人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2004年 07月 07日

ぶたこの隠された力

昨日の広島-阪神戦。9回の表に打順がまわってきた久慈内野手。守備要員やから、全然期待してなかってんけど、ぶたこが「打つような気がするわ。」って言ったら、ホンマにヒットを打った(^◎^;)。
こういうことは良くあって、巨人戦の時も、アリアスの最後の打席で
「こういうとき、ホームラン打つねんで」
って言ったら、カコーン(^◎^;)

第六感というか、「予知能力があるんチャウか」とさえ思ってしまう。

はじめてそういう「能力」に気がついたのは、1999年6月12日阪神-巨人戦。9回裏1死2,3塁でバッターは新庄。巨人バッテリーは敬遠の作戦に出た。
ぶたこ「敬遠されたら打ったらアカンのん?」
たこぶ「そら、普通は打たへんって(^◎^;)」
ぶたこ「でも、打ったらエエやん。打ってまえーっ!」
カコーン。サヨナラヒット(^◎^;)。

もちろん、エエ場面だけでなく、悪い予想もよくあたってしまう。
「ここでヒットは打つけど、次のバッターでダブルプレーかなあ・・・」
とか(^◎^;)。そんなことを言い出すとドキドキしてしまうのだ。あたりそうで。実際、よくあたるし(^◎^;)。

断っておくけど、ぶたこは阪神のファンではあるが、「野球に詳しい」ということではない。昨日の広島戦でも、終盤逆転されそうになると、
「逆転されたら大魔神が出てくるやん(-oo-;)」
いや、広島やから大魔神はおれヘンで
「ほんなら誰? 五十嵐・・・・」
むむ(-◎-;)。とにかく阪神の「天敵」を思い浮かべているだけのようや。



ぶたこには予知能力(^◎^;)のほかに、「テレビと会話する」という、信じられないような力もある。

たとえば、テレビを見ていて、ぶたこが
「このピッチャー、どこの高校出てんやろ?」
とボソッとつぶやくと、アナウンサーがすかさず
「広島県、広陵高校出身です(^_^)」

バッターが打席に入って
「今、打率何割くらいかなあ・・・」
するとアナウンサー、
「今シーズンはここまで、3割2分4厘!」

野球に限らず、きれいな風景が映ったら
「ええなあ、どこの国?」
するとテレビから「シンガポールです(^_^)」

思わず「ああ、ありがとう(^oo^)」と、テレビにお礼を言ってしまう。アナウンサーが次に何を言うかが分かるというより、ぶたこの疑問にすぐに答えてくれるんですな。これほんま。

by tacobu | 2004-07-07 22:40 | ひとりごと


<< 2004/7/8(木)      視聴率”占い師” >>