たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

今日の晩ご飯はスーパーのお弁当

会社の帰りに買ってきて、家の電子レンジで暖めて、さあ食べましょう、と蓋を開けたら、なにやらタバコ臭いにおいが。
「なんか臭う(-oo-;)」「くさいな(-◎-;)」「タバコ?(-oo-;)」「いや、何かが焦げたような(-◎-;)」
台所に行って火の元を確かめたけど、火の気なし。電気のコンセントも見てみたけれど異常なし。
どうやら、お弁当から臭っている。くんくんと嗅いでみる。
ぶたこのお弁当の、ごはんのあたりから臭っている。
「何これ?(-oo-;)」「変やな(-◎-;)」

ぶたこが、お店に電話した。
「あの、さっきそちらでお弁当を買ってね、電子レンジで温めて食べようと思ったら、なんかタバコみたいな臭いがするんです。なんかおかしいんです。ちょっと見てもらえますか。今から持っていきましょうか?」
と言ったら、店長さんが家に来てくれることになった。いやあ、す早い対応。しかし、適当に家の場所を言うただけやのに(^◎^;)。ほんで、電話番号も聞いてなかったよ。大丈夫かいな。ちょっと心配になって、ぶたこが玄関を出て道の途中まで見に行った。そしたら店長さんがやってきはりましたよ。

お弁当を差し出して、確認してもらう。「うむ、確かに臭いますね。あ、こちら(といって、もうひとつのお弁当を嗅いで)は大丈夫ですね」
さっそく代わりのものをお持ちします。といって、持って帰りはりました。そして「とりあえず、お返しします」といって、お弁当代をその場で返金してもらいまして。
しばらくすると、別のお弁当を持ってやってきはりました。そして、「店で調べてみたら、どうやら弁当の中のアルミのトレイに入ってたゴボウが焦げたみたいです。焦げないように、紙のトレイに入れとくんでした。これから気をつけます」ということでした。
というわけで、お弁当代と代わりのお弁当をいただいたわけで・・・・・。「こういう時ですから」とおっしゃってましたが、まあしょっちゅうお世話になってるスーパーやし、お弁当もよく買うけど、いつもはとてもおいしくてしかもリーズナブルなので(自社製。その店で調理している)、今回のことだけではキライになったりはしませんがね。これからもお世話になるやろし。
[PR]

by tacobu | 2008-02-29 23:38 | 日記
2008年 02月 29日

60.0kg、87cm

もうすぐ2月も終わりであります。2月中はどうやら60kg台を維持しつつ終われそうですな。
やっぱり毎日続けることが大事やね。ほんまほんま。

さて木曜日の楽しみは「鹿男あをによし」
いよいよ今日は、堀田イトの正体が明らかになりまして、さらに教頭先生(通称リチャード)が怪しいということも分かってきました。
わたくしは原作を読んで知っていたので、ほうほうと思いつつ見ていたのですが、原作を知らないぶたこは、いちいち
「堀田イトは鹿顔をしてるから、きっと正体は鹿やろう!」
とか
「どうもリチャードが怪しい!」
とかいうもんやから、さて、筋を知っている身としてはどう反応していいもんやら、迷っていたのですが(「さすが! そのとおりやで、ネエチャン!」と言うわけにもいかず、かといって「うほほ、そういう風に考えておるのか、まだまだ未熟じゃのう」とたしなめるわけにもいかず)、これで晴れて「そう! 堀田イトは鹿なのだよ。そして怪しいのはリチャード教頭なのだよ!」と、話を弾ませることが出来ますな。
とはいえ、まだまだ話は続くので。沈黙は金、と。

それにしてもこのドラマ、ほんまに面白く仕上がってていい感じです。初めのうちは、しゃべる鹿なんかはCGやったのが、ここんところは実写(ロボット?)になってるし、鏡に映る鹿男、鹿女も、CGで処理すればもっとリアルになるんでしょうけど、かぶり物にしているおかげでどこか「おかしみ」が出ていて、これは好き嫌いが別れるところかもしれないけれど、わたくしは好きですね。

一つだけ残念なのは、この話、神無月(10月)の話なのに、たぶん収録が間に合わなかったんでしょうけど、背景の木とかがすっかり葉っぱが落ちちゃって、まるっきり冬の風情。ときどき吐く息が白くなったりしていて。
やっぱりここは「秋の奈良」を演出してほしかったなあ。もみじがばぁっと広がってる様子とか(そんなところ、奈良にはあったかなあ)

それでも、今日も奈良ビブレとか啓林堂書店とか、ローカルな楽しみがいっぱいあって、いやあ関西に住んでてよかったと思ったのでした。
[PR]

by tacobu | 2008-02-29 00:46 | 日記
2008年 02月 29日

【野生の呼び声】ジャック・ロンドン(深町眞理子訳・光文社古典新訳文庫)

「古典」と呼ぶにふさわしい物語ですな。かつて映画にもなったのでは(うろ覚え)。
大型犬のバックは、もともとは裕福な判事に飼われている番犬だったのだが、召使に売り飛ばされて、アラスカでそり犬になる。いろんな人間にかわるがわる飼われて、野生の力を取り戻して生き抜いていく。
「犬と人間の友情」物語かと思ったら、全然違うんですな。かつては少年少女向けに、そういう感動物語として、やや脚色されて翻訳されていたようですが、新訳では(おそらく)かつては訳されなかった場面(ひどい場面が多々ある。なにせ、ゴールドラッシュの時代の、厳寒のアラスカで、犬は消耗品でもあったし、犬同士も隙あらば仲間をも牙にかける、生存競争の最も激しい時代と地域なのだ)も、余さず訳されているらしい。

本当に犬を大事に思い、バックの尊敬を得るソーントンに出会って、ようやく「友情物語」となるのだが、それも一瞬のこと。
そしてなにより、この本のスゴいところは、どこまでも視点がバックのものなのだな。人間から見た描写というものもあるけれど、バックがどう感じたか、バックがどうなっていくかが物語の中心で、そこから離れることがない。
米原万里さんが「犬の気持ちになりきって書いている」といったのは本当だった。
そして、作者の言いたかったことは、犬と人間の共存共栄なんていうことではなく、野生の生活への憧れではなかったか。
最後には狼の群れの頂点に立つことになるバックそのものに、作者の強い憧れを感じるのです。
[PR]

by tacobu | 2008-02-29 00:29 |
2008年 02月 27日

60.2kg、87cm

夕方、どうにもお腹が空いて仕方がなくなって、ビルの地下にあるコンビニであんパンを買って食べたのであるよ。
なんかぼおっとなってしまってね。低血糖ちゃうかっていうくらい。ほんまにそうなったら怖いけど(^◎^;)

で、表記の体重であります。
最近分かったこと。
体重とウェストサイズは比例しない。
店で売っているズボンのサイズは、買い手にとって良心的だ。
だがそのおかげで、油断してしまう(^◎^;)

今日は朝から雨であった。そして一日中雨であった。夜になってさらに強くなってきた。仕事を終わって帰る頃には本降りになっていた。
久しぶりやなあ、こんな雨。最近は降るといったら雪やったからね。暖かくなってくるという印か。でも洗濯物を干したままなんやなあ・・・・
[PR]

by tacobu | 2008-02-27 01:15 | 日記
2008年 02月 27日

ロアルド・ダール2題

評論社の「ロアルド・ダール・コレクション」の2冊を読みました。
「魔法のゆび」(宮下嶺夫訳)「こちらゆかいな窓ふき会社」(清水奈緒子訳)

「魔法のゆび」
カッとなると、指先から光が放たれて、奇妙な事が起こる。学校では先生が変身してしまったし(その後どうなったのか?)
そしてお隣の家族が鹿を撃ち殺すのを見てまたカッとなったわたしは・・・・・
さて、何が起こったでしょう?

「こちらゆかいな窓ふき会社」
お気に入りだったお菓子やさんが閉店になって、あとに入ってきたのはキリンさんとペリカンさんとサルさんの「窓ふき会社」だった。ぼくはその三人(三匹?)と、ハンプシャー公爵のお屋敷の窓ふきを頼まれるが、そこで待ち受けていたものは・・・・・

ロアルド・ダールというと、どうしてもシニカルな笑いを期待してしまうのであります。「チョコレート工場のひみつ」とか「アッホ夫婦」とか。
で、それからいうと「魔法のゆび」は合格点、「窓ふき会社」は、結末が普通すぎて面白くない。ここまでくると読者としても贅沢になるわけです。

さて、このシリーズ、というか、ダールの本のほとんどに挿絵を描いているのはクェンティン・ブレイク。この絵はいい。ややコシのない筆致が大好きです。
[PR]

by tacobu | 2008-02-27 01:13 |
2008年 02月 27日

【ストーリー・オブ・マイ・ライフ】ジェイ・マキナニー(宮本美智子訳・新潮文庫)

「ブライト・ライツ・ビッグ・シティ」に続く第3弾(と、第2弾は読んでません)。
ニューヨークに住む演劇学校に通うアリソンが語る、セックスとドラッグにまみれたニューヨーク生活。ほんまに大丈夫なんかいなと思うような内容なのであります。なにかというとセックス、何かというとドラッグ。
「妊娠した、あんたのせいだ、中絶するから金よこせ」で5000ドルをせしめて、それで学費を払いドラッグを買いパーティーをする。父親からの仕送りは滞りがち。なにしろ若いネエチャンとヴァージン諸島に逃亡してしまったらしいし。

とんでもないアウトローな話なんだけど、あっけらかんとして語られていくので、なんじゃこりゃあと言いつつ、最後まで読んでしまったのであるよ。
よりどころがセックス、っていうところは、金原ひとみにも通じるところがあるけれど、決定的に違うのは、金原ひとみの小説に出てくる女の子たちが、どこまでも男に寄りかかっていて、その男が自分を理解してくれないことにいつも腹を立てているのに対し、アリソンは男の子とを最初から見下ろしていて、どうせセックスの相手、ぐらいにしか考えていないところが痛快ではある。えっ? 見下ろされてるのはわたくしのことですか? ははあ、気がつかなかった。

それにしても、セックスとドラッグとニューヨークって、どうしてセットで「絵」になってしまうのでしょう。いや、そんな風に見ては、ニューヨーカーに失礼でしょうけど。
ああ、そういえばさっき、細木数子センセイが「ニューヨークっていうところはねえ」とか「ブルックリンっていうのはねえ」とか訳知り顔で相原勇に物申してはりましたが、そういう風にひとくくりにものごとを考えてはいけませんな。かならず物事には裏表があって、あるいは第三面も第四面もあって、一面だけではないのでありますよ。そこんところを分かったように物申すのは、聞いててむずがゆいのであります。

そんな話はおいといて。話の内容としてはそんなに目新しくも斬新でもないのですが、ただあまりにも率直に語られるので、気分は悪くはならないですね。うまく料理されたか。でも、とっても満足、ということもないです。
[PR]

by tacobu | 2008-02-27 00:51 |
2008年 02月 27日

【夜中に犬に起こった奇妙な事件】マーク・ハッドン(小尾美佐訳・早川書房)

これはもう、めちゃくちゃに面白かったですよ! 今年になって読んだ本の中で、間違いなくナンバーワン(犬だから、というしゃれじゃなく)
15歳の、養護学校に通う(という事実はずっとあとでちょっとだけ触れられる)クリストファーが書いた「ミステリー小説」という体裁をとっている。このクリストファーが、とんでもない記憶力と天才的な数学力の持ち主。
肝心の話の流れはあっちにいきこっちに行き。それというのも、この本を書きなさいと行った学校の先生が「周りに起こったことも描写するのよ」というものだから、そしてクリストファーときたら、周りに起こったことを、それこそ何もかも覚えてしまうものだから、それをいちいち書いていくときりがなくなってしまうのだ。

そもそもの発端は、先に書いたように先生に言われて何かものを書くことになって、そして書くなら大好きな「ミステリー」ということに決めて(途中に、ホームズの「パスカヴィル家の犬」についての考察がある)
おりしも、近所のシアーズさんの飼い犬が、庭仕事用のフォークで刺されて殺されている現場を見つけ、その犯人探しを始めることになる。
ところが、クリストファーは「見知らぬ人と話すのがいや」とか「黄色と茶色はキライ」とか「ひとに触られるのがいや(掴まれるのはもっとイヤ)」とかいったハンデがあるので、なかなか話がすすまない。
それでもいろんなことが分かってくる。近所の、いままであまりしゃべったことのないミセス・アレグザンダーからは、ミスタ・シアーズとお母さんとの話を聞いてしまうし。しかし、だからどうだというのだ。クリストファーには「悲しい」とか「恥ずかしい」とかいう感情はない。あるのはただ、論理的に正しいこと。曖昧なことはわからない。すべては論理的に考えられて答えを導き出す。ミスタースポックもびっくりだ(スタートレックがすきらしい、ということも出てくる)。

そうやって事件を解決、というか、取るに足らない事件だから解決も何もないのだけれど、ともかく真犯人を突き止めて、そしてさらに冒険は続くのである。
前半は飼い犬殺しの犯人探し、後半はロンドンへのひとり旅の冒険、ということなんだけれど、それがひたすらクリストファーの視点から、ただその一点からしか書かれていないところがすごい。誰とどんな話をしたか、を逐一書いている。そしてそこには感情移入がすこしもない。あるのはただ事実事実事実。あったことをつらつらと書いているだけ。そして事実から導き出される結論と、その結論から導き出される行動。いやあ、ほんまにその論理的に整然としている点、まさしくミスタースポック(また登場してもらいました)。

ずっと読んでいると、いかにわたくしたちの生活が曖昧なものに満ちているのかが分かりますな。なにしろクリストファーは曖昧ということを理解できない。嘘をつくこともない。というか、嘘をつくことができない。だから嘘をつく人を信用できない。そしてお父さんは嘘をつくので一緒には暮らせない。おっと、ちょっとネタバレになってしまう!

それにしても、この主人公のクリストファーはすごい。気持ちを落ち着かせるために、「基数の3乗を順番に考え」、道に迷わないようにするために、螺旋状に(だと思う。とても理解できない方法だ)道をたどっていって「頭の中に地図を書いていく」
さらに、大学入試の上級試験(数学)を受験して、当然のようにAをもらい、巻末にはその時の問題(三角形の証明問題)まで載せている(読んでもよく分かりません。その部分はまったく数学の教科書のよう)
途中に出てくる地下鉄の広告、動物園で見たオランウータンの絵、もちろんフィクションなんだけど、話の本筋とはまったく関係のないどうでもいいような描写が(先ほどのシャーロック・ホームズの考察も含めて)とても凝っていて、それがそのままこの主人公の魅力になっていることが分かる。

ああ、それなのに、そのまわりの大人ときたら!

それからそれから・・・・・と、面白いところがいっぱいなのだよ。最後に、とても大きな希望を持たせてくれるところも、いいなあ。
[PR]

by tacobu | 2008-02-27 00:31 |
2008年 02月 26日

春眠暁を覚えず

春じゃないけどね(^◎^;)。寒いし。寒いときに眠ってしまうと、死んでしまうかも(^◎^;)
晩御飯を食べて、本を読んで、ちょっと疲れたなあと思って、コタツに入ってうとうとしながらテレビを見ていたら、いつの間にか熟睡していたよ(^◎^;)
気がついたらもう11時半。うおっ。

それからお風呂に入り、食器を洗い。
本の感想とかを書こうと思ってたけど、もう眠いので寝ます。
59.8kg、87.5cm

おやすみなさい(_◎_)
[PR]

by tacobu | 2008-02-26 01:15 | 日記
2008年 02月 25日

毎日寒い、いつまで寒い?

今日も寒い一日やったなあ。きのうよりさらに寒さが増しているような気がする。さっきお風呂に入ったんやけど、湯船に浸かった瞬間、足がお湯に溶けていくような気がしたくらいに寒かった。つまり、足が氷になってたってことやね。もちろん、ほんまに氷になってたらびっくりするけど、それぐらい足が冷えていたってこと。

昼間は雪も舞ってたしなあ。
洗濯したんだけど、干してる間に雪が降ってきてまいった。でも天気はよかったし、降るにしてもこの前みたいに積もることもないやろう、何日かのうちには暖かくなるやろうし。暖かくならなくても、雪さえ降れへんようになったら洗濯物は乾くから、と思ってそのまま干してやった。
実は昨日の夜は風が強くて、朝起きたらタコアシ型の(といって分かるかどうか。3段になっているタオル干しみたいなもの)洗濯物干しが、みごとに倒れていて、というか、昨日の夜倒れているのを見たんやけど、起こしてもまたすぐに倒れてしまうやろう、そうなるより風の強いうちは倒れたままにして置いたほうがいいんちゃうかと思って、そのままにしておいたのだな。で、お昼に、洗濯物を干す段になってようやく立て直したってわけ。
ところが、洗濯物を干したあとも一度、倒れてしまいましたがね。風の威力はすごい。各地で被害も出ているみたい。春一番か。まるで台風並みやなあ。

風にあおられて歩きにくくなる、ということはないけれど、いろんなものが飛んでくるっていう危険はあるからね。気をつけないと。

洗濯をしたのは午後。午前中は教会の礼拝に行って。ああ、寒かった。
帰ってきてから洗濯したってことやね。そのあと、というか洗濯機をかけながら、ラジオで阪神-オリックスのオープン戦の中継をやっているのを聞いていた。こんなに一生懸命になってどないするんやろうと、われながら思うんですが、でも気になるというか、楽しいというか。試合内容はあんまり楽しいもんじゃなかったけど。
洗濯を干すのも終わって、テレビの中継もちょっとはさみつつ(ラジオは最後まで中継。NHKもよおやるなあ)、コタツに入って聞いてたらついウトウト。気がついたら9回の裏、満塁のピンチ(^◎^;) ピッチャーはいつの間にか能見くん。今年は変身するっていうてたなあ。と思ったら、サヨナラ満塁ホームランを打たれたよ(^◎^;)。やってくれるねえ。

どうも投手陣に元気がないのが気になるなあ。まあ、この時期は野手の仕上がりの方が早いというし、それに今日は特に寒くって(高知でも6度しかなかったとか)、投げる方は大変やったようやけど、それでも条件は相手チームも一緒やからね。
まあ、勝ち負けより、もっと生きのいいプレーとか、びっくりするような知らん人がでてくるとか(あ、阪神の田中慎太朗くんは、初めて打つところをみたけど、ちょっとびっくりした)、そういうことがいっぱいないとなあ。
それにしても、スポーツニュースは濱中濱中で、サヨナラ満塁ホームランを打った田中あきら(漢字がわかりません)には触れず。打たれた能見にも触れず。まあ、人気のある人に話題が集中するっていうのは、分かるねんけど。


60.0kg、87cm
体重が微増でウェストが減少というのはどういうことなのだろうか? 考えないでおこう。

出かけるときには、昨日買ったスキニーパンツを履いていったのだ。なかなか快適。ストレッチがあるからね。椅子に座っても気持ち悪くない。ストレッチがないパンツの場合、ときどきおしりや太ももがもぞもぞするときがある。引っ張られるような感じでね。そういうのがないのが、気持ちいい。
ただ、すごいローウェスト。いや、これぐらいが普通なんだろうなあ。最初、ずり落ちる! という感触があったけど。すぐに慣れたけどね。でもおしりのポケットには何も入れられへんなあ。って、もともとハンカチしか入れる習慣はないけどね。ほら、ときどき居てるでしょう。おしりのポケットに携帯を入れてる人。どうやらマナーモードなんかにしたときに、すぐに分かるように、ということらしいんやけど、そうすると座るときに「ぐちゃ」とつぶれないか心配だ。わしが心配することでもないけどね。
それから、男の人やと、大きな財布を後ろポケットに突っ込んでいる人も多いよなあ。落ちそうになってるときもあるけど、なぜか落ちないのですね。心配なのはトイレに行く時やね。だから心配せんでもええって。

明日も今日ぐらいは寒いらしい。でも明日は仕事やから、つまりは会社にいる間はそんなに寒くはない。はず。おっと、この前は寒くて、ダウンジャケットを着て仕事しとったやないかい。忘れてた。ま、その時はまたその時で。ともかく、家に居るときよりはましやろう。
[PR]

by tacobu | 2008-02-25 00:50 | 日記
2008年 02月 24日

寒いやんけ~

ぶたこな日々にも書いてあるけれど、今日はとても寒かったですね。
そんな寒い中、ミナミへ繰り出しまして。
ユニクロで帽子とスキニーパンツ(ズボンのことです)、ぶたこのスリッパなどを買って。
そのあとビックカメラで、ノートパソコンで使えるマイク付ヘッドホンを買いまして(ノートパソコンにはマイク端子がなかったのだ)。

今日は寒いのは寒かったんやけど、近鉄電車ってどうしてあんなに暖房がキツいのでしょうねえ。椅子の下から暖房をかけるタイプなんやけど、椅子に座ると汗ばんでくる。マフラーを外し帽子を脱ぎ。それでも暑い。上着を脱ぐ、となると隣のひとに迷惑になりそうなので我慢する。と汗がどっと出てきます。
まあ外の気温との関係なんやろうけど、長時間乗る人のことを考えてほしいなあ。それに、ある程度は暖かい恰好をみんなしてるんやし。

家に帰って、アニメの「メジャー」を見たあと、録画しておいた阪神-オリックスのオープン戦を見る。
いやあ、久しぶりにプロ野球を見ると、興奮しますなあ。ついつい「ああ!」とか「うお~!」とか、画面を見ながら声が出てしまいます。
今日はオリックスは主力選手があんまり出ていない。阪神はレギュラーをねらえるメンバーが多数出場。赤星、鳥谷、新井、今岡、関本、みんなケガなくそろっているね。
葛城がいい感じやんか。なんか絶好調やね。これがペナントレースが始まっても続けられるかどうかやね。鳥谷くん、どうもよおわからんですなあ。へっぴり腰で三振するかと思ったら、難しい内角の球をうまくヒットにするし。よおわからん。そこが魅力なのかなあ。かつての今岡のように。
その今岡も好調ですね。なんかスイングが早くなったような。それって、広沢コーチが「スイングを早くするのが目標」というのを聞いたからそう思うだけなのかなあ。いやいや、今までになく、振りがシャープになってるような気がする。
育成枠選手の田中くん。今日は守りしか写ってなかったけど、どんな選手なのかなあ。コーチ陣の評価は高いねんけどね。元気はありそうやし。
投手陣は・・・・どうなんでしょうねえ。今の時期はこの程度なのか、それとも・・・・・。特に太陽くん。これといった決め手がないのだなあ。どうなんでしょう・・・・。

と、野球を見だすと、もう集中してしまって、どうにも話が止まらなくなりそうです。今年も応援しまくりましょう。
そうそう、新しい応援歌も覚えなくては。新井、葛城、桜井、と。
あ、今日もいい当たりをしていた野口には、何故か応援歌がないのですね。ううむ。今日の打撃、守りを見ていると、去年以上に活躍が期待できるねんけどなあ。
注目されている主力選手が活躍するのもいいけれど、2番手3番手と思われている選手が、思わぬ変身を遂げて頭角を現す、というのも面白いと思いますね。去年の上園くんみたいに。そういう期待もしたいなあ。
と、まだまだ続きそうなので(^◎^;)

ビデオを見終わった頃に、「フルスイング」が始まりました。そして終わりました。
いやあ、最終回も感動しちゃいましたよ(;◎;)。
押しつけがましくない演出。さらりとした表現。もう最高! でしたね。
こういうドラマをもっと見たいなあ。分かっていても感動させられてしまいました。


寒いなあ、と思ったら、外は雪(^◎^;)
59.8kg,88cm
うほほ(^◎^)
寒いから、ではなく。スキニーパンツのおかげでもなく。
それにしても、体重とウェストサイズが比例しないのはどういうわけだ?
[PR]

by tacobu | 2008-02-24 01:14 | 日記