人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 23日

救命病棟24時 最終回

平均の視聴率は良かったんやろなぁ。今日は最終回でちょっとだけ長い時間の放送やった。
それぞれの場面では、ええシーンも多かったなぁ。きょうも仲村トオルはがんばってたよ。
それに比べて、主役の江口洋介が、どんどん影が薄くなっていってなあ。ほかの、香川照之とかの方が存在感があってねぇ。江口洋介、どうもありえない人物になってたもんなぁ。あれは脚本の失敗やろなぁ。

脚本の失敗というと、物語全体がうまく行き過ぎててねぇ。ちょっとやそっとの障害とかぶつかりとか、そういうのはあるねんけど、毎回「ハイ、よくできました」で終わっててねぇ。
おしいなぁ。ひとつひとつのシーンとか、エピソードそのものはよくできてるのに。
そういう「どうすれば惹きつけられるシーンを撮れるか」という技術にはたけてるみたいや。でもそれだけでは心に残るドラマにはならへん。
あぁ、こないだ「あずみ」を観た時と同じことを考えてしまっている。

by tacobu | 2005-03-23 00:44 | テレビ


<< 米朝師匠の米朝問題      尊厳死 >>