人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 20日

有言実行

ブログだったかHPだったかで、「有言実行」と打ったら「有限実行」と変換され、気がつかないまま表示させていた。
ああそうか。こういう言葉は日本語にはなかったなあ、と改めて気がついたのだ。ぶたこは、普通の言い回しとしてあると思っていたらしい。ぶたこがそう思うのも分かる。いまや普通に使われてるもんなあ。
もともとは「不言実行」:ごちゃごちゃと講釈をたれずに行動すること、なのだな(たこぶ的解釈による)
で、「不言」ではなく「有言」になったのは、「はっきりと「こうする」と宣言して、実際そのとおりにすること」という意味で、だれかが「不言実行」をもじって使ったのだろうなあ。いつ誰が、というのは大した問題ではないけれど。
思うことは二つ。ここまでいろんな人が普通に使い(ぶたこが元々ある言い回しとして理解するように)、市民権を得るってことがあるのだなあってこと。言葉っていうのは、みんなが使うとそれが通用するのだなあ。魯迅じゃないけど「多くの人が通れば、そこが道となる」のだなあ。
もうひとつ。今のワープロでは「有限実行」としか(デフォルトでは)変換しないように、国語辞典には載ってないやろうけど、市民権を得たら載るようになるんだろうなあ。
と思って、ウェブの辞書で検索したら、載ってましたね、すでに。

まあ、言葉っていうのは変化・発展(時には衰退)していくもんやから、「この使い方は間違い!」という指摘もしにくくなってきますなあ。国語の先生は大変や。

by tacobu | 2007-07-20 00:53 | ひとりごと


<< 統合      お葬式 >>