人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 07日

わたしが美しくなった100の秘密(1999年・アメリカ)

テレビでも時々面白い映画をやっている

最近、毎週決まったドラマとかを見ることが少なくなったなあ。一昔前は一生懸命、それこそ月曜日は9時からコレ10時からコレ、火曜日は8時からコレ、なんて決まってたんやけど。

最近決まって見てるドラマって「エンタープライズ」だけになってしもた。京都テレビで土曜日の深夜、0時からやってる。スタートレックシリーズの最新(最後?)のやつやけど。前に読売かフジテレビかでやってたけど、中途半端で終わってたんやな。こんどはシリーズの終わりまでやってくれるのかな。

スタートレックの話じゃなくて。その放送が終わってからの話。サンテレビにチャンネルを変えると、映画をやってる。ちょうどエンタープライズが終わった時間から。しょうもない映画も多いねんけど、時々「あれっ?」と思うのも放送する。しょうもなさそうに思っても、暇つぶしに見てたらけっこう面白いのもあったりして。

先週放送していた「わたしが美しくなった100の秘密」は、字幕放送やったから、ちょっと英語の勉強にもなるかなと思って、内容はどうせたいしたことないやろうと思って見始めたのだった。聞いたこともない題名の映画やったしな。

そうそう、この時間帯の映画、けっこう字幕放送が多い。吹き替えよりも予算が少なくて済むのかも知れへんけど、字幕好きの映画好きとしてはうれしいですな。

で、これがけっこう面白かったのだな。最後まで見てしまったよ。夜遅かったけど。

アメリカの田舎町の美人コンテストの話。全米のコンテストに出る、その予選の顛末を描いたブラック・コメディー。町の有力者の娘が、優勝するためにいろいろ手を尽くす。もちろん(?)汚い手も使う。ライバルを殺したり(!)もする。それを、ドキュメンタリーの手法で映像にしていて、とても面白い。

脚本がともかく面白いよなあ。それと、ドキュメンタリータッチで撮ったところも。ちょっと皮肉がキツすぎるところもあるけど、アメリカ映画やからコレくらいは普通かな。好き嫌いはあるでしょうが、僕は好きですね。

主役のキルスティン・ダンストは、のちのスパイダーマンの時よりずっとカワイくて、初め誰かわからんかったわ。

何気なく見たけど、得した気分。まあ自分からお金を払ってみるほどの映画ではないですけど。飛行機の中でやってそうな映画かな。あ、それにしてはギャグがキツすぎるか。

by tacobu | 2006-05-07 12:00 | 映画


<< GW最終日      横浜4-1阪神(5月6日) >>