たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニュース( 29 )


2006年 10月 27日

バランス

物事は何でもバランスが問題だと思ってるところがある。
病気になるのは体のどこかでバランスが崩れているせい。お金がないのは収支のバランスが崩れているせいだと思っている。最近はお金がなくて困る、という事態はなくなってきているけれど。

で、何の話がしたいかというと、最近の「履修不足で卒業できない高校生たち」の話。
つまりは、教育のバランスがよくないのだろうなあ。と、一言で片づけてはいかんのだろうけど。

なんでそんなことが起こるのだろうと、よく分からなかったんだけど、分からなくて当たり前で、僕らが高校で勉強していたときとは学習指導要領の内容が随分と変わっているのだな。
そして入試も変わっている。世界史は受験しなくてもよくなっているのか。
これはなんかおかしい。高校で「必修」となっているものが、受験では「別にどっちでもいいよ」と言っているのだ。それもセンター試験で。
私立大学ならまだわかるけど、国公立でそんなことをされてはねえ。

なんとなく、学校を運営している人が「なんとか学生を入れたい」と、それこそ私立も公立も関係なく、焦っているような気がするなあ。そういえば、公立大学は「独立行政法人」とかいうものになったんでしたっけ。それがどんなものなのか、それすらももひとつよお分からんのですがね。

そして全国で、出るわ出るわの「履修不足」 もう呆れるのを通り越して面白いですわ。面白がってたらあかんのですけど。

まあ、今の政府の方針が「学力の向上」とかいうものを掲げてるらしくって(詳しくはよお知らんのです)、「教育改革」が政策の中心のように言うてるんですが。
前にも書いたけど、政府がそうやって盛り上げてる様子と、実際の教育現場とは随分かけ離れたものになっているような気がしてならんのですなあ。

なんですか、高校への進学率が99%とか。大学の進学率はどれくらいなんやろう。なんかよう分からんような大学も仰山できてるし。
そんなに大学を作って大学生をつくって、それで肝心の大学生は何をしているのだろう。きちんと勉強をしているんだろうか。
僕はせえへんかったなあ(^◎^;)
大学に入ったはええけれど、先の希望なんか何もなかった。いやだいたい大学に入ったのだって、他にやりたいこともなかったっていう、至極消極的なことからやったしなあ。
大学に入れば、すくなくとも4年間は、社会人になるまでの猶予ができる。その間にひょっとしたらやりたいこととかが見つかるかも。見つからなかったら? その時はその時でなんとかなるやろう(^◎^;)なんていう、実にいい加減な了見で学生時代を過ごしていたのだ。
そして合唱団に入ったばっかりに(合唱はやりたいと思っていた)授業にはどんどん出席しないようになり、5年間在籍したけれど結局卒業できず(^◎^;)。
なにをしていたんだか。

まわりを見回せば、2年の終わりごろ、その当時は教養過程が終わり、専門課程に入る頃には
「就職するなら○○へ」「○○の評判はいいらしい」「ウチの大学では○○がせいぜい」
なんていう就職情報が行き交っていた。
そういうものには無頓着やったなあ。おかげでまともな就職は出来なかった。というか、卒業してないからね(^◎^;)

そういえば、高校生のときもそうやった。
高校1年の終わりごろに、クラスの友人が突然、
「で、どこの大学を狙ってるの?」
と聞いてきて驚いた。大学って。まだ高校生活が3分の1終わったところやのに。

ところが僕の方が少数派だったのだな。みんな国立か名門私立か、関西にするか東京に出ていくかなんてことまで考えていたのであった。
恥ずかしい話だけど、その時まで「関関同立」が何のことかも知らなかったのだ。

これが30年前(!)の話だから、今やどうなっていることやら。
というか、考えてみたら30年前から教育の歪みというか、就職の前の大学、その大学の前の高校、その高校の前の中学、という図式は変わっていないのだな。
大学生活とは? とか高校生活とは? とかいう「その時を過ごす意味」みたいなことをよく目にするけど、実際は「その先にあることの準備」にしか過ぎないのだろうか。
そしたら、その先には、その先の先には、その最後には何があるのだろう。
なんだかドッグレースの犬を見ているような気分だ。みんな、人間なのに。
[PR]

by tacobu | 2006-10-27 22:48 | ニュース
2006年 05月 02日

戸塚校長

戸塚ヨットスクールの校長。刑期を終えて出てきたら、いきなりテレビに引っ張りだこですね。体罰が是か非かとか、そういう論争をしているところが多いけれど。

今日、ぶたこが昼間のワイドショーに生出演している戸塚氏を録画しておいてくれて。今見終わったところです。司会の大和田獏がとってもいい感じで突っ込みをいれていて。いやこういう表現はよくないな。戸塚氏の話をよく聞きつつ、自分の意見をしっかりしゃべって、子供を持つ親なら聞いておきたいことをしっかり聞いてましたな。

そして戸塚氏。昨日もちらっとテレビでしゃべってるのを聞いたけど、マスコミの対応には閉口しているという雰囲気が伝わってまして。「どうせ君たちにはわからんやろう」みたいなところがあって、これは自信の現れかなあとも思ってたんですが。

今日はスタジオ生出演で、大和田獏がしっかりしていたもんやから(とおりいっぺんの反体罰論とか教育論とかに持っていこうとしていなかったところがエライ)、逆に戸塚氏の主張の矛盾みたいなものがはっきりしてきてたように思ったな。

そ。こういう人を「マスコミに出すな」という人もいるけど、もっといっぱい出していっぱいしゃべらせて、矛盾しているところをみんなに知ってもらった方がよいのではないかと思ったよ。とかくマスコミはおかしなものは「出さない」ようにするけれど、出してしまって「おかしいのでは?」と疑問符をつけるぐらいでちょうどいいのではないかなあと思ったな。

戸塚氏が主張を述べると「?」がどんどん増えていったよ。東洋の宗教の方が西洋宗教より優れているに決まってるというてたし。最後には、自分は菩薩やと言うてたしな。
[PR]

by tacobu | 2006-05-02 13:46 | ニュース
2006年 04月 17日

やはり表には出ず

金曜日にうっかり買ってしまった3つのおにぎりは、冷蔵庫で一晩寝かされた後、なぜか焼き飯に変身して(^◎^;)食卓に上りました。

驚いたのは、たった3つのおにぎりで二人分の焼き飯には十分やったこと。まあちょっと玉ねぎとかは加えましたがね。それでもお腹いっぱいになったであるよ。いつもしらん間にぎょうさん食べてるねんなあ。

さて表題。先日の話題の続き。栃木リンチ事件。土曜日の「ブロードキャスター」の「事件簿」のコーナーで取り上げられてましたなあ。で、ジャーナリストの黒木さんが出てはって驚きました。でも日産の「に」の字も出えへんかったな。

しかも「なぜ警察が積極的に動かなかったのは、いまだ謎である」っていうしめかたで。えええ? そこを突っ込むために黒木さんが登場、ではなかったのか。まあ、そこまでしかでけへんってことかな。テレビには。

表に出ない話つながりで。先日、阪神の金本選手がフルイニング連続試合出場の世界記録を達成しましたが。朝日新聞に載ったインタビュー(たぶん記者会見やと思うねんけど)でおもしろいなあと思ったのは
「きちんと働くには息抜きも大切。だから皆さんも、有給休暇は有効に使ってください」
っていうのやったな。ただがむしゃらにやるだけではだめですよ~ん、と金本選手に言われると説得力がありますな。

しかしだね。これ、新聞のこの記事で目にしただけで、そのあとのテレビの映像とかではいっさい出てこないのだね。あんまり面白くないと思われたのかなあ。それか、「しっかり休め」っていうのが金本選手らしくないととらえられたのか。でもね。金本選手「らしい」って、周りが勝手に決めてはいかんであるよ。

あ、放送する方が、あんまり有給休暇をとってほしくなかったのか。そういう社員へのメッセージなのか。ひねくれすぎ(^◎^;)
[PR]

by tacobu | 2006-04-17 21:45 | ニュース
2006年 04月 14日

表に出ない問題

ぶたこのブログに書いてますが。先日判決が出た栃木のリンチ殺人事件。

被害者、加害者ともに日産の社員やったってことは、どうもどこにも報道されてないみたいですね。殺されたときは社員じゃなかったから、ということが一応言い訳として通用してるようやけど。でもこのブログからリンクしてるジャーナリストの言うてることが真実やとしたら、ひどい話や。

昨日の朝日新聞の夕刊にはちょろっと、日産の社員だったということは書いてありましたが、それが大きな問題ではないような書き方でしたね。たまたまそうやったみたいな。もちろん、上司が文書を警察に手渡すように言ったとはひとことも書いてませんな。

新聞でこの程度なので、もちろんテレビでは日産の「に」の字も出てこないようです。まあ、いろんな企業のスポンサーになってるし。トヨタほどじゃないにしても日本を代表する企業の一つやし。トヨタも含めて、自動車産業は日本の基幹産業やから、それを正面から批判するようなことは、今のマスコミにはでけへんねんやろなあ、とは思うな。

例えば、ニュース番組のスポンサーに自動車メーカーがどこかついてたとしたら、もうそれで報道内容は規制されてたりして。規制はされなくても「自粛」してたりして。日産でなくても、どこか他の自動車メーカーがスポンサーになってたら、それだけで「自粛」したりして。大いにあり得ると思いませんか。

社内の不祥事を隠そうとするのはどの企業も一緒なのかなあ。でも隠しきれるのは大きな力を持った企業だけやろな。ということで、力のない企業はいろんな不祥事が暴露される。大企業になるほどうまく隠しおおせるのか。それにしても。自分たちのとった処分が妥当であったかどうかを考えもしないのかしらん。いやそれ以上に、ひょっとしたら殺人の引き金になったのは、この上司の報告書かもしれへんのに。裁判ではそれについてはなにか言及されたんやろか。気になるなあ。
[PR]

by tacobu | 2006-04-14 21:44 | ニュース
2005年 12月 09日

300億円はどこに

みずほ証券が株式の誤発注で300億円の損害やと。想像でけへんナア。300億円。

こういう巨額の損害の話が出ると、いつも思ってしまうんですよね。その300億円は消えてなくなったわけやなくて、誰かの懐に入ってるわけやから、「ごそっと儲けたヤツはだれなんやろう」ってね。

まあ今回の場合は自業自得というか。それをだれかが得したとしても何とも思わないんですけど。これが国の税金やとなると話が別になるワナ。
前に国が面倒を見た銀行の不良債権。何億ものお金が、消えてなくなるわけはないワナ。誰かの懐に入ったままってことやろうに。どこに行ったか分からんまま。
もっと言えば国の借金。何兆ものお金が使われてるけど、どこに行ってるの。国が損してるってことは「誰かが得してる」ってこととちゃうんかなあ。

消えてなくなるわけはないやろうに。
[PR]

by tacobu | 2005-12-09 23:47 | ニュース
2005年 09月 07日

台風の影響か

大阪はものすごい風です。天気はエエねんけど。強風にあおられて、歩くのも大変なくらいやった。特に会社ビルの周辺はね。ビル風もあるのかな。

会社のビルは(自社ビルではない。もちろん)、きれいねんけど、結構古いビルなんですな。で、朝から壁際で「みしっみしっ」ていう音がしてます(^◎^;)。で、わしの席は壁際なんですね(^◎^;)。
地震があったときも、真っ先に「みしっっ」て揺れはじめて、揺れがおさまってからでもしばらくは「みししっ」ていいつづけてるんですよね。先駆け・しんがりは、わしの席の壁際でありまして(^◎^;)。

その台風、各地でいろんな被害が出てるようですね。相変わらずリポーターが吹き飛ばされそうになってる図が、あちこちの局で流されてますが。

大分県湯布院の大水の映像も、あちこちで見ました。
あれ、どっかの堤防が決壊したのかと思ったけど、違うんですね。流れてきた土砂が川をせき止めて、行き場を失った水が溢れだしたんやて。っていうことを、今朝のNHKのニュースで初めて知っただよ。みんな映像ばっかりで、詳しい内容までは伝えてくれへんねんから。

湯布院には昔、ぶたこと行ったことがありまして。町中を散歩して回ったな。ちっちゃな美術館みたいなのがあって(名前忘れたけど)、観光地なんやけどなんかのんびりしてて、エエとこやったなあ。
周りを山に囲まれてましてね。すり鉢みたいに。帰るときに泊まっていた旅館を、朝出発して、バスで山を越えていったんですが。バスから振り返ると町全体が朝もやにすっぽりと覆われてましてね。まるで雲の中に町が浮かんでるように見えたな。

あの美術館、たぶん浸水してるんやろなあ。あの旅館、大丈夫やったんかな。ちょっと高台にあったけど。被害が小さいとええねんけど。
[PR]

by tacobu | 2005-09-07 19:50 | ニュース
2005年 09月 02日

ハリケーン&パニック

すっかり秋、というわけにはいかず、ぶり返したような暑さ。なんやねん、ちょっと前までは涼しかったのに。ほんまに残暑やな。

アメリカではハリケーン「カトリーナ」が猛威をふるって(というより、半分は人災のようなもんやな)多くの死者、被災者が出てる。一方、イラクでも巡礼の列がパニックになって、多くの死傷者がでている。どちらも1000人を越えそうだ。

ところが、なぜかイラクのニュースはあまり多くは入ってこない。そんなに多くの死者が出たんやったら、もっと報道してもエエと思うのに。
まあ、記者が少ないとか、そういう問題もあるんやろうけどな。でも、今まででも自爆テロで何人死んだとか、そういうニュースって新聞の端っこに載るだけやったなあ。わしもあんまり気にしてへんようになってる。
どこの国で起こっても被災は被災。どこの国の人でも命は命。とは分かってるんやけど。
[PR]

by tacobu | 2005-09-02 19:44 | ニュース
2005年 08月 26日

キャベツ廃棄

今年はキャベツが豊作で、値崩れを起こしているらしい。で、2万トンが廃棄されるのだと。いろんなところに記事は載ってるけど、まあ↓こんなんとか。
http://news.fs.biglobe.ne.jp/economy/ym20050823i515.html

こういう時いっつも思うのは、この余った野菜を食料不足で困ってる国にどうして持っていかれへんのかってことですな。
日本の農業は機械化とかで相当能率がよくって、きっといろんな野菜とかが余ってると思うねんけど。お米かて余ってると思うねんけどなあ。
でもその割に食料自給率は結構低いんですよね。どうもよく分からんことばっかりや。

そゆことは、今度の選挙の争点にはならんのでしょうかね。ならんねんやろなあ。だって、廃棄した農家には国からちゃんと補償金が出るっていうことらしいし(-◎-;)。
つまりこの国に住んでるかぎり、野菜が余ろうが米が余ろうが生活には困れへんってことになってるみたいや。ってことは国民の関心はそんなに高くないってことになって、争点にはならんと。

でもなあ、国の国際貢献っていうのは大事やでぇ。って、みんな自衛隊の派遣の時には言うテタのに。
[PR]

by tacobu | 2005-08-26 12:44 | ニュース
2005年 05月 19日

謎の「ピアノマン」

ブライアン・ショーはクイズ大会をやってるみたいですね。商品は「ブライアンTシャツ」?(^◎^;)

さて、イギリスで「ピアノマン」が話題騒然だそうで。
なんでも、1か月前にイギリスの南部の海岸で、ずぶ濡れのスーツ姿でいるところを保護されたらしい。身元がわからない。一言も口をきかない。で、病院に収容されて。
身元が分かるようなことがないかと、紙と鉛筆を渡したら、なぜかスウェーデンの国旗と、ピアノの絵を描いた。実際に描いた絵をテレビでも映してたけど、すごく写実的な細かい絵。
で、ためしにピアノの前に座らせたら、嬉々としてピアノを弾き続けた。それがびっくりするくらいうまい。クラシックらしい曲を2時間以上もあきずに弾き続けた、と言うてたな。

「ひょっとして、プロのピアニストでは?」

イギリスの新聞、マスコミがとり上げ、いろんな国で身元確認が始まってるようです。「南フランスのストリート・ミュージシャンでは?」っていう情報があって、結構確実らしかったけど、そのひとの妹さんが否定したとか。
でも、これだけ話題になってるから(なにしろ、日本でもこれだけとり上げられるんやから。わしが見ただけで、きのうの夜のNHKニュース、今朝の各ワイドショー、今日の夕方のニュース、朝日新聞の夕刊でとり上げられてる)、そのうち知り合いが出て来ると思うけどね。

ぼくらの世代では「ピアノマン」というと、ビリー・ジョエルの歌を思いだしてしまうなあ。って、わしビリー・ジョエルって、あんまり好きじゃなかったから、どんな歌やったか・・・サビのところしか思い浮かべへんねんけどね。ほんなら「思いだしてしまう」ってほどでもないやんか、なあ。
[PR]

by tacobu | 2005-05-19 00:50 | ニュース
2005年 05月 03日

不発弾&水道管破裂

本町で不発弾の処理が行われてまして。戦争中にアメリカ軍が落とした1トン爆弾。見つかったのはもう1ヵ月以上も前とちゃうかったかな。
今日は朝から、周辺300mは進入禁止。地下鉄も中央線は不通。御堂筋線は走ってるけど、本町駅は通過です。
会社も近くで(^◎^;)。今日は入れないねんて。しっかり休みましょうね。

御堂筋も通行止めかあ。と思ってたら、今度は阿倍野で水道管破裂やって。テレビで見たら、どうやらベルタの前あたりやな。しばらくは断水か。
[PR]

by tacobu | 2005-05-03 14:12 | ニュース