人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 10日

宗教について

京都(八幡市)の事件はショックやったな。牧師というけど、ただのスケベなおっさんやったってことやけど。でも「ただのスケベ」やったら罪はないけど、猥せつ行為におよぶのはあかんやろぉ。それをもし、牧師という立場を利用してやったとしたら、ほんまに許されへん行為や。

ただ、この教会をカルト的に見ている一部の報道には違和感を感じる。ほんとうにキリスト教の教会をどれくらい知っているのか。みんなで歌を歌ったり、子供だけで歌を歌ったりするのは、多分どの教会でも普通やろう。子供が居れば。

それに、日本には信教の自由というのもある。どんな宗教を信じようがその人の自由だ。その宗教が反社会的な行為を行わない限り。

僕は他人の信教には寛容だ。今日も天理教の信者さんが布教に来たけれど。休みの日に来られるのはうっとおしいけれど、それを責めるつもりはない。考えてみれば天理教だって、みんなで同じ着物を着て太鼓たたいて歌ってる。考えようによってはカルトっぽい。けれど、そんなのは宗教の自由なのだ。

なぜかマスコミは宗教には神経質のような気がする。というか、こういう事件が起こると、その原因を特定したいのだな。それが「カルト宗教だから」ということになると座りがいいのだろう。

by tacobu | 2005-04-10 17:43 | ひとりごと


<< 食べて、寝て・・・      夜から雨 >>