たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 56 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

阪神2-1ヤクルト

僅差の試合でしたなあ。ハラハラしどおしでしたわ。特に最後の方は。
先発江草くんの調子はよかったてんけど、打線がなかなかつながらず、押し気味ながら点が入らない展開。
こうなるとワンチャンスで点が入るんですね。ヤクルトが先制。
しかししかし、6回に無死2,3塁から今岡、濱中の連続犠牲フライで逆転。まるで2週間前の広島の試合を見てるみたいやったな。あ、あの時も江草やった。負け投手になったけど。

最後は赤星が、センター前に落ちるかという当たりをナイスキャッチ。1塁ランナーが帰れなくてダブルプレーでゲームセット。ナイスプレーの赤星のうれしそうやったこと(^◎^)。それを迎えるナインの表情も、今までになく明るかったな。
そういえば、打撃不振の今岡も、3塁ライナー→1塁ランナーをアウトにしたときは、めっちゃうれしそうやったな。今季、初めて見るくらいの笑顔やった。みんな、打ったときよりうまく守れたときの方がうれしいのかも。

今日のテレビ中継の解説は吉田サンと木戸サン。このふたり、監督とキャッチャーやったってことから、なんとなく身内のノリで放送していて面白かったな。
木戸サンがついつい「ねえ、監督」と話しかけたり(「もう、監督やないんですけど」という吉田さんの突っ込みも面白かった)、吉田サンが「どうや、木戸」と呼び捨てにしたり(^◎^;)。ふたりとも、歯に衣着せぬところがあるのが、さらに面白かったですね。またこのコンビで放送してほしいなあ。ラジオとかであるかも。楽しみにしとこ。
[PR]

by tacobu | 2006-04-30 22:40 | スポーツ
2006年 04月 30日

4月も終わり

あっという間にこの月も終わりますな。ほんまにあっという間に。今日はまた、ぽかぽかと暖かくて、本当に春が来たなあって感じです。暦的には初夏なんでしょうが。

そゆことはともかく。先日「欲しいかも」と思ってたテレビは、しばらくは今のままでどおってことはないやろうというところに落ち着きまして。つまり現状維持、ということですな。やっぱり電化製品は「ぶっ壊れるまで使いたい」ものでしてね。貧乏人根性かな。おんなじだけの根性が電化製品にもあったらええんですけど。

さて、なんといってもゴールデンウィーク。今日はその2日目。といっても土日がそのまま休みやったから、もうひとつ「休んだあっ」という気分にはなれないところですが。でも、明日、あさってと会社にいけば「また休みいっ」というのは、気分的にいいですね。いいっていうのはウソかな。気分的にだらだらしますな(^◎^;)。そんなんではいかんのやろけど。まあ年に一回のことですから。ちょっと許してもらいましょう。

いつもの土・日やと、図書館に行って時間をつぶす、ということもあるんですけど、祝日、月末は図書館がお休みでね。大学の方も市立図書館も。まあ以前に借りてきた本があるから、読む本には困らないし、暇つぶしにも困らないんですけどね。

それにこの土日は、野球がデーゲーム。で、昼間は忙しかったしな。応援で(^◎^;)。おかげで阪神は連勝して、ちょっと気分のいいGWの始まりとなりました。来月もいい月になったらいいな。
[PR]

by tacobu | 2006-04-30 22:05 | 日記
2006年 04月 30日

予想が外れ

レベッカ・ブラウンという著者名はきっと女性だろうし、翻訳が柴田元幸さん、題名が「体の贈り物」(マガジンハウス)っていうから、これはきっとジャンキーな小説、もしくはセクシャルな内容か。たとえば体を張って生きているニューヨークの女の子の話とか、で、翻訳が柴田さんやから(こればっかりやな)きっと現代のニューヨークを描いてるはずやし(思い込み?偏見か?)、どうやら最近の小説みたいやから、面白そうやと思って読んだんですな。

舞台がニューヨーク、というところは思ったとおりやってんけど。読み進めるとどうも様子がおかしい。予想したような展開にはならない。女の子が男の子の部屋をたずねていって・・・。ナニをするのかなあ、と期待してたら、掃除とか食事の世話とか。どうもおかしい。で、読み進んでいくうちに分かってきた。この話。末期エイズ患者の生活支援サービスをする女の子の話なんですね。先入観たっぷりで、どうもすみませんでした。

全11編の短編。全部が同じ主人公(わたし)やから、つながってるともいえるけどね。それぞれの話、一つ一つを取り上げても、とても面白い。こういう話を読んで「面白い」というのは不遜なようにも思うけど。でも、妙に深刻にならず、情緒過多に陥らず、むしろ淡々と書き綴られているところに好感が持てます。

患者もいろいろで。静かに病気を受け入れる人。子供のように駄々をこねるひと。見た目にも衰えていっているのに、いつまでも元気で居ると思い込んでいる人。それぞれに暖かい目を注いでいて、それでいて感情は抑えられている。といって、たんなる現場レポートじゃなく、ちゃんとした物語になっている。

こういう文章を読むと、ある意味で自分がその場に立ち会っているような気になります。そして、自分はエイズに対してどれほど知っているかっていうと、ほとんどなにも知らんねんなあっていうことを思いしらされたり。あるいは、死期が迫ったらどうなるんやろう、周りの人は、そして自分は、などということまで考えさせされてしまったり。

そういう風に「考えさせられる」小説でした。それが、あんまり深刻に落ち込まずに考えることができる、そういう気にさせる、見事な物語でした。
[PR]

by tacobu | 2006-04-30 18:39 |
2006年 04月 30日

心の旅路(1942年・アメリカ)

久々に

映画のページを書くのも久しぶり。しばらく映画を見ていなかった、のではなく、書くのが面倒だったんですな。なにしろ映画のことを書くとなると、主演はだれそれで監督はだれそれで、あらすじはこんなんで・・・・などという要約が難しくてね。それを書き出すとほとんどそれだけで終わってしまいそうな気になるんですね。しかも正確に書こうと思ったら、いろんな資料を揃えないといけないし。そんな、めんどくさい。

しかしまあ、そういう資料をちゃんと揃えて書かないといけないというルールも無いわけで。そういう詳しい内容というか、詳細なデータはネットを検索すればいっぱい出てくるからね。少々舌足らずでも、とにかく見た映画の感想を書き留めておくのがいいかも。もちろん自分のためにね。

「心の旅路」っていうのは全然知らん映画やったな。Yahoo動画で配信されているのを見ました。ぶたこが先に見ていて、「これはええで(^oo^)」と薦めてくれたので見てみました。1942年のアメリカ映画。古い。モノクロ。でも映像はきれい。

第一次世界大戦の後遺症で記憶を失った男。終戦のどさくさに紛れて病院から抜け出し、踊り子のポーラと出会います。ポーラはこの男スミスを助けようと、ふたりで田舎町へと引っ越します。そこで結婚し、子供ももうけた二人。しかし、仕事を求めて出かけたリバプールで事故に遭ったスミスは、昔の記憶を取り戻し、逆に記憶を失って以後の記憶を失うんですね。(ああややこしい。)そして、実業家であった父親の跡を継ぐことになるのですが。

メロドラマですなあ。メロドラマといえばすれ違い、と恩田陸も書いてたけど。そういえば「片方が相手のことを覚えていて、もう一方はさっぱりわからない」というのは恩田陸の「ライオンハート」そのままともいえますね。いやもちろん、設定は全然違うけれど。

昔の映画なので、女優さんの写し方とかがまあワンパターンになってるきらいはあるし(いつもソフトフォーカスなんですね)、アングルとかも特別びっくりするようなものはないねんけど。主演のスミス(レイナー)を演じるコールマンの、時々記憶を取り戻しそうになって、ふっと自分がなくなってしまう表情とかは、うまいですねえ。いろんなことが表現できてて、すごいなあと思ったな。

そしてラストの一瞬まで、ひっぱるひっぱる。もうこれでもかっていうくらい、いやっちゅうくらいにひっぱりましてね。見てる方が「あああああ!」と思うシーンが最後の方には満載でしたな。このまま終わるのか?と思わせておいて・・・というラストは、予想していたとおりやったけど、それでもジーンときてしまったな。やっぱりええナア、古いラブストーリーは。



2月も3月もなにも書かへんかったけど、何本か映画は見た。ちょっとずつでもこれから印象に残ったことを書いていこかな。できるだけ、見てすぐに書くことを目標にしよ。でないと忘れてしまうし、日にちを置くとなにより書くのが億劫になるしな。
[PR]

by tacobu | 2006-04-30 12:00 | 映画
2006年 04月 29日

欲しいもの

こないだからビデオがそろそろ寿命になってきてるってことで。新しいのを買うべきか。そのついでにテレビも新しくするべきか。いろいろ悩んでます。

わが家にはテレビが2台ありまして。食堂というか、2階のダイニングに1台、3階に1台。2階のテレビはテレビデオで、画面も小さく15型。3階のテレビは画面が大きい。でも普段は2階で過ごすことが多いんですね。パソコンもあるし。ご飯を食べるのも2階やし。ご飯を食べながらテレビを見ることが多いし。

くつろぎながらテレビを見るのは3階で、そういうときは大きな画面で見たいなあということで、3階のテレビは大きいんですけど。でも普段見るのは2階。これってどうよ。

普段見るところにあるテレビも、大きな画面がいいなあとも思うんですな。ぶたこが言うには、最近のテレビ番組は「字が小さい」。たぶん大画面テレビの普及で、それに合わせた文字の大きさになっているのではないかというのです。そう言われればそうかも。昔に比べると小さくなっているかも。できるだけ映像を大きく取りたいというのもあるんでしょうね。

字が小さくて一番困るのはやっぱり野球中継でして。ストライク・ボールの数字が見にくい。カウントもそうやけど、点数も見にくい。さらに最近は選手ごとに出てくるデータの文字も見にくい。ううむ。これは問題かなあ。

となると、やっぱり大画面のテレビで見たいかなあ。ブラウン管でもええんですけどね。液晶よりだいぶ安いみたいやし。「ちらつきが」とか言う人もいるけど、ずっと昔のテレビに比べたら、走査線もきれいになってるはずやし。

あとねえ。そろそろ携帯電話はどうやろうという話しもしてましてね。ぶたこと。わたしら夫婦して携帯を持ってないんですね。こないだ電気屋さんで兄ちゃんにそう言うたら「珍しいですね」と言われてしまいましたが。

あらためて見てみると、かっこええのがいっぱい出てますなあ。デザインもいいし。機能もいろいろそろってるみたいやし。とりあえず各社のカタログだけをいただいて帰りましたが。

で、いろいろながめて考えてたけど。さて、ほんまにわたしらの生活に携帯が必要かと言われると、どうもそんな気がしないんですね。だいたい僕は会社の、同じ席に座ってるし、ぶたこはだいたい家にいてるわけやし。そうすると、ふたりで連絡を取るのは普通の電話でいいわけですな。無理に携帯を使う必要もない。まあ、会社の電話を使うのはどうかという話もあるけど、そんなにしょっちゅう、しかも長話をするわけではないので、どおってことはないでしょう。ま、そんなこんなを考えると、お金もかかるからしばらくは持たないままでしょうなあ。

実は今日、会社で携帯とパソコンの設定を頼まれまして。はやや。パソコンのことはまだ分かるけど、携帯はさっぱりやがな。と思いつつ、まあこの機会に勉強もしよかと思って設定しましたがね。携帯のことがさっぱり分からないので、困りましてね。なにがって。スイッチはどれよ?(^◎^;)。バイトの子に聞いて初めて分かってね(^◎^;)。まあ、わからんこともあるわな。ともかくもマニュアルを見ながらやったらすすすっとできて一件落着。すすすっといきすぎて、勉強にもならへんかったけどね。
[PR]

by tacobu | 2006-04-29 22:02 | ひとりごと
2006年 04月 29日

阪神6-3ヤクルト

甲子園はいい球場やなあ。っていうのを昨日書こうと思ってて忘れてたな。なにしろ負け試合やったから(^◎^;)。
応援がいい。まあ球場全体がほぼ阪神ファンやからっていうのもあるやろうけど。みんな「安心して」応援してるって感じ。試合そのものに安心してなくてもね(^◎^;)。

さて。今日は最初から先発安藤の調子がいまひとつで、ヒヤヒヤしながら見てたけど、先取点はタイガース。シーツのスリーランHRで3点リード。7回にはここまで無失点の金澤くん。これでこのまま完封リレーか。
しかあし(^◎^;)。青木にまさかのスリーランHRを打たれて。あらら。このままヤクルトペースか。

しかししかし。抑えに出てきたヤクルトの投手陣が大崩れ。五十嵐、高津の3四球で一死満塁。投手は4人目の高井に交代。ここで金本の当たりはピッチャーゴロ。万事休す、と思ったその瞬間、焦った高井が本塁にとんでもない悪送球。2者が帰って勝ち越し。8回裏には鳥谷にHRも出て。8回は藤川、9回は久保田がおさえて勝ちました。勝ち投手は金澤か。皮肉にもね。



それにしても。五十嵐、高津っていう、昔は名前を呼ばれただけで「あ~あ」と思わせたピッチャーの不調。兼任監督の古田も調子悪いし。なんかちょっと、寂しいですね。宮本が打撃に守備に頑張ってるのけど。なんかね、絶好調の時を知ってる人が調子が悪くなって、「時代が変わったかなあ」って思うのって、自分自身に帰ってくるんですよね。それが余計に、さびしい。
[PR]

by tacobu | 2006-04-29 20:28 | スポーツ
2006年 04月 28日

阪神2-6ヤクルト

いやあ、昨日とは全く逆の展開になりましたな。2点リードしてて。井川の調子もよさそうに見えたので、これは、今日は完封かな、と期待したんですが。

7回に同点、8回に逆転(-◎-;)。
実を言うと、敵ながらラロッカは好きな選手でしてね。広島時代から。はい。だからHRを打ったのはうれしいけど、この場面で井川から打つとはなあ。まあさすがやな。
小刻みな投手リレーで阪神の反撃を抑えたのも、昨日の阪神と似てますな。

まあ、いつもいつも勝つわけはないのでね。ただなあ、巨人が今日も勝ってるのが気になるなあ。気にしてもしゃあないけど。他のチームのことやし。

それにしても。今年はニュー井川というてたのになあ。去年の井川と似てたよなあ。ただ、ベンチに帰ってからの表情は、去年とは違ってたように思ったけどね。ピンチの場面で、内野手が集まってきたときも、なんか去年と違う雰囲気があった。
だから、この次は、きっとやってくれるでしょう。ねえ。
[PR]

by tacobu | 2006-04-28 23:42 | スポーツ
2006年 04月 28日

また、ヘリ

昨日の堀江元社長保釈の報道は、一体何だったんでしょうねえ。今日も朝からその様子を放送してたけど。

なんでまたヘリを飛ばして生中継するかなあ。報道ステーション。一生懸命放送してるようで、実はいっぱい手抜きをしてるんやないかと思ったな。というのは、ヘリの中継画面が映ってる間は、コメントを言う必要はないもんね。「今○○を通過しました!」とか「××の角を曲がりました!」って言うだけでええねんから。それって、報道と言えるんやろうか。

ヘリの音(やと思う)にかき消されて、堀江氏のしゃべってることはほとんど聞こえなかった。ああ皮肉。
[PR]

by tacobu | 2006-04-28 22:03 | テレビ
2006年 04月 27日

横浜5-12阪神

仕事から帰ったら、4点リードされてて。なんと杉山くんが満塁HRを打たれやんやと。あああ。今日あたり、連敗してる横浜が根性を出して勝ちにくるかもなあ。と思ってたし、ピッチャーは杉山くんやし。と言ったら失礼やけど。

しかし、しかし、しかあし!これが連勝チームの勢いというのか、後半になって打線が爆発。横浜のピッチャー陣に襲いかかり、後半だけで10得点!(^◎^)。
今日のヒーローは矢野捕手。2HRに1犠打で計4打点。2本目のHRはリードされた場面での一発だっただけに、その後の打線に勢いをつけたね。去年の矢野が帰ってきたかな(^◎^)。

それと。後半の得点は大きい当たりがあんまりなくって、ヒットをつないで取った得点やった。これは大きいな。いままでHRとかで大量得点はあったけど、タイムリーが少なかったからね。まあ横浜のピッチャー陣が不調やったこともあったけど、コレをきっかけにつなぐ野球を続けてほしいなあ。

これで勢いに乗って甲子園に帰ってくるんですね。この調子で頑張ってほしいなあ。
[PR]

by tacobu | 2006-04-27 22:02 | スポーツ
2006年 04月 26日

犯罪者追っかけ狂想曲

ううむ。たいしたことない題名をつけてしまったな。そう、今朝の、姉歯元建築士らの逮捕劇です。「劇」と言うほどのこともないねんけど。

どうして警察に出頭するところを映さないといけないんでしょうねえ。実況中継する意味っていうのはなんなんでしょ。以前の、ライブドアの堀江社長が逮捕されたときも思ったけど。あの時はもっとひどかったな。ヘリまで飛ばしてね。堀江社長が乗ってる車を上空からずっと追っかけて。なにをしてるんだろうねえ。ヘリ1台飛ばすのに、どれくらいかかってるんやろなあ、なんてことを思ってしまったな。

今回、ヘリはなかったけど。警察の前にはカメラの砲列。姉歯氏が乗った車が近づくと、ここぞとばかりにカメラマンがどどっと車の周りに集まって。フラッシュが一斉にたかれて。あああ。それで撮れる写真に、どういう意味があるんやろう。

なんてことを考えていて、夕刊を見たら。なんと帽子をかぶってはるじゃありませんか、姉歯さん。そうか、こういうのが撮りたかったのか。って、事件とは何の関係もないなあ。

いや、今度の逮捕そのものからして、耐震偽装とどれくらい関係のあるものやったのかどうか。容疑がどうもあいまいで。国会で証人喚問までしたのに。

僕はどうしても国土交通省と建築会社と検査機関との癒着のようなものを想像してしまうんねケドなあ。そこのところは、どうも曖昧なままで終わりそうやなあ。あの、元大臣は、何の責任もとらへんまま、終わってしまうねんやろナア。なんかむなしいのである。おまけに、構造計算そのものの信頼性まで疑われるような話もでてきたし。あの、独自で計算して「自信があります」と言うてた建築士の人、どうなってんやろう。計算方式がいくつもあって、こっちで計算するとOKで、あっちの計算式ではダメダメになるっていう話もあったな。

そんないろんなあれやこれやが、全く解明されないまま終わりそうな、今日の報道ぶりであったよ。
[PR]

by tacobu | 2006-04-26 22:01 | テレビ