たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 25日

阪神5-1西武

交流戦になると、びっくりすることばっかりですな。今日は先発上園(^◎^;) 去年も交流戦から出てきたんでしたな。
で、1回表、いきなりの満塁のピンチ(^◎^;)。ここは何とかしのいだけれど、なんか好調西武に打たれそうな雰囲気。
ところが、上園の強気の「気」は、そんな流れを断ちましたね。3回の初打席ではヒットまで打ちましたからねえ。

西武西口も、なかなか打ち崩せそうになかったですが。
そうこうしているうちに、6回表に失点(^◎^;)。GG佐藤にやられましたな。ま、ホームランでなくてよかったけど。

で、このまま終わってしまうのか・・・・・というわけにはいかないんですよね、今年の阪神は(^◎^)
7回裏。鳥谷がヒットで出塁。野口がバントで送って、一打同点のチャンス。
しかし続く関本はサードフライ。チャンスはついえたか?
しかし、ここからが違う。今年の阪神は(^◎^)
代打は葛城。5月7日以来のヒットが、同点のタイムリー\(^◎^)/
さらにたたみかけるように、赤星が逆転タイムリー。平野が四球で歩いて、新井、金本がまた連続タイムリー。さらに暴投で1点。これで5-1。勝負あり(^◎^)

ここまで両チームとも貯金が15。しかし対照的なのは、西武はここまで12球団1位の72ホームラン。長打力のチームやね。10本以上打ってるのが4人もいてるもんなあ。でも今日はホームランは出なかったよ。これが勝因かな。ま、甲子園はホームランが出にくいんだけどね。

昨日は近畿地方は大雨で、今朝もちょっと雨模様やったから、ひょっとして中止か、とも思ったんですが、さすが甲子園は、ちょっとやそっとでは中止にはなりませんな。
ただ、芝生はそうとう水を含んでたようで・・・・・バウンドとか、難しかったみたいですね。

今日のお立ち台は葛城と赤星。ふたりとも「すみませんでした」「申し訳ありません」の連発(^◎^;)
なにが? と思ったら、葛城は5月7日以来のヒットやったし、赤星は先制された6回の守りで、芝生に足を取られてツーベースにされたことを反省しておるのですな。特に赤星は、「何とか上園に勝ち星をつけてやりたかったんですけど・・・上園、ごめん」って、なんか勝利インタビューとも思えないような、でもあったかいお立ち台でした(^◎^)

で、上園君ですが。2軍では1勝4敗と調子が悪かったらしいです。で、首脳陣が、「ええいっ! もう1軍に上がって何とかしてこいっ!」と思ったとか(^◎^;)
ほんまかどうかわかりませんけどね。でも実戦で、厳しい場面になるほど力を発揮するタイプであることは間違いなさそうですな。そして冷静さも兼ね備えている。今日も無死1塁のピンチで、相手が送りバント。それが小フライになって、ワンアウトか、と思ったら、わざとワンバウンドさせてダブルプレーをとったりね。なんか、ベテラン投手みたいやなあ。

ともかく、パ・リーグ首位チームに快勝して、一気に波に乗りたいところですな。
そうそう、交流戦は、勝っても負けても逆転で試合が決まってるんですと(^◎^;) そういうのも珍しいですね。いや、そらあ先制して中押しして駄目押しして、順調に勝つほうがいいんですけどね。

b0023293_21201677.jpg

[PR]

# by tacobu | 2008-05-25 21:20 | スポーツ
2008年 05月 25日

父と子、の話なのだが

ユベール・マンガレリという人のことはぜんぜん知らずに、2冊を読んだ。「おわりの雪」「しずかに流れるみどりの川」(いずれも田久保麻理訳・白水社)

フランスの作家なのだと。児童文学もかいているらしいが、この2冊が翻訳されたすべてらしい。どちらも父と子の関係が物語の中心となっている。

「おわりの雪」では、病床の父親との関係。母親は夜になると出かける。主人公のぼくは、トビを買いたい。しかし家の収入は父親のもらう年金と、ぼくが老人ホームで散歩の相手をしてもらうわずかなお金だけ。そんなとき、猫の始末をたのまれる。そしてトビを手に入れるのだが、父親の病状は悪化。ぼくが話す空想のトビ採りの話も聞き取りにくくなってくるようだ。

「しずかに流れるみどりの川」では、ぼくはお父さんと二人暮し。お父さんは工場をリストラされて、庭師のような仕事で何とか生活をつないでいるが、電気が止められ、二人の生活は窮地に。お父さんは「ツルバラ」を育ててひともうけしようとする。そしてある夜、ふたりで豪華な食事に出かけるのだが、そこで厳しい事実を知る。

ええと、このあらすじはかなりええ加減な書き方をしています。もうちょっと深みのある話なんだけど。で、作品としては「しずかに流れるみどりの川」のほうが先に書かれたのだが、翻訳されたのは「おわりの雪」のほうが先だったのだな。確かに事件の起きかたというか、物語の起伏としては「おわりの雪」のほうがはっきりしているかもしれないが、個人的な好みでいうと「しずかに流れるみどりの川」のほうが僕には気に入ったな。こちらのお父さんは、どうもどうしようもない父親のようなんだけど、なぜかこちらの親子のほうが、気持ちのつながりがあるような気がするねんなあ。

とまあ、比べれば、という話になる。実はどちらも実に短い話で(160ページていど)、細かい描写というのもないし、大きな事件、ややこしい事件もおこらないのだな。ちょっと物足りない。
[PR]

# by tacobu | 2008-05-25 17:13 |
2008年 05月 25日

超豪華一点もの その2

たった今、大阪府全域に大雨洪水警報が発令された。土砂災害とかが心配だ。まあ、明日の朝にはあがってるだろうけれど。

さて、今日の晩ご飯。残り物の野菜をすべてほりこんだ、焼き飯第2弾である。

b0023293_215587.jpg


前回の教訓を生かし、べたっとならない工夫をした。
・ご飯をよく炒めること → ご飯から水分が出るらしい
・卵とご飯をあらかじめ混ぜておく → どういう効果があるのか、とにかくべたっとなりにくいらしい

今回は、最後にキムチを加えて「キムチチャーハン」としたのだ。どうだ、まいったか(^◎^)


昨日のことを何も書いていなかった。まあ、たいしたことはしてないんだけれど。夜、野球中継を見ていると、いろんなことができないままに夜が更け、だらだらしているうちに寝る時間。といった具合だ。晩御飯も作るのがめんどくさくって、スーパーの弁当で済ませたし。

そうそう、今日が雨の予報だったので、天気のうちにと洗濯したのだったな。で、雨が降る前にと思って、仕事から帰ったら即、取り入れたのだった。天気がよかったので、半日で乾いていたよ。
金曜日はごみの日でもあるので、ごみ出しと洗濯物と、両方をやったら、麻の時間はすぐに過ぎていってしまうのだった。


で、今日。今日はお休み。朝から天気も下り坂。というわけで、どこにも出かけず、家でおとなしく過ごす。
野球はデーゲームやったしな。
土曜日といえば、アニメ「メジャー」です。
本放送は夕方6時から。だが、朝9時25分から、昔のシリーズの再放送もしている。見逃していたものなので、そっちも見ているのだ。それを見終わったら「ぶったま!」という、関西ローカルの番組の、タイガース特集をチェック。というわけで、土曜日は大方野球漬けでもあるのだな。

野球放送の合間には、テーブルまわりの片付けなどを始めたりして。いや、これがなかなか。ひとりやからできることやな。片付けの途中でも「まあいいや、今日はこの辺で」と、やめることができる。明日(以降)続きをやれば。と思うのですね。

ともかく、明日は晴れてくれよお。図書館に本の返却もあるし。冷蔵庫の中はからっぽやし。

今日の体重
59.2kg,87.5cm
以上
[PR]

# by tacobu | 2008-05-25 02:15 | 日記
2008年 05月 24日

ソフトバンク2-5阪神

野球っていうのは面白いなあ。いまさら言うのもなんやけど。ほんで、9回ツーアウトになっても、あきらめてはいけませんね。

阪神岩田、ホークス杉内、両左投手の投げ合い。点差はわずかに1点。いやあ、ホークス松田にホームランを打たれたときは、こらもうあかんか、連敗か、と覚悟しましたよ。それぐらい杉内のできがよかったもんなあ。さすが阪神キラー。本人は思ってないかも知れへんけど。

おっとそれより、今日の阪神のオーダーですがな。もう、誰もがびっくりしたでしょう。金本、鳥谷を除いて右打者をずらり。赤星も平野も居ない。何? 1番がバルディリスぅ?(^◎^;) 岡田監督、ほんまに思い切ったことをしますなあ。こういう思い切ったことができるのは、チームの調子がいいからですわな。(あるいは、めちゃくちゃ悪いときにもこういうことをしはる(^◎^;)けど)
で、そういうオーダーになって、5番が今岡じゃなくて桜井ってところが、なんともいえんけどね(^◎^;)

3回の得点は、このオーダーが機能したね。バルディーがヒットで出て関本が送り、新井、金本で返すという。逆に、5番で一打が出れば、というのは相変わらずやなあ。まあ、どんなに調子のいいチームでも、ネックになることはあるもんですが。

さて話は飛んで、8回裏。1点リードされている場面でジェフ投入。これもびっくりやね。なんとしても9回に逆転するっていう意気込みか。
その意気込みが通じたか、鳥谷、フォードが連打でノーアウト2,3塁\(^◎^)/
外野フライでも同点、内野ゴロでもひょっとしたらという絶好の場面。
しかし、代打葛城、野口と連続三振(-◎-;)。ああ、また、ええところまできてジ・エンドなのか。盛り上げるだけ盛り上げといてオシマイなのか。次の打者は、途中から代走に出てる藤本やしなあ(-◎-;)
しかし、ここで藤本はしぶとく粘ってフォアボール。これでツーアウト満塁。
打席には、こちらも途中出場の赤星。ツースリーまで粘ります。ううむ、押し出しでも同点であるよ!
しかし、赤星の頭には「押し出し」の文字はなかったのでしょう。ホールトンの球をはじき返して2点タイムリー、これで見事逆転\(^◎^)/
続く新井も、初球をたたいて連続タイムリー\(^◎^)/ 逆に3点のリードとなったよ。
こうなると最後は球児。三者三振で閉めてくれました。

いやあ、ほんまにお見事でした。それにしても、ソフトバンクは馬原が居ないのだね。居たら9回表は絶対出てきてたよなあ。完璧に閉められるクローザーがおれへんということは、こういうことになるのか。途中まで、というか最後まで、ほんまに阪神の負けゲームのようやったから、この差は大きかったね。

さて、休憩なしで明日からはパ・リーグ首位の西武と甲子園ですな。ちょっと天気が心配ですが。セ・パ、首位決戦ですな(^◎^)

b0023293_20115412.jpg

[PR]

# by tacobu | 2008-05-24 20:12 | スポーツ
2008年 05月 23日

ソフトバンク7-2阪神

試合が終わったら、すぐにノォトを描くようにしたらいいねんな。勝っても負けてもね(^◎^;)

今日は1回表にさっそく得点。赤星が出塁し、平野が進塁させ、新井、金本で返す(今日は新井はフォアボールやったけど)という得意のパターン。お、今日もいい感じ(^◎^)
と思ったのはそこまでであった(^◎^;)

今日は5番以降がどうも振るいませんでしたな。フォードが1本打っただけかな。鳥谷も、マークされてたかな。ま、仕方のないことですけど。そのマークをかいくぐっていってほしいですね。

5回まで、何とか長谷川の1発だけで抑えてた安藤くん。6回に突如打たれましたね。球が甘くなってきていたか。それか、「さすがホークス打線!」といったところかな。特に先頭の川崎くんね(ムネり~ん(^◎^;)
なんですか、交流戦、3試合連続猛打賞ですか! いやあ、調子に乗ってきましたなあ。
けが人とかが多くて、戦力がそろっていないような印象を受けてたホークスですが、今日なんかソツのない攻めも見せてますね。

それにしても。6回の安藤は・・・。まあ不運といやあ不運な当たりが多かったけどね。特にワンバウンドの打球は、ドームではよく跳ねるのだね。内野安打がツーベースになる。なんともはや。

ま、こういうこともありますわな。明日は切り替えて、また頑張ってくれるでしょう。

あ、そうそう。矢野選手。1000三振達成、おめでとう(^◎^;)(_◎_)
#プロ43人目だそうですよ。

b0023293_22142572.jpg

[PR]

# by tacobu | 2008-05-23 22:14 | スポーツ
2008年 05月 23日

何もなくて、いろいろやった日

まずは今日の晩ご飯。
豪華一点主義。焼き飯、のようなもの(^◎^;)

b0023293_0203950.jpg


はっきりいって失敗作(^◎^;)。べたっとしてしまいました。うまく作らないとべたっとなるんですよね。次はうまく出来るようにがんばろう。量の加減も難しい。ご飯はもうちょっと多いほうがいいかなと、作る前は思ってたんやけど、作ってみたらこれでも多すぎ(^◎^;)。ま、野菜がたっぷりやからね。ちなみに、たまねぎは1球、ピーマンは2個、ベーコン少々、レタスそこそこ(^◎^;)、卵2個、となっております。

今日は野球もないし(タイガースの話)、夜はヒマなので、ちょっと思いついて、1階のステレオセットを2階に上げてきた。で、パソコンとつないで。パソコンからの音をステレオで再生。できるかどうかわからんかったが、やってみたらうまくいった。うほほ。
パソコンからの音を、きれいな音で聞きたかったのだね。ステレオセットがスリム型なので、場所もそんなに取らなくてすんだし。
で、これでFMもAMも聞けるようになったので、部屋の隅にあったラジカセを1階に持っていく。なぜか部屋が広くなったような気が。ラジカセまわりを片付けたからか。

ぶたことチャットしたり、本を読んだりで時間をつぶした。ああ、なんかほっといたらどんどん時間ってなくなっていくなあ。ずるずると何もしないまま。
時間割とか、何か考えるべきかも。
と言いつつ。野球が始まればそれ中心の生活になるのだろうなあ。それはそれで楽しいんだけどね。
[PR]

# by tacobu | 2008-05-23 00:20 | 日記
2008年 05月 22日

一日はあっという間にすぎていく

朝起きてぇ、パン食べてぇ、顔洗てぇ、トイレ行ってぇ、髭そってぇ・・・・と、朝やることはだいたい決まっているなあ。で、それぞれにかかる時間もだいたい決まっている。ちょっとでも短くならへんかなあと思うときもあるけど、努力してもそんなに変わるような気がしないので、あんまり考えないようにしている。

燃えない小型ごみの日。空になった植木鉢とか割れたマグカップとかをごみに出した。ちょっとずつ、いらないものがなくなっていってるわが家である。

仕事も通常のペースになったので、久しぶりに行き帰りは通常コース。つまりは二駅ウォーキング。
しかし。行きしなの電車が、なにやら車両事故か信号故障かで、ダイヤが大幅に乱れておる。ぶたこが、英語勉強会に通っていたときこの路線を使っていて、「しょっちゅうダイヤが乱れる」と言っていたが、確かに、僕が乗り始めてから、何回となくダイヤが乱れている。
長い路線だから、どこかで故障が起こったら、いろんなところに波及していくんだろうけどね。まあ、本数がある程度あるところが救いかな。一台遅らせても、遅れた次の電車に乗れる。ん? うまく伝わらない表現だな。つまり、「乗り遅れた」と思っても、乗るはずのなかった、前の電車が遅れているから、それに乗れる、ということ。要は、時間があんまりロスしない、ということなんだが。
今日はそういうわけにはいかなかったね。遅れはじめの時間にぶつかったから。ま、それでも二駅歩いてちょうどの時間になりましたが。

今日の体重
59.4kg,87.5cm
歩いた効果は認められず。そう、歩いてお腹が空いたので、晩ご飯をちょっと多めに作ってしまったのだ。そのうえ、野球中継を見ながらチョコレートを食べてしまったのだ。こういうのを見ながらやと、なぜか食がすすむのだなあ。
ま、勝ったし(^◎^)

b0023293_052127.jpg

[PR]

# by tacobu | 2008-05-22 00:52 | 日記
2008年 05月 21日

オリックス3-7阪神

昨日の負け方がとても悔しかったので、というか、なんとなく後悔が残る負け方だったので、今日はどうかなあ、ひょっとしたら、このままずるずるといってしまうんではないかという不安を抱えながら見ていたのだ。
「後悔が残る」というのは、オリックスには申し訳ないけれど、ちょっと甘く見ていたな、ということだ。3点差であと3回。磐石のリリーフ陣、ということを考えると、もう負けはないやろう、とさえ思っていた。でもたった3点差、だったんですよね。それを忘れていたなあ。野球は何が起こるかわからない。そういうスポーツやということを忘れていたね。

今日も1回に先制したけれど、すぐに同点に追いつかれる。苦しいなあ。
そして6回。ついにボーグルソンがつかまって、あれよあれよで2点差に。フォアボールフォアボールでタイムリーやもんなあ。
ボーグルソンにとっては「魔の6回」ですよね。どうしても越えられない壁なのかなあ。あるいはいわゆる「100球肩」なのかも。だとしたら、もっと投球数を少なくする工夫をしないとねえ。無駄な球が多いよなあ。よくファールされるし。今日も5回でほぼ100球。ちょっと投げすぎ。

勝ち越されたそのすぐあと。7回の表。相手のまずい守備もあって、ノーアウト満塁の絶好のチャンス。ここでバルディリスに代えて代打葛城。すかさずオリックスは投手を左の菊地原にスイッチ。すると阪神は代打の代打に今岡を投入。しかし、今岡はサードゴロでワンアウト。続く赤星もゴロでアウト。まあ、ダブルプレーにならなくてよかったのかなあ、ぐらいに思ってたが。それが大きく響いたのが次の平野の打席。ノーアウト満塁がツーアウトとなって、菊地原はほっとしたのかなあ。一番警戒していた赤星を打ちとって。そのスキを逃さず、平野が逆転の走者一掃スリーベースヒット\(^◎^)/
さらにさらに、続く新井が通算199号のツーランホームラン\(^◎^)/

ちょっとしたスキがあったと思うなあ。昨日は阪神に。今日はオリックスに。

それにしても。今日は微妙なジャッジもありましたなあ。1回裏やったかな。日高の当たりはレフトのポール際へ。フェンスに当たった打球は、判定はファール。しかし、ビデオを見るとラインの上(^◎^;)。ヒットですがな。ランナー1塁でエンドランもかかってたから、あれで1点、のはずやったのにね。
そのあとにも、バッターバルディリスのとき。ピッチャーの投げたボールはバットのグリップエンドに当たって大きく跳ねた。これがデッドボールの判定(^◎^;)。福本さんが「ほんまに手に当たってたら、バットを持ってられへんけどねえ」という、見え見えのファウルやったのにねえ。
で、これらの判定があっても、オリックスベンチは抗議に出てくる様子もない。なんで?
おかしいなあ・・・・と思ったら、今日の試合後に記者会見。コリンズ監督が辞任やて。シーズン途中で。二人の外国人コーチも帰っちゃうらしい。あらら。
「情熱がなくなった」
と言われてもねえ(^◎^;)。選手がかわいそうかな。がんばってほしいけど。
これで、チームの雰囲気が変わって、よくなるといいですね、オリックス。カブレラもラロッカもおれへんけど。清原に期待は、しないほうがいいでしょう。

b0023293_23411079.jpg

[PR]

# by tacobu | 2008-05-21 23:40 | スポーツ