも。だとしたら、もちょっとしっかりせんといかんのかなあ。しっかりと世の中を見ておかないと。

きのう、投票に行ってきたんやけど、もっと賑わっている(おかしな表現やなあ)かと思ったけど(投票に行ったのは午後3時過ぎ)、投票所には人がまばらで、あれれ? 投票率が上がるとかいう話を新聞で読んだのは、いったい何だったんだろう、やっぱりみんな関心が低いのかなあ、新聞の予想どおりにはいかんのだなあ、と思っていたのだ。広い投票場(小学校の講堂だ)に、その時は4人ぐらいやったかな(含たこぶ)。ほんまに「がらん」としてた。
この分やと、投票率もそんなに高くないのか。実際高くなかった。でも投票結果は与党の大敗。結果は投票率に関係してくるやろうという予想(わしがしてただけ?)は大きく外れた。

なにかが動いているのかなあ。今はまだ、よく分からないけれど。

今朝のテレビはどのチャンネルを回しても、だいたいが選挙の話である。まああたりまえやけど。ちょっとめんどくさい。というか、どこでも同じような話をしている。これからの国会運営はどうなるか。ううむ。
こういうのはちゃんと見とかないといけないんやろうけど、なんとなくめんどくさいのである。ほんまは、こういうところでそれぞれの政党の分析力とか政策力とかが(選挙の勝敗に関係なく)出てくるんやろうから、しっかりとみといた方がいい、というのは分かるんやけど。

なんや、結局は「関心がある」といいつつ、めんどくさくてそういう番組は敬遠してしまっているのか。これでは生きている間に、世の中が変わる、という場面には遭遇しそうにないわな。情けない自分。
[PR]

by tacobu | 2007-07-30 23:58 | 政治
2006年 07月 03日

おどろきの連続

おかげさまで、キーボードをあんまり叩かないように気をつけたら、指の痛みはましになりした。だれのおかげさまなんだか。

で、表題なんですが、ニュースとかで話題になってますが、きのう滋賀県知事選挙がありまして、まさかまさかの現職敗北、社民党が推薦した女性候補が当選しまして。いやあびっくりしたなあ。

と思ったら、わが地元東大阪でも、現職市長が僅差で敗北。共産党員市長の返り咲きですわ。正直言って、100%ないやろうと思ってたから(^◎^;)めっちゃびっくりしたであるよ。

滋賀県で現職が負けたのはまだ分かる。新幹線の新駅問題とかで、争点がはっきりしてたしね。自然を守っていこうという動きが、開発開発で進んで来た政治を動かしたってことやんナア。

しかし、東大阪は。なんというか。たいした争点もなかったやんか。ぶたこによると現職市長は街頭演説で
「共産党市長だけはいけません! そんなことになったら東大阪はつぶれますっ!」
とか言うてたらしい。なんというか、そういう演説をするっていうこと自体、いかにも争点がないっていうのをはっきりさせてるっていう感じやなあ。こういう演説をしてたから、いまひとつ得票が伸びひんかったんか。

自民党候補同士の争いがありましてね。西野陽と塩川正十郎の「代理戦争や」とか。そういうのに、市民はうんざりしてたんやろなあ。余談やけど、土曜日の朝の番組に塩川さんが出てはりましてね。小泉政権のこの5年というようなテーマで。塩川さんの採点は70点。塩川さんいわく、
「外交の基本は防衛ですよ。それなくして他のことはありえない。その点では、アメリカとの同盟を強めて日本の防衛を強化した役割は大きい」という評価。
その時にね、元外務省幹部っていう人が経済問題を取り上げてね。マイナス50点をつけたのですな。アメリカの言いなりになって、日本の財産をアメリカに奪われやすくしてしまった、としてね。

塩川さん、激怒しはってね。そういうときって本音が出ると思うねんけど(^◎^;)
「そんな経済みたいなことはどうでもええねん! 国を守るっていうことがなかったらどうなりますか!」みたいなことをね、言うてはりましてね。
まあこれは小泉政権の主張そのままやから、当然といえば当然なんやけど。市場経済は市場に任せておいて、政治は口を出さない。というか、活性化させるためにどんどん規制をなくしていって。「小さい政府」というのはそういうことなんやろなあ。でも、経済のことはどうでもエエの? ちょっと言いすぎやと思うのですが。

で、何が言いたかったかというと(^◎^;)。塩川さんというのは東大阪の「名士」なわけですよ。その人が応援した候補が勝たれへんかった。それも共産党の候補に負けてしもた。これは腹立ってるやろなあ。と、想像して楽しんでるだけなんですけどね。なんという楽しみかたなんやろう(^◎^;)。楽しむっていうのもなあ。と、自虐的になっているのである。
[PR]

by tacobu | 2006-07-03 20:49 | 政治
2005年 12月 08日

国会中継をビデオで観る

前回の参考人招致の時、かじりつきで見ていてなかなか面白かったので、昨日の国会中継もビデオで録画して、夜見ていた。さすがに休まれへんからね。

本当に追究したい、真相を聞いてみたい二人が出席しなかったこともあって、ちょっと肩すかし気味やったね。だんだん飽きてきたであるよ。そんな見方はアカンのやろけど。

ひとつには、ビデオで録画したものっていうことの気楽さもあったんやろな。ビデオを見るまでにニュースとかでちょちょっと映像は見てしまったわけやし。主要な話も大体聞いてしまったわけやから、「これから何が起こるんやろか」というドキドキ感もないしな。いや、そんな見方はホンマに良くないとは思うねんけど。

前回の中継でもちょっと思ったけど、質問する議員の資質って大事やと思うなあ。大体が参考人の態度とか受け答えに、怒りをあらわにしてはったけど。どうもポーズに見えて仕方なかったな。なんというか、演説に慣れてはるひとが言うとね。演説に聞こえるんやね。エエ声のひとが多いし。

そのうえ「わが党では今回の事件に際し、委員会を立ち上げ・・・」とかいう自分たちの取り組みを紹介するのも忘れてないしな。そんな話は聞きたくないねんけど。別にどうでもエエねんけど。まあ、一番話を聞きたい人が欠席したわけやから、言うことがほかに無くなったんかも知れへんけどなあ。

前回に比べて国会議員さんの演説が長かったであるよ。いろいろ用意してきはってんやろなあ。民主党は得意のパネルまで用意して。こんなこんなことを追究したかったのであるよ! というアピールにはなったけど。裏付けが今回の参考人招致では実現でけへんかったね。残念でした。


中継のあと、ぶたこがついでに録画しておいてくれた「ちちんぷいぷい」での解説がとてもよかった。あいかわらず分かりやすい。庶民の視点から外れてないのがいいね。

その中で、毎日新聞の解説員の人(名前忘れた。与島さんやったかな)が言うてたけど、みんな証人喚問、証人喚問と言うてるけど、証人喚問やったら欠席はしにくいけど、逆に自分に都合の悪いことは、証拠として使われたくないということで証言を拒否することもできる。証人喚問の前に起訴されると、そういうことが起きる可能性があるんですね。一種の黙秘権かな。昔々、鬼頭弁護士がそんなことを言って、国会での証言を堂々と拒否してたな。誰やねん、それ。誰も知らんて。そんな昔の話(^◎^;)。

もっと面白かったのは(言い方が不遜ですみません)、国土交通省の対応で。政府・自民党は今回の件でどうも業者側に寄っているような印象を与えてしまっている。国土交通省が早急に対応策を発表したのは、そういう印象を払拭しようとしたからではないかという話。それは考えられるね。

どうも今回の件では、ウラに大きな利権構造があるような気がしてならへんねんけどなあ。イーホームズの検査官って、ほとんどが国土交通省の天下りらしいし。だいたい民間が検査できるようになったのはなぜ? 国がすべての検査を行うのが、量的に難しいから。でも、やってることがずさんやったら何にもならへんやんなあ。ただの天下り先を作っただけであるよ。

と、ここまで考えると、そこに利権というか保身というか、そういうものが構造としてあるんではないかということに考え至るんやな。さて、そこまで解明されるかどうか。
[PR]

by tacobu | 2005-12-08 23:44 | 政治
2005年 11月 10日

市長選のとほほ

大阪市長選に出馬予定のふたりが、テレビに生出演。朝日放送の「ムーヴ」にふたりで出てきはりまして。机を並べて、コメンテーターふたり(福岡さん、勝谷さん)と司会の堀江さんからいろいろ突っ込まれてましたね。ぶたこが録画しておいてくれまして。見てたんですが。

なんというか。ふたりともトホホなんですな。こんなんでエエんかしらんて思ってしまったよ。
関前市長は、まあ自信たっぷりやねんけど、肝心なマニフェストの内容については、「しっかりやります」。なんで辞職したかについては「むにょむにょ」。
いや、それなりの理由は言うてはりましたけどね。市民に是非を問うとか。
でも政党からの指示を受けて、それで当選しても議会と対決できるのかどうか、という点については、
「そらあ、出来ますガナ」と、自信たっぷりで。その自信はどこからくるの。

で、対する共産党推薦の姫野さん。まあ主張は分かるねんけど、コメンテーターの質問に全然答えてへんねんな、これが。一方的に自分の政策を主張するばっかりでね。
「公務員を減らしますか?」
「その問題は、今までの市長のやり方があかんかったからで・・・」
噛み合えへん(^◎^;)。ずっと見てたらイライラしてきたであるよ。
なんぼエエ政策を持ってたとしても(持ってそうにないねんけど)、人の話を聞く姿勢がないように見えてね。そんなんではアカンわな。

こんな人が市長になったら、議会でも議論にならんのではないかと思ってしまうな。わしが住んでる東大阪市でも共産党の市長が居てたけど、議会と対立していっこも政治が動けへんかったからな。そうなりそうな予感がする。
といって関さんが市長になったら。いろんな問題がうやむやになりそうヤナ。だいたい何で辞職したのか、いまだに分からへんねんけど。ずっと話を聞いてても「市民に信を問う」ちゅうことで。でもなあ。それやったら反対してる議会を解散する方が筋やろうと思うねんけどなあ。どっかから圧力があったのか、という問いには「そんなんはありまへん」という答えやったけど。なんか釈然とせえへん。
この人が市長に再選されたら、またいろんなことが釈然とせえへんままに、進んでいってしまうんとちゃうかという心配の方が先にたつな。

とはいえ、誰かを選ばなあかんわけで。民主党からも立候補しはったけど。なんかいまひとつ、盛り上がりにも、切迫感にも欠けるような気がしてなあ。ずるずると今の政策どおりにことが進みそうな気がするねんけどな。それが辞職の狙い目やったらばっちり当たってるねんけど。

しかし、選挙にはお金がかかるんですけどね。だいたい7億円やて。ひえ。これがまた、税金なんやな。そう思うと、簡単に「選挙や!」ってせんといてほしいねんけど。
[PR]

by tacobu | 2005-11-10 22:59 | 政治
2005年 08月 31日

年金

TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」。普段は絶対に見ぃひんねんけど、今朝は各党の代表が討論会。最近多いんですな。なんかコネがあるんやろな。この番組、しょっちゅう政治家を呼んで来るし。

とはいっても司会はみのさんなので、あんまり見る気はしないねんけどね。というわけで最後の方だけちらっと見たら、「議員年金は廃止しますか」と各党に聞いてた。
野党各党は「廃止」、公明党もどうやら「原則廃止」みたいなことを言うてたな。公明党って、どうも曖昧な表現が多いからよぉ分からんねんけど。で、自民党は(与謝野さんが出ていた)「優遇措置は改革」やったな。国民新党も同じようなニュアンス。

与謝野さんは「やはり相応の年金制度は残さなければ」みたいなことを言うテタが。
ほんなら今の国民年金制度は、どやねん。最低限の生活を保証してるんちゃうんかいな。で、国民全部が入らなアカンねんやったら、当然議員さん方も入ることになって、で、ちゃんと生活できるだけの年金は貰えるねんから、それでエエんちゃうんかいな。
それが「不十分やでぇ」と思うなら、法律を変えなはれ。
[PR]

by tacobu | 2005-08-31 19:16 | 政治
2005年 08月 31日

相変わらず、小泉節

昨日は野球も中止になったので、NHKのニュース(7時のニュース)を観ていた。選挙特番で、各党首にインタビューというコーナーがありまして。それぞれの党の代表が中継で出演して、まずひととおり演説をぶって、それから記者が質問するというもの。

初めに出てきた小泉さん。いやあ、相変わらず郵政民営化一本やり。しかも喋るしゃべる。あれ、予定時間はどれくらいやったんかな。結構長い時間(明らかにそのあとに出てきた党の代表より倍以上は長かった)ずっと演説ですわ。しかも内容は郵政民営化のことだけ。

で、質問の段になっても、なんとか話の中心を郵政民営化に持っていってしまうねんな。なんか、ほかの話題は知らんのん?って感じに見えたな。

でも、こういうのが結構ウケたりするんですよね。一つのことを言い続けたら。それこそ「ウソも100編繰り返すとホントになる」っていうけどね。言ってることがホンマらしく聞こえてくるのかも。ともかく「刷り込み」には成功してるかもな。

しかしね。
同じことを繰り返し言い続けて、それを信じ込ませようとするのは、どっか「九官鳥に言葉を覚え込ます」手法に似てるような気がするなあ。国民は九官鳥並みということか。


ところで。
TBSの「みのもんたの朝ズバッ!」。普段は絶対に見ぃひんねんけど、今朝は各党の代表が討論会。最近多いんですな。なんかコネがあるんやろな。この番組、しょっちゅう政治家を呼んで来るし。

とはいっても司会はみのさんなので、あんまり見る気はしないねんけどね。というわけで最後の方だけちらっと見たら、「議員年金は廃止しますか」と各党に聞いてた。
野党各党は「廃止」、公明党もどうやら「原則廃止」みたいなことを言うてたな。公明党って、どうも曖昧な表現が多いからよぉ分からんねんけど。で、自民党は(与謝野さんが出ていた)「優遇措置は改革」やったな。国民新党も同じようなニュアンス。

与謝野さんは「やはり相応の年金制度は残さなければ」みたいなことを言うテタが。
ほんなら今の国民年金制度は、どやねん。最低限の生活を保証してるんちゃうんかいな。で、国民全部が入らなアカンねんやったら、当然議員さん方も入ることになって、で、ちゃんと生活できるだけの年金は貰えるねんから、それでエエんちゃうんかいな。
それが「不十分やでぇ」と思うなら、法律を変えなはれ。
[PR]

by tacobu | 2005-08-31 16:02 | 政治
2005年 08月 30日

さらに岡田流

最近の政治、政治家、政治評論家を見てると、どうも自分の性に合わないというか、だんだん自分の考えと離れていくような気がしてならない。

一番いい例が民主党の岡田代表。
わしはああいう「どこまでも原則重視」の姿勢が政治家には大事やと思うねんけど、どうもそう思わん人が多いらしい。それも政治家、政治評論家といわれる人に。

日曜日朝のスーパーモーニングでも、田原さんが小沢一郎さんに向かって
「岡田さんじゃダメなんだよ!」
って断言してたけど、どういうことからそう言うのかなぁ。まあ、小沢さんへのリップサービスっていうこともあったと思うけど、田原さんはしょっちゅう岡田さんのことをけなしてるよなあ。なんでやろ。わしらの知らんいろんな事情っていうのがあるのかなあ。でも、そういうのって表に出てけえへんよなあ。

歴代の民主党の代表のなかでも、岡田さんは出色やと思うねんけど。最近テレビで見た菅直人さんは、どうもヘラヘラで、信用でけへんキャラになってたしナア。鳩山さんは政治能力に長けてるのかも知れへんケド、どうも話の仕方が難しくって。ストレートで勝負せえへんタイプやったな。ちょっと見ててイライラするところもあって。どうも好きになられへんかった。

岡田さんはそういう手腕には欠けてるのか。
だとしてもやガナ。
そろそろそういう「不器用な」政治家が、トップになってもエエ時代とちゃうんかなあ。と、わしは思うのである。
[PR]

by tacobu | 2005-08-30 19:18 | 政治
2005年 08月 30日

岡田流

阪神のことじゃなくって、民主党の岡田代表のこと。
昨日、党首討論会をやってましたな。ぶたこがビデオに録画しておいてくれて、夜、ゆっくりと見ました。

これ、2時間、続けて見るべきやね。ニュースとかワイドショーとかでかいつまんだ映像だけを見たんでは、全然わからへんことが見えてくる。さらに、今朝の新聞も読んでみたけど、活字になるとなおさら分からへん。
何がって、小泉総裁のちゃらんぽらんさ。論戦の焦点は郵政民営化一本。他の政策についてはのらりくらりとかわすだけ。質問に対する答え方も、自分の自信のあるところ(つまりは郵政)は雄弁に語り出すけれど(それで時間はオーバーしていくのである)、その他の話題ではのら~くら~と、いたずらに時間を浪費しているようにしか見えない。
最初の発言に2分、党首同士の討論はひとり6分で、これには質問に対する答えの時間も含まれているので、のら~くら~と答えている間に、時間はどんどん過ぎてしまうのである。

戦略に長けてる、ちゃあそうなんやけど、真剣に見てるわしらはどうなるねん。スパッと答えんかい。と思うことしきり。
記者からの質問に対してもそう。いままでさんざん聞かされてきた(国会答弁とかで)文句がそのまま。うーん。そら「意見のぶれが無い」ともいえるけど、選挙ではどうなの?

だいたい選挙をやるっていうからには、今までの実績とかが争点になってもおかしくないはずやのに、「争点は郵政民営化一本」の姿勢は崩さず。岡田代表がかつての「人生いろいろ発言」をとりあげても「いまさら昔のことを持ち出すなんて・・・」ってなあ。

その小泉さんののらりくらりに比べると、岡田さんはスパッとしていて小気味よかったなあ。記者からの答えにくい質問にも(ちょっとごにょごにょはあったけど)ごまかそうとは思ってないみたいやったし。
どんな質問にも受けて立つ、という態度が見えたなあ。それだけ準備をしてきたってことやろけど。どうも与党側は(特に神崎さんなんか)特別な準備をしてこなかったんとちゃうやろか、っていう気がしてならへんかった。

ずっと見てると、どうも岡田さん以外は(志位さん、福島さん、綿貫さんは発言が少なかったけどね)アホに見えてきてしゃあなかった。志位さんは頭がよさそうやけど、口をついて出るのが常套句ばっかりのような気がしたしナア。

アホというのは、自分の得意なことは雄弁やけど、分かりにくいこと、不得意なことについてはかわしていってごまかしていくという態度が、そう見えてんけど。つまり不得意なことは勉強するつもりがないような。あるいは不得意なことについて聞いてこられても無視するか、論点をはぐらかして自分の得意なことしか喋らないような。あ、それは逆に賢いやり方なのか。


で、これでわしの中での岡田評は上がったわけやけど、岡田さんって評判があんまりよくないねんね。
「堅すぎる」とか「融通がきかない」とか。ひどいのになると「政治家にむかない」みたいなのもあるみたいやけど。
この討論会のあとでも、「小泉さんはうまく立ち回ったけど、岡田さんは突っ込めなかった」とか「小泉さんは雄弁やったけど、岡田さんは相変わらず地味やった」とかいう評が多かってんなあ。

なんで?
わし、よぉ分からんわ。

ずっと見てたら、真面目に討論してるのは岡田さんの方としかみえへんかってんけどなあ。わしの見方が間違ってるのか。
「堅すぎる」とか「融通がきかない」とかいうのは政治家には向かないのか。わしはそうは思えへんねんけど。
結局最後に信用できるのは、融通がきかへんくらい原則を守る人やと思うねんけどなあ。だって、そういう人は裏切る術を知らんやん。

なんか長なってきた(^◎^;)。ちょっと休憩。
[PR]

by tacobu | 2005-08-30 14:12 | 政治
2005年 08月 16日

新党結成へ

どうなんねやろうと見てる間に、どんどん世の中は動いていきまして。どうやら自民党から新しい政党ができそうな雰囲気。ま、ようやく、という気もするけど。

だいたい党の方針に従わなかったんやから、その時点で処罰されてあたりまえ、と思ってんけどなあ。そう簡単にはいかへんのが自民党らしい。よお分からんけど。これが共産党やったら即除名であっさりしてて分かりやすいねんけど。

で、それからすると、選挙区に対立候補が擁立されるのも、あたりまえっちゃああたりまえの話に思えるねんけどなあ。どうも納得できない人が多いみたいで。
「きたないやり方だ」
そうかな?
自分の政策を押し通そうと思ったら、これは至極まっとうな策のように思えるねんけど。

あ、とはいえ、今度の法案が衆議院を解散してまでやりとげなあかん(しかも今すぐに)とは思われへんねんけどね。

さらにおかしなことに、地元に戻ったら「何とか公認を」って、地元の後援会とか県連とかが躍起になる。なんかおかしいよなあ。
さらには、法案に反対票を投じておきながら、「次の(法案の)投票では、賛成にまわりますよ」っていうヤカラまで出てくる始末で。ちと情けない。(そう宣言しても公認はもらえなかったようやけど)
なんか政治家の裏事情というか、裏の気持ちっていうのがはっきり前に出てきてるような感じやなあ。
つまりは「当選したい!」ていう。

そりゃまあ当選しないことには仕事ができないわけやから、当選することが一番の目的でしょうけどね。
それにしても、まわりの情勢を見て、あっちにころんだりこっちにころんだりするようなひとには、政治家になってほしくないんですけどね。


それにしても、こういう政治の話になると、どうしてむずかしい言葉や決まりきった言い回しが広がっていくんでしょうね。「刺客」っていう言い方は、どうも殺伐としてイヤやねんけど。
「きちっとやる!」「しっかりやる!」というのも、耳が痛くなるほど聞こえてくるなあ。それも強調されて。
「きちっと」やなくて「きちぃーーーっっと」、「しっかり」ではなく「しっっっっっっかりっっ!」
ま、どっちでもええねんけど。耳につくってことだけで。
[PR]

by tacobu | 2005-08-16 16:19 | 政治
2005年 05月 18日

高額納税者

野球を見終わってから、うとうとしてたら、どんどん夜中になっていってしまった。あたりまえやけど。火曜日の深夜です。

昨日も書いたけど、高額納税者発表っていうのは、いったいなんの意味があるねんやろう。今朝もいろんなワイドショーでとり上げられていたけれど。個人情報の開示を、こんな基準でやってもええもんなんやろうか。

いっとき「節税の仕方」みたいな番組がはやったときがあったな。野末陳平とかが一所懸命に「税金を減らすには」みたいなことをやってた。30年前のことか(^◎^;)。

わたくしは税金を収めることに、大して抵抗はないねんけど。といっても払ってる額がけた違いにちょぴっとやけどね(^◎^;)。世の中にはちょっとの税金でも「払うくらいなら自分のために使いたい」と思う人も多いようで。
そういうこと、考えたこと、ないことはないねんけど。わしでも。
でもねえ。そういう「節税対策」に頭を悩ませて、いろいろ手立てを考えて、なんてことに労力を使うのと、余分に(余分やないねんけど)払うことになる税金の額を秤にかけると・・・。

ま、ちょぴっとしか払ってない身で、何を言ってもなあ・・・・ってところはあるねんけどね。

高額納税者のコメントが、だいたい「有意義に使ってほしい」とかいうのばっかりなのがね、なんかちょっとうそくさいような気がするのも、小額納税者のやっかみか。たまには「こんなに余分に払うつもりはなかってんけど・・・・失敗しました」とか言う人がおってもええのになあ。
[PR]

by tacobu | 2005-05-18 00:42 | 政治