人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 30日

阪神2-1ヤクルト

僅差の試合でしたなあ。ハラハラしどおしでしたわ。特に最後の方は。
先発江草くんの調子はよかったてんけど、打線がなかなかつながらず、押し気味ながら点が入らない展開。
こうなるとワンチャンスで点が入るんですね。ヤクルトが先制。
しかししかし、6回に無死2,3塁から今岡、濱中の連続犠牲フライで逆転。まるで2週間前の広島の試合を見てるみたいやったな。あ、あの時も江草やった。負け投手になったけど。

最後は赤星が、センター前に落ちるかという当たりをナイスキャッチ。1塁ランナーが帰れなくてダブルプレーでゲームセット。ナイスプレーの赤星のうれしそうやったこと(^◎^)。それを迎えるナインの表情も、今までになく明るかったな。
そういえば、打撃不振の今岡も、3塁ライナー→1塁ランナーをアウトにしたときは、めっちゃうれしそうやったな。今季、初めて見るくらいの笑顔やった。みんな、打ったときよりうまく守れたときの方がうれしいのかも。

今日のテレビ中継の解説は吉田サンと木戸サン。このふたり、監督とキャッチャーやったってことから、なんとなく身内のノリで放送していて面白かったな。
木戸サンがついつい「ねえ、監督」と話しかけたり(「もう、監督やないんですけど」という吉田さんの突っ込みも面白かった)、吉田サンが「どうや、木戸」と呼び捨てにしたり(^◎^;)。ふたりとも、歯に衣着せぬところがあるのが、さらに面白かったですね。またこのコンビで放送してほしいなあ。ラジオとかであるかも。楽しみにしとこ。

by tacobu | 2006-04-30 22:40 | スポーツ


<< あつっ      4月も終わり >>