たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 30日

【それゆけ、ジーヴス】P・G・ウッドハウス(森村たまき訳・国書刊行会)

バーティー-ジーヴス本もこれで4冊目か。一部の批評家には「ウッドハウスは1冊読むのも100冊読むのも同じ」という評価もあるらしく、つまりはワンパターンのお笑いものなのだが、どれも面白いのだから、脳天気に楽しむにはいいのではないかなあ。モームも「読書は楽しみのためにするものである」と言うてるくらいやし。
「それゆけ、ジーヴス」は短編集。第一話はジーヴスが初めてウースター家に来たときの話。すでに才気を発揮して主人たるバーティーの苦境を救うとともに、保守的なセンスをも発揮して、バーティーの洋服センスをコテンパンにけなしたおすのもいつもどおり。そして苦境を救った代償として、バーティーはジーヴスの言いなりの服装になってしまうのでありました。
ここには全10話が収められているが、そのほとんどがイギリスではなくニューヨークのフラットが舞台になっている。当時(1930年代)はニューヨークに居を構えるのが貴族の間で流行っていたのかなあ。
さて、興味深いのは第10話で、この話だけ語り手がいつものバーティーではなく、ジーヴスになっている。そして如何にして権謀術策を労して、主人をやりこめるかのその手際が語られるのであるな。
これを読むと、いつも主人であるバーティーが苦境に立たされるのも、実はジーヴスの策略(自分好みの服装をさせたいがための)ではないかと勘ぐりたくなってしまうのである。最高だ、ジーヴス!
[PR]

by tacobu | 2007-09-30 23:57 |
2007年 09月 30日

【東京夜話】いしいしんじ(新潮文庫)

いしいしんじの初期短編集。なんとも不思議な味わいの作品が収められている。「生ゴミ」の話など、筒井康隆風。とても筒井風。こういうところから出発したのか。
全体の印象は、ちょっと玉石混交気味。まあバラエティに富んだ作品を楽しめる、と言えなくもないけど。
「クロマグロとシロサケ」は甘すぎるし。でも、のちのいしい作品に通じる暖かさと不思議さはすでにあって、他の作家とはちょっと違うなあと思わせるものがあるね。って、いしいしんじをそんなに読んでないくせに(^◎^;)いうのはおかしいか。


久しぶりに読書感想文。いやあ、本を読むヒマもあんまりないくらい、野球に入れ込んでしまっていたわ。
ほんまは読んだその後、すぐあとに書くのがいいんやろうけどね。野球を見たすぐあとに感想を書くみたいにね。でも読み終わった後、あんまり時間がなくて(寝る前に読んだりすると、読み終わりが就寝時間、ということになったりする)、結局後回しになる。
そんなわけで、読書感想文がたまっていくのですな。たまっていくっていっても、自分の中で「あれを書かないと、あの本を読んだと書いておかないと」と勝手に思ってるだけですけどね。
[PR]

by tacobu | 2007-09-30 23:56 |
2007年 09月 30日

【阪神3-5広島】(9月29日)

昨日、甲子園に見に行ってました。甲子園、最終戦。で、一夜明けて書いてます。
阪神先発は福原。なんか知らんけど、わたしらが観戦するときって、福原先発が多いような気がするんですよねえ。気のせいかなあ。
で、あんまり芳しくない成績なんですよねえ(-◎-;) いつも。

昨日も2回もたずに降板。ううむ。先日の安藤に比べると、テンポよく投げてたように思うけどなあ。なんか、合わせやすかったのかもしれませんね。
今年はホンマに広島にいっぱいやられて(-◎-;)、昨日もその調子。なんか、合うんでしょうかねえ。
ま、「合う」だけやったらそんなに点も入らなかったでしょうが、球がバットに当たって飛ぶ、ということは、球威もあんまりな言ってことなのかなあ。
あとをつないだリリーフ陣(渡辺、江草、ダーウィン、橋本)が1失点で切り抜けただけにね。惜しかったな。

それより、打線の湿りぐあいがどうにもいけませんね。前半はチャンスらしいチャンスも作れず。とにかく打線がつながりませんなあ。
雨も降ってきた8回裏。もうココしかないというチャンス。桧山、今岡のタイムリーで2点を返し(途中の金本が・・・)なおも2死1,2塁でリン。という最高に盛り上がった場面やったけど・・・・あえなく三振(;◎;)
わっしょいわっしょいがしぼんでしまった(-◎-;)
9回裏には桜井がバックスクリーンに一発\(^◎^)/
雨の中、最後まで残ってて得したよ。そう思わせる桜井は、なにか持ってるね。

なんていう楽しみはあったものの・・・・
試合は結局5-3で、反撃虚しく広島の勝利。
試合終了後、最終戦ということでセレモニーが行われましたが。
去年も見たなあ。「セレモニー」っていうから、どんなんかと期待してたら、「今年も応援ありがとうございました」という横断幕が出てきて、選手がマウンド上に整列して、場内アナウンスが「なお一層のご声援をよろしくお願いします」とか言って、で、選手一同が帽子を取って内野、外野に一礼して。終わり (^◎^;)
ま、そのあとサインボールの投げ入れなんかがあるんやけどね。今年はそれに、六甲おろしの合唱もあったけど。勝ったときに流れるカラオケね。昨日は負けても流れる、ということになっていたのだな(応援団の人たちが知らなかったのか、さっさと歌い始めたころにイントロが流れ出して、はれれ? って感じになってました(^◎^;))
前は監督あいさつとか、選手会長あいさつとかがあったのになあ。なんで無くなったのかなあ。監督は派手好きじゃないっていうのはわかるけど。負けたからかなあ。勝ったらなにかあったのかなあ。選手会長の赤星とか、なにか言いたいことがあったんちゃうの? とか思ったけどね。ま、球団が考えることですけど。

それにしても今年はほんまによお行ったな、甲子園。何回行ったやろう。ここに来て、3連戦のうちの2つも見ちゃったしね。どっちも負けたけど(^◎^;)
昨日は家に帰ってから、録画してあったビデオを最初から見直してね。夜中までかかりましたよ。でも最後やから、ちゃんと見とこうと思ってね。
球場で見たんやから、なにもテレビで見直さんでもええやないか、という声も聞こえそうやけど。テレビはテレビで別の楽しみがありますわな。球場では確認でけへん、選手の表情とか、ストライクボールの細かい動きとか。
それに昨日の解説は福本豊さんで、ずっと阪神の試合を見つづけてるプロの目から見た評価を聞きたかったし。
実際、中日戦の1戦目を見終わって、復帰したリンくんが無安打やったから(今岡はよかった)、「まだ調子が悪いのかなあ」と思って家に帰って、福本さんが解説しているのを見たら
「いや、バッティングは悪くはないですよ。問題ないです」
と言うてはって。そうか、悪くはないのか、と思ったら次の試合は決勝ホームランですガナ。やっぱりプロの見る目は違うわなあ。

球場で応援していると、投げた、打った、走った、取られた、取った、点が入った、点が取られた、といちいちのことに一生懸命で、細かい配球とか、勝負のあやとかがあんまり見えないんですなあ。
昨日も2回。鳥谷の頭上をポンと超すヒットがタイムリーになった場面なんか。球場で見てると取れそうな気がするんですよね。でも前進守備だったから取れなかった。後ろに落ちた。なんで前進守備やったかというと、その前に一死1,3塁で、一塁ランナーが盗塁を決めた。で、一気に2失点という可能性と、ダブルプレーが取れないということで、一点もやらない守備体形になった。そこで生まれたポテンヒット。
「一点もやれない」と思ったのは、ここのところの打線の悪さというのもあったやろうから、あれで失点して、投手も野手も「すまん」と思ったやろうなあ、というのが、そのあとの選手の表情からもうかがえるんですね。
9回裏の最後のバッターとなった秀太も、最後の球を空振り三振したのは、球場で見てると「なんと中途半端なスイングで!」と思ったけど、ビデオを見るとどうもクサイ球をカットしに行ったようにも見えるんですね。ただカットする技術が(^◎^;)
桜井に一発が出ただけに、ここでさらに望みをつないで、という気持ちがあったのは間違いないし。しかし結果がでなかった。

そんなこんなを思いながら試合を見るのが楽しいです。
よく「筋書きのないドラマ」なんていう言い方をするけど、表面に出ているもののその向こう側の、さらに奥の選手や監督の考えや心理をいろいろ考えると、とても面白い。ひとりひとりの考えが、その時その時の状況によって変わったりして、とても面白い。チームプレーなんだけど、ピッチャーとバッターの一対一の対決もあって。そこにはキャッチャーっていう影の指令もあって。さらにはデータを集める裏方の準備もあり。そのすべてが、しかし思いどおりにはいかないときもあって(^◎^;)
だから野球は面白いのだなあ。

昨日も先発福原、と聞いて、「えっ? なんでこんなときに福原?」と思ったけど(失礼!)、そこにはいろんな考えがあったんやろう。わたしらの思いも及ばんこととかも。鳥谷を交代させたのもそう。どんな考えがあったのか。あるいは鳥谷はいままでどんな思いで試合をしていたのか。連続出場の「先輩」である金本はどう見てたのだろう? その金本の調子も上がってこないし。
セレモニーで、スタンドにサインボールを投げ込んでいた藤川や赤星は、どんな気持ちだったんだろう。
僕らファンは気楽に「優勝!」「マジック!」「絶望!」とか言うけれど、本人達の思いはどんなんやったんやろう。
いろんな思いが渦巻いた最終戦であったよ。
[PR]

by tacobu | 2007-09-30 13:06 | スポーツ
2007年 09月 28日

【阪神2-1中日】

きのう、わたくし、ウソを書いておりました。
「横浜に自力優勝の可能性」などと。まさか(^◎^;) 横浜には「自力3位の可能性」の間違いでありました(_◎_)
ぶたこに指摘されるまで、まったく気がつきませんでしたわ。

さて、今日の試合。ようやく連敗ストップ\(^◎^)/
しかも1点差で(^◎^;) リンくんの一発が決めてくれましたね。その時ランナーに出ていたのは、フォアボールを選んだ今岡。復帰したふたりで2得点\(^◎^)/ なんか、気持ちいいじゃああぁりませんか(^◎^)

なにしろ1点で押さえた投手陣がえらかったね。なかでも先発の上園は、いま阪神で一番頼りになるピッチャーかもしれませんな。マウンド度胸も含めて(それが一番大事だったりする)将来のエースになる要素、たっぷりであるよ。楽しみやなあ。
そして将来の中軸打者(すでにそうなりつつある(^◎^))リンくんの一発は、ライトフェンスぎりぎり、アルプススタンドの出っ張りに入るライナーやったね。あれなら甲子園の浜風も関係ないから、これから何本も打てるかも。って、今年はあとちょっとしかないけど(^◎^;)
痛めてた肩の調子は、大したことはなさそうやなあ。よかたよかた。

最後を締めた藤川。相変わらず変化球主体の投球内容やったけど、時折投げる直球はスピードにのってたから、この組み合わせでいいんではないか。
と、勝ったらいろいろいい方に考えてしまうのであるな(^◎^;) げんきんなファンなのだ。
明日も勝って、甲子園の最終戦を飾ってほしいなあ。今の甲子園でのサヨナラ試合やもんね。

b0023293_23163031.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-28 23:16 | スポーツ
2007年 09月 28日

【阪神1-4中日】

辛いなあ~。今日も負けちゃったよ。
連敗を止めるべく、甲子園のライトスタンドから応援したんやけど。今季は勝率もエエから(わたしらが応援したときの)今日ぐらいは勝つやろう、まさか8連敗は・・・・と思った、その「まさか」が起こってしまった(-◎-;)

先発の安藤は、初回から何度もピンチを背負って、その度になんとか無失点で抑えてたけど、5回表に先頭のピッチャー川上に打たれて、がっくりきたのかなあ。続く井端にフォアボール。ノーアウト1,2塁で、今日は2回に渡って送りバントを失敗している荒木。
またバント失敗してくれへんかなあ・・・・と思ったら、なんと今季1号のホームランを打ちよりましたガナ(-◎-;)

これで意気消沈。というわけでもないんやろうけど。
6回、7回の無死2,3塁のチャンスで、計1点しか取られへんとは・・・・・。

弱っ(-◎-;)
と思ったな。今日はホンマに。中日が強いというより、阪神が弱すぎ。
今日は荒木のバント失敗なんかをみても、中日選手はやや堅さが目立ったのに、そこにつけ込むことも出来ず。逆にチャンスを生かすこともできず。

そんな中。明るい話題は今岡とリンの復帰かなあ。両選手とも、しっかりとしたバッティングをしてましたよ、ええ。今岡は守りもバッチリやったし(リンは、ちょっと・・・というときもアリ。でもまあ、あんなもんでしょう)
今岡の2塁打には、ちょっとだけ明るい気分にさせてもらいました。点にはならんかったけどね。

で、なんですか。横浜に自力優勝の可能性が出てきましたかっ! それはイカン。お尻に火がついてきたね。
弱いチームでも勝つときには勝つ。いつかは勝つ。それを信じて最後まで応援しよう。もしも、のことが起こっても。
(今日は甲子園での応援でしたので、ノォトはお休みです。せっかくの今岡の復帰でしたが(^◎^;) また描くときがあるでしょう。うん、きっとあるさ!)
[PR]

by tacobu | 2007-09-28 01:45 | スポーツ
2007年 09月 26日

中秋の名月の次の月

きのうが中秋の名月だったのだね。
でも、今日の方が満月に近いらしい。
というわけで、デジカメで月を追ってみました。

b0023293_2319281.jpg

b0023293_23194438.jpg

b0023293_23195988.jpg


月を撮るのは難しいです。でもデジカメでもそこそこは撮れる、ということですな。うほほ。
[PR]

by tacobu | 2007-09-26 23:26 | 日記
2007年 09月 26日

【横浜6-1阪神】

はい。今年もいろんなことがありましたね。9連敗もありました。10連勝もありました。
一度は見失いかけた目標が、諦めかけたときにとつじょとして現実のものになったこともありました。
しかし、今日でその目標のひとつがなくなってしまいました(;◎;)

この大事な試合でボーグルソンを先発にもって来なければならないという苦しさ。いや、確かに今年はいろんな場面で助けてもらったけどや。先日の巨人内海へのデッドボール、その後の態度を考えると、今季はもう登板はないものと思ってたよ。
そのボーグルソン。序盤はまずまずやったけど。4回にランナーを背負うと、一気に崩れ出して。
一死満塁から佐伯に満塁弾を浴びてしまった。
今の阪神にはあまりにも大きな失点を一気に背負ってしまったね。
代わった橋本も、村田に一発、石井琢郎にタイムリー。これで勝負アリ。
渡辺、江草はよかったけどね。金本も意地の一発を打ったけど、焼け石に水。

巨人が中日に勝ったので、阪神の今季の優勝はすっかりさっぱりなくなりましたとさ。
ほんとにお疲れさん(_◎_)
でも今年はまだ終わったわけではないよ。クライマックスシリーズもあるし、そのまえにまだ6試合も残ってるやないの。
一試合一試合、今までどおり、しっかりとした試合をやってくれ。
ファンは最後の1試合の最後の1アウト最後の1球まで見届けるであるよ!

b0023293_23125069.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-26 23:12 | スポーツ
2007年 09月 25日

【危険体重はどうなる?】

おととい、友人たちと飲み会がありまして。飲み会に行くのは久しぶり。まあ久しぶりの友人が集まったのでね。
で、ビールを飲んだのも久しぶり。一杯だけですが。それでもちょっとしんどいかなって感じ。ほんまに弱くなったもんです。

飲み会は夜。それに備えて、朝からちょっと小食ぎみにしたのだが、その甲斐もなく、帰宅して体重を測ったら62.4kg。
飲み会には、ただいまダイエット中(しかも成功している)友人も来ていて。ううむ。やせると顔の相もちょっと変わるのだなというのが、その友人を見るとよくわかる。だったら体の相も変わるだろう。変わりたいものだ。

ただ。いまのところ漠然と「ちょっとやせたいな」と思うにとどまっている。
先日、やせることで着られる服も増える、逆に新しい服を買う必要もなくなるのでは・・・ということを書いたが。
逆に、お金をかけてダイエットをして、苦労した末に1着か2着の服が着られる!と喜ぶかどうかを自問したら、そうなったら体に合った服を買った方が、らくちんなのではないかという悪魔のような答えが返ってきて困っている。
時間をかけお金をかけ気持ちも高く持ち続け(これが一番向いていない)体重減にいそしめるか・・・・自信がない。

とはいえ。このでっぷりとしたお腹がちょっとでもひっこんだら、歩くのも楽になるだろうナア(今はちょっと疲れが先に立つ。歩く速度も遅くなっている)とも思うのだな。
というわけで。そんなに苦労しなくてもできること、ということで、朝、ひと駅だけ歩いてみた。ううむ。いい感じかも。季節もよくなってきたしナア。めちゃ汗を掻くということもない。さわやか。目が覚める。気分がいい。と全てがうまくいくわけではないが(^◎^;)
こんなことを書くと、しばらく続けなければというプレッシャーにもなるなあ。まあ、ちょっとだけできることをやってみて。効果もちょっとしかないだろうけれど。
ああ、そういえば以前は地下鉄ふた駅ウォーキングとかやってたなあ。と、さらに墓穴を掘るのである(^◎^;)
[PR]

by tacobu | 2007-09-25 22:30 | 日記
2007年 09月 25日

【横浜4-3阪神】

つい先ほど、試合が終わったところです。
はああ~~~(-◎-;)
連夜に渡って藤川が打たれ負け投手に。
そんなことはあるやろうけど、2日も続けてあるとは想像してなかったよ。
今日勝てば、自力優勝復活の可能性もあったのになあ。
などと泣き言を言ってもしかたない。
ああ、あの9回表、ノーアウト満塁で1点しか入らないとは・・・・と嘆いても仕方ない。
負けは負けです。これが今の実力かなぁ・・・・。
そう思うと、ここまでよく頑張ってきたよ。
いつかは連敗も終わるやろうし(シーズンが終わるまでには)、いつかは勝ってくれるよ。
そのときは、もっとハジケるくらいに嬉しいはず。それを楽しみにしよう。
(ノォトも気合いがはいってない。点数を書くの忘れた(-◎-;))

b0023293_2218198.jpg

[PR]

by tacobu | 2007-09-25 22:18 | スポーツ
2007年 09月 24日

【広島やったとです9月15日】その2

いよいよなんのことかわからん題名になってます。ご容赦を(_◎_)
さっき書いたように、とてもいい天気になったおかげで、そんな天気に公園の中をうろうろしたおかげで、もうかなりくたびれた。もう三日目やしな。関係ないか(^◎^;)

荷物をホテルに取りに行って、さて最後のひと仕事。
「バターケーキの長崎堂」というのが有名らしい。なんでもバターケーキだけを売ってるのだと。そしてその日の分が売りきれたら、おしまいというこだわりのお店らしい。甘いもんには目がないわたしら。見逃すわけにはイカン。
というわけで、地図を頼りにてくてくてくてく。
あった!
しかし・・・・・
b0023293_22281142.jpg

b0023293_22282673.jpg


ううむ(^◎^;) ウワサは本当であった。すでに閉店(^◎^;)
まあ、今度来たときは朝イチで買いに来よう。うん、今度来るときの楽しみが出来たっちゅうもんやね。

電車に乗って・・・・・と、この電車、カープ電車ですガナ(^◎^;)
b0023293_22284230.jpg


なんか、カープに見送られてるようやなあ。

最後に立ち寄ったお店は、ふたたびの「たむら」です(^◎^)
ぶたこは「宇治ぜんざい」を注文。「クリームぜんざい」の宇治アイス版、というところか。
b0023293_2229361.jpg

b0023293_22291955.jpg


というところで、カメラの電池が切れた(^◎^;)
「電池を入れ替えてください」という表示とともに、レンズがしゅーっと本体にしまわれていったのでした。はらら。

でも、ま、撮りたいものは大方撮ったし。あとはぶたこの撮ったものでも十分やし。
そんなわけで。
このあとは駅の構内でおみやげの「カープカツ」を買い(わたくしの会社用。なかなかウケがよかった)、車中の夜ご飯にと、「むさし」のおにぎりを買い。
「むさし」のおにぎりは、めっちゃうまいです。わたくしは「山賊にぎり」という、普通のおにぎりの4倍はあるサイズのジャンボおにぎりを食べましたが、これひとつでお腹一杯になりますぜ、だんな。
がたごとと、普通電車(とちゅう快速)を乗り継ぎつつ、帰宅したのでありました。お疲れさまでした(_◎_)
また行きたいなあ。こんどは青春18切符で。6時間ぐらいで行けるってことが分かったからね。
市民球場も来年限りやし。
[PR]

by tacobu | 2007-09-24 22:30 |