たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 8 )


2007年 09月 24日

【広島やったとです9月15日】その2

いよいよなんのことかわからん題名になってます。ご容赦を(_◎_)
さっき書いたように、とてもいい天気になったおかげで、そんな天気に公園の中をうろうろしたおかげで、もうかなりくたびれた。もう三日目やしな。関係ないか(^◎^;)

荷物をホテルに取りに行って、さて最後のひと仕事。
「バターケーキの長崎堂」というのが有名らしい。なんでもバターケーキだけを売ってるのだと。そしてその日の分が売りきれたら、おしまいというこだわりのお店らしい。甘いもんには目がないわたしら。見逃すわけにはイカン。
というわけで、地図を頼りにてくてくてくてく。
あった!
しかし・・・・・
b0023293_22281142.jpg

b0023293_22282673.jpg


ううむ(^◎^;) ウワサは本当であった。すでに閉店(^◎^;)
まあ、今度来たときは朝イチで買いに来よう。うん、今度来るときの楽しみが出来たっちゅうもんやね。

電車に乗って・・・・・と、この電車、カープ電車ですガナ(^◎^;)
b0023293_22284230.jpg


なんか、カープに見送られてるようやなあ。

最後に立ち寄ったお店は、ふたたびの「たむら」です(^◎^)
ぶたこは「宇治ぜんざい」を注文。「クリームぜんざい」の宇治アイス版、というところか。
b0023293_2229361.jpg

b0023293_22291955.jpg


というところで、カメラの電池が切れた(^◎^;)
「電池を入れ替えてください」という表示とともに、レンズがしゅーっと本体にしまわれていったのでした。はらら。

でも、ま、撮りたいものは大方撮ったし。あとはぶたこの撮ったものでも十分やし。
そんなわけで。
このあとは駅の構内でおみやげの「カープカツ」を買い(わたくしの会社用。なかなかウケがよかった)、車中の夜ご飯にと、「むさし」のおにぎりを買い。
「むさし」のおにぎりは、めっちゃうまいです。わたくしは「山賊にぎり」という、普通のおにぎりの4倍はあるサイズのジャンボおにぎりを食べましたが、これひとつでお腹一杯になりますぜ、だんな。
がたごとと、普通電車(とちゅう快速)を乗り継ぎつつ、帰宅したのでありました。お疲れさまでした(_◎_)
また行きたいなあ。こんどは青春18切符で。6時間ぐらいで行けるってことが分かったからね。
市民球場も来年限りやし。
[PR]

by tacobu | 2007-09-24 22:30 |
2007年 09月 24日

【戦争も原爆もイカンです9月15日】その1

広島3日目は平和資料館&平和公園散策。
天気は、よろしくない(^◎^;) なにやら雨模様である。まあ資料館の中におるんやったら、ちょうどええかもね。

というわけで出かけまして。
平和大橋を渡って、平和資料館へ。
b0023293_21333241.jpg

b0023293_21334957.jpg

b0023293_21345921.jpg


資料館を案内してくれる「ピースボランティア」というのが居てはって、一緒に見学して説明してくれる、というので、お願いすることにした。ボランティアなので、来てくれるかどうかという都合もあるようやけど。受付で申し込むと、10時半に、もう一度来てくださいとのこと。1時間ぐらい時間があるな。
ほんなら来はるまで、軽く館内を下見でもしとこか・・・・と思ったけど、1時間ではホンの端っこしか見学できませんで(^◎^;)
あっという間に10時半。で、ボランティアの方が入口のところで待っておられて。わたくし、失礼ながら年配の方を想像しておったのですが、わたしらと同じぐらいの年代の方で。しかももっといかめしい方を想像してたのですが、ニコニコと実に明るい方で、深刻になりすぎずに見学できましたわ。
で、時間はどれくらい? イヤ、わたしらはもうあとの予定はないので。では、館内を1時間、平和公園内を1時間ぐらいで、あと、時間があったらわたしらだけでもう一回見て回ってもいいし。というわけで案内を始めていただいたのですが・・・
館内の案内が終わったらもう2時間経ってまして(^◎^;) お昼ですがな。
「すみません、時間取ってもらって(^◎^)(^oo^) あの、お昼とかどうしましょう?」
「じゃあ、30分ぐらいお昼休憩ちうことで、午後から公園の中を案内しましょう(^^)」
と言っていただいて。ありがたやありがたや。

資料館内の休憩所でお弁当を買ってお昼ご飯。30分後、資料館の入口でボランティアの方と再会。
外に出たら、朝の小雨はどこへやら(^◎^;) めちゃくちゃいい天気で、暑い(^◎^;)
平和公園の中は慰霊碑やらが一杯。それぞれを説明してもらって。楽しかったです(^◎^)
b0023293_21353920.jpg

b0023293_21355664.jpg

b0023293_21361981.jpg

b0023293_21363659.jpg

b0023293_21365134.jpg

b0023293_21371398.jpg

b0023293_21372992.jpg

b0023293_21374170.jpg

b0023293_21375579.jpg

b0023293_2138792.jpg

b0023293_21382053.jpg

b0023293_21383282.jpg

b0023293_21384838.jpg

b0023293_2139387.jpg

b0023293_21392016.jpg

b0023293_21393635.jpg

b0023293_21394992.jpg

b0023293_2140382.jpg

b0023293_21401640.jpg


楽しかった、というのは、文字どおりの意味でして。
失礼ながら、こういうボランティアをする方は、もっと平和や反核に対して神経質になってはるんちゃうかとも思ってたんですが。あるいは強い使命感を持ってやってはると。いや、もちろん使命感を持ってるからボランティアをしてはるんでしょうけど、想像していたより肩ひじを全然張っていなくて、
「困ったことでしてねえ、ええ、ええ」
ってニコニコっとされると、なんだか自然に構えてたら、もっと身近に平和を考えることができるのかなあ、平和を実現できるんかなあ、などと考えてしまいました。ありがとうございます(_◎_)
[PR]

by tacobu | 2007-09-24 21:41 |
2007年 09月 24日

【宮島もええとこですよぉ9月14日】その3

宮島着。朝の雨模様はどこへやらのエエ天気ですガナ。観光客もいっぱい来てはりますな。
で、鹿もいっぱい居てはります。ビニール袋を持っていたらかじりに来る。地図を広げて見ていると、地図をかじりに来る。「やめぇー!」と怒鳴ってもききよりません。むりやり引き剥がすと
「きゅう~~ん」
と鳴くのですな。え? 鹿って鳴くのか。奈良では聞いたことがないぞ。ここは奈良と違って車がビュンビュン行き交うということはないので、安心しているのか。
「鹿にエサを与えないでください」とも書いてある。そういえば「鹿せんべい」は売ってないなあ。ココの鹿は自給自足。自らの足で自らの食を求めよ、ということか。大仏さんの慈悲に守られた奈良とは違うのだね。厳島の神さんは自助努力をセエというてるようだ。
b0023293_13492151.jpgb0023293_13494554.jpg

b0023293_1350780.jpgb0023293_13502266.jpg


参道、というのかな、町並みを抜けて厳島神社へ。途中に「日本一の杓子」が。
b0023293_1350428.jpg


さて、厳島神社である。この時間帯は引き潮だったのだ。友人に「絶対満潮時に行くべきやで」と薦められていたのだが。水面に映る大鳥居が美しいらしい。でも、干潮時には大鳥居の足もとまで歩いていけるという特典もあるのだね。
足元までいくと、その大きさにびっくりする。遠くから眺めてると「美しい!」という印象だけなんやけど、近くに行くと「でかいっ!」という威圧感がありますな。
よく見ると、うえの横木(何というのかな、名前に詳しくないです)は美しい反り返り具合なんだけど、支柱は大木をそのままおっ立てているのだね。だから元の木の形が残っている。自然の木の形なので、とうぜんややいびつな、しかし力強い立ち方をしているのだね。
そして満潮時に水につかっている所、つまり根元の部分にはおびただしい数のフジツボが付着している。なんか、自然の力を感じるなあ。
b0023293_13522372.jpgb0023293_13524180.jpg

b0023293_1353754.jpgb0023293_13532986.jpg

b0023293_13534352.jpgb0023293_1354035.jpg

b0023293_13541862.jpgb0023293_13544184.jpg

b0023293_13545727.jpgb0023293_13551725.jpg

b0023293_13553698.jpg


さ、陸に上がっていよいよ本殿へ。
いやあ、美しい。どこから何を撮っても絵になるって感じ。おもわずバシャバシャとシャッターを押していまいますなあ。
きりがないので、ともかくもご覧ください。
b0023293_13555487.jpg


b0023293_13561366.jpg

b0023293_13563538.jpg



b0023293_13565282.jpgb0023293_135765.jpg

b0023293_13572273.jpgb0023293_13574121.jpg

b0023293_13575569.jpgb0023293_1358991.jpg

b0023293_13582471.jpgb0023293_13584439.jpg

b0023293_13585753.jpgb0023293_13591233.jpg

b0023293_13592675.jpgb0023293_13594440.jpg

b0023293_1359592.jpgb0023293_1401488.jpg

b0023293_1403114.jpgb0023293_1404556.jpg

b0023293_14128.jpg


ここって、どう撮っても神社以外の建物がほとんど映らないんですね。高い建物がないし、鉄塔とかもないし。だからどこからでも絵になるような気になるのか。
夕方まで頑張って「夕陽と大鳥居」なんていうのをバッチリ撮ろうと思ったんやけど、この日はややくもり気味で(^◎^;)。でもそれなりにいい写真が撮れたと思います。

帰りはフェリーに乗って、電車に乗って、もときた道を戻っていきます。
ここらでカメラの電池が「危険」マークに(^◎^;) あらら。やや節約モードで。つまりあんまりバシャバシャと撮らないようになってしまいました。残念。

で、この日の夕御飯は、広島在住の友人のおすすめの店「五エ門」で。繁華街の中にあるお店。まあ大阪で言えば、北新地の入口にお好み焼き屋さんがあるって感じでしょうかねえ(間違ってたらスミマセン)
前日に食べた「へんくつや」とはまた違った味でした。野菜がシャキシャキしていてとてもおいしい。いつものことながら、ぶたこと厨房のおじさんとで話がはずんで(^◎^;)たのしい夕食でした。
b0023293_1412781.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-24 14:10 |
2007年 09月 22日

【広島はええとこじゃあちうて9月14日】その2

あまりに疲れたので、甘いものが欲しくなった。というか、元から狙っていたのだが(^◎^;)、猿猴橋(えんこうばし、と読むのですね)という、広島駅電停のほんの100m手前の電停で降りたところに、「たむら」がある。老舗らしい。
中に入って驚いた。なんですのん、この店。倉庫にできた食堂? 休憩所? まあ昔風の喫茶店ともいえるかも。ともかくも「レトロ」という一言では表現できないくらい、味のある店。
b0023293_0445162.jpg


b0023293_045195.jpg


ふたりで「クリームぜんざい」を注文しました。ぜんざいの、あずきの上にソフトクリームが乗って・・・・というのを想像していたワタシラの前に出てきたのはこれです。
b0023293_045317.jpg


あとで知ったのですが、この「クリームぜんざい」がこの店の名物なのですと。いや、見た目は最初驚きますが、これがうまい! 冷たくて甘くて。ってあたりまえやけど。店の雰囲気もいいし。帰るまでにもう一回来よう! と思ったのでした。

さて。いよいよ今日の目的地。宮島行きである。
途中、地面に書いてあるだけの電停発見(^◎^;) 大阪にも似たようなのがあるけどね。阪堺電軌。
b0023293_0455193.jpg


途中から路面電車が普通の電車になったであるよ。
b0023293_046974.jpg


宮島口駅到着。平日(金曜日)のせいか、お客さんはまばら。暑かったからかなあ。
b0023293_0463726.jpg


b0023293_0465331.jpg


と思ったら、駅を出たところでJRから降りてきはる団体さんがいらっしゃったよ。そのままフェリーに乗っていかはりましたな。

わたしらは、おなかがすいたので、ココでの名物「あなごめし」屋さんに。「うえの」というお店。評判のお店です。
b0023293_0471381.jpg


名前を書いて待つこと30分。待ち合いの場所も用意してあるところが人気店の証ですな。
b0023293_0473043.jpg


そしてようやくめぐり会った「あなごめし」
b0023293_047431.jpg


「めし」が多い(^◎^;) これで1人前か。特盛りになると穴子の量が増えるらしい。わたしはこれで十分ですけどね。横にあるのは赤だしではなく味噌汁でした。

お腹一杯になったところで、フェリーで宮島へ。
b0023293_048213.jpg


b0023293_0481786.jpg


フェリー船上から見た厳島神社であります。すでに美しいねえ。
b0023293_04831100.jpg


さて、いよいよ宮島であるぞよ。
[PR]

by tacobu | 2007-09-22 00:50 |
2007年 09月 22日

【広島はええとこじゃあちうて9月14日】その1

2日目である。今日の目標は路面電車乗り倒し&宮島観光。
しかし、外は曇り空である(^◎^;) ひょっとして雨?
まあ、電車に乗ってる間は大丈夫やし、もし途中で雨が激しくなったら、もう今日は宮島観光はあきらめて原爆資料館の見学とか、そういうフレキシブルな予定で、ともかくもホテルを出発。

まずは朝御飯。なのであるが、昨日の夜は高カロリー摂取だったので、朝から重たいものはヤメ。というわけで、コンビニで調理パンとコーヒー牛乳を買って、ついでにスポーツ新聞を2紙(ニッカンとデイリー)買って、近くの公園でアウトドアブレックファーストにすることにした。
公園でパンをかじりながらスポーツ新聞を読んでいる観光客は、そうは居ないでしょうけどね(^◎^;)
広島のスポーツ紙やから、当然一面は広島の記事。もう真っ赤っかです。
しかし、2紙とも、一面をめくるとそこは真っ黄っき(^◎^) 一面だけが広島の記事なのね。もちろん昨日の試合やから、阪神が勝ってんから、阪神の記事が中心で当たり前と言えば当たり前なのですがね。いや、これが大阪なら、どこが勝っても記事は阪神か。そこは、やっぱり人気のある球団ということで。

さて。路面電車(電車)であります。狙うは一日乗り放題チケット。しかしどこで買うのやら。
電停の説明書きを読むと、車内で車掌さんが売ってくれるらしい。ということは、ともかく乗ってしまえばいいってことか。
b0023293_0334216.jpg


乗ってから、車掌さんから乗り放題チケットを購入。ぶたこが買ってくれたんやけど。
電車の車掌さんはたいへんです。観光客も多いし。その人たちの質問にも答えないといけないし。安全確認もせなあかんし(3両編成以上の長いのもあるので)。マイクで停留所の案内もせなあかんし。
わたしらが乗ったときは、年配の女性の集団が「○○ホテルは、どこですのん?」と聞いてはった。車掌さん、地図を出してホテルを探して、電停の場所を探してはった。こんなこともするのだね。
b0023293_035255.jpg


b0023293_0354148.jpg


がたごと、のんびりと揺られつつ。到着したのは南の端、広島港です。
b0023293_0361334.jpg


b0023293_0365548.jpg


b0023293_0372761.jpg


b0023293_0382292.jpg


b0023293_0384065.jpg


まあ、特に何がある、というところではないですが(^◎^;) フェリー乗り場に待ってる人がちらほら。
b0023293_0363356.jpg


b0023293_0423562.jpg


さて、どうやら天気は持ちそうなので、思いきって宮島へ。宮島までこの電車に乗っていけるのですね。ちょっと時間がかかるみたいやけど。でも車窓の景色を楽しみつつ。

とちゅうに「比治山」という小山があり。ここからの眺めがいい、広島市内を一望できる、しかも「スカイウォーク」というエスカレーターもできている、とガイドブックにあったので、途中下車。
「比治山下」という電停で降りたら、そこに山の地図が。ちょっと歩くと「スカイウォーク」に着くように書いてある。そこでちょっとした坂をてくてく歩いていく。歩いていく。登っていく。ううむ、なかなかの道のり。
ようやく着いた「スカイウォーク」。
んが。なんと「下り」(^◎^;) すなわちココがスカイウォークの終点で、山の反対側から登るようになっているらしい。とほほ。
b0023293_0391580.jpg


しかし、ここまで来て乗らないのもしゃく。というわけで、スカイウォークを下っていったのでありました。
b0023293_0393724.jpg


行き着いたのは山の反対側の「サティ」。ここから山の頂上(でもなかったのだが。そこにあるのは現代美術館)までのエスカレータの意味は? 謎である。サティに買い物に来て、ついでに現代美術館に寄っていく。ううむ。考えにくい。
b0023293_0395561.jpg


ともかくもさっき降りた電停に戻るしかないみたい。山の下のトンネルを通って元の道へ。お疲れさまでした。
b0023293_0401221.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-22 00:40 |
2007年 09月 20日

【広島に行きよったです9月13日】その3

開門は4時半。もうワクワクなのだ。なぜって、甲子園では見られないタイガースの練習が見られるのだよ。アウェーの試合をいっぺんでエエから見たかった大きな理由がココなのだ。
b0023293_2374825.jpg


b0023293_238824.jpg


開門とともにどっと入場・・・・というには少なすぎるが(^◎^;) それでも小さな球場につぎつぎに人が入っていく。
先ほどの盛り上がっていた一団は、どうやら「虎組会」のみなさんらしい。レフトスタンドで踊ってはる皆さん。そんな人たちと知り合いになるなんて。やっぱりこれはぶたこマジックか(^◎^;)
レフトスタンドの最上段「章栄不動産」の看板下に陣取って観戦。だが目の前のグラウンドには、おおっ! 昨日投げてた上園や! あ、関本がバッティング練習してる! 今度は鳥谷か! あ、安藤が走ってる! あ中西コーチがなんか言うてる!
思わず最前列まで行ってしまいました(^◎^;)
b0023293_2384744.jpg


b0023293_23941.jpg


b0023293_2393562.jpg


b0023293_2395272.jpg


b0023293_2310857.jpg


ウワサに高い「鯉組レディース」(レフトスタンドで応援するチアガール)のポンポンもすでに用意済み。
b0023293_23111284.jpg


「うまい!」と評判の「カープうどん」も食し、こちらの準備も万端である。
b0023293_23121542.jpg


そうこうするうちに試合開始時間。もちろん「カープの歌」が流れるのです。あたりまえか。
b0023293_23113676.jpg


この日の試合は、広島投手陣の乱調で(^◎^;)三連敗をまぬがれてホッと一息。と思いきや・・・・
9回裏ツーアウトツーストライク、つまり「あと一球!」コールの中、藤川が今季初のホームランを栗原に打たれ(^◎^;)
しかしなんとか抑えて勝ちましたのですな。
では応援風景などを・・・・
b0023293_23125767.jpg

鯉組レディースのみなさん
b0023293_23131659.jpg

ストレッチに余念がない前田選手(^◎^;)
b0023293_23142769.jpg

これが「虎組会」の皆さんのダンス
b0023293_23152836.jpg


b0023293_23154220.jpg

ラッキーセブン風船(元祖はカープファンなんだとか)
b0023293_2316813.jpg

阪神ファン(近すぎ(^◎^;)
b0023293_23165563.jpg

あと一球!
b0023293_23171769.jpg

勝利!
b0023293_23174978.jpg

ファンの声援に応える岡田監督
b0023293_23181780.jpg


試合後。まだ観客が帰りきらないうちに「消灯」するのですね(^◎^;) 暗っ。
b0023293_231975.jpg


当初の目的は達成。しかも勝利で\(^◎^)/
気分もよく、ホテルの部屋でスポーツニュースを確認しつつ、ケンタッキーのフライドチキンと、コンビニのジャージー牛乳ソフトという、天下無敵の高カロリー夜食を摂って就寝したのでありました。
[PR]

by tacobu | 2007-09-20 23:23 |
2007年 09月 20日

【広島じゃけん9月13日】その2

場所取り完了。というわけで荷物をいったんホテルのフロントに預けて(まだお昼過ぎなのだ。チェックインもできない)お昼ご飯を食べに。もちろん「お好み焼き」である。
ガイドブックに「阪神の選手もよく行く」と書いてあった「へんくつや」
b0023293_22483361.jpg


b0023293_22491023.jpg


そんなんなんぼガイドブックに書いてあっても、ええかげんなもんやろう、と思ったのだが、店の中は虎状態(^◎^;)
選手のサイン色紙は、ほとんどの登録選手の分があるんちゃうかというくらい貼ってあるし。店の前には「阪神タイガース」の札が堂々と立ってる酒樽が置いてあるし。なんか、わくわくものですわ。
翌日スポーツ紙を読んで知ったのですが、この日の試合前にタイガースにお好み焼きを差し入れたとか(^◎^;)。

で、肝心の味の方ですが。これがまたうまいのだな(^◎^)。お腹が空いてたから、ということではなく(^◎^;)ほんまにうまい。
店の中は地元の常連客らしき人でいっぱいでした。わたしらが食べたのは「そば入り肉玉」 「モダン焼き」でないところが、ああ広島だ。
b0023293_22493157.jpg


ふたたび球場へ。風が出てきたので、ひょっとして場所取りの紙が飛ばされていないか、とちょっと心配になったのだ。幸い、紙はそのまま残っていた。テープでとめておくだけでは少々心もとないので、近くにあった石ころを上に乗せておく。これで少々の風でも大丈夫。ちなみに先ほど盛り上がっていた一団は、まだまだ盛り上がっていた(^◎^;)。
せっかくなので球場の周りをぐるり1周。
b0023293_225188.jpg


b0023293_22525457.jpg

さすが市民球場。あっという間に正面玄関に戻ってきた(^◎^;)
周りの公園とかもなかなかいい感じ。ほんまに町中の球場って感じですな。

そろそろチェックインできる時間。というわけで、ホテルにもどって、一呼吸おいてから、いよいよ試合へと向かいまして。
[PR]

by tacobu | 2007-09-20 22:53 |
2007年 09月 20日

【広島じゃけん9月13日】その1

なにがじゃけんなんだか。
いちど市民球場で応援してみたい! ということから思いついた広島旅行である。
行く先は市民球場。でもついでに宮島も行けたらよし。ついでに平和資料館とか平和公園とかも。

行き方はいろいろ。高速バス、新幹線、飛行機(^◎^;)。
しかし、わたしらが選んだのは、在来線乗り継ぎ旅なのでした。だいたい6時間ぐらいで広島まで行ける。朝6時過ぎに家を出れば、お昼には広島なのだ。ちょっと楽しそう。というか、楽しまないと載れない距離と時間ではある(^◎^;)。

途中の駅。三原ってタコが有名なのか(^◎^;)
b0023293_22383840.jpg


大きな橋を建設中(帰りに、これが「空港線(仮称)」だということが分かった)
b0023293_22391967.jpg


わたしらと同類?(^◎^;)
b0023293_22394098.jpg


とちゅう居眠りをしつつ、しかし乗り換えも頻繁にあるので(1時間に1回ぐらい)、熟睡というわけにはいかなかったが、まあ前日の睡眠不足を補うには十分、と思っているあいだに広島着。
b0023293_2240381.jpg


路面電車がいっぱい。修学旅行っぽい小学生に席を譲られた(^◎^;)。「どうぞ・・」と声をかけられたときは、わたしらのことやとは気付かなかったよ。まあ年長者であることは間違いないけどね。
b0023293_22401974.jpg


何はともあれ球場へ。電停(路面電車の停留所をこう呼ぶのだな)を降りてすぐのところに球場がある。球場応援ベテランさんから、「自由席やから、先にダンボールに名前を書いて場所取りをしとくねんで」という話を聞いていた。実際外野席の入口からはボール紙(一部ビニールシート)の列。
中に、すでにでき上がっている一団が居てはった(^◎^;)。おおいに盛り上がっている。もちろん虎ファンである。ちょっと、どうしたらええのん、と言う雰囲気もあったが、ぶたこが
「初めて来たんです。どうやって場所取りするか、教えてください(^oo^)」
と、いつもどおりに声をかけると、一団のなかのおにいさんが丁寧に場所取りの仕方を教えてくれたのだった。
「あのあたりが列の最後じゃけん」
場所取り用の紙を(ダンボールがなかったので、カレンダーの裏紙を使ってぶたこが書いてくれた)ブロックにビニールテープでぺたぺたっと貼って置く。これでいいのか。思ったより簡単。わたくし、場所取り初体験でありました。
b0023293_22441720.jpg


b0023293_22461116.jpg


b0023293_22462757.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-20 22:47 |