人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 16日

近頃の公衆電話

昨日の仕事の帰り。ビックカメラに寄ってから帰る(つまりはお使いがあって)ことになったのである。で、帰りがけに家に電話をいれようと。公衆電話から。携帯電話を持ってないので。

近鉄難波の改札を入ったところで、グレー電話に10円玉を入れ。電話番号をプッシュ。ところが。
押したはずの電話番号がちゃんと表示されない。あ、液晶に表示されるようになってるのね。グレー電話。8桁押したはずやのに、6桁までしか表示されてへんやないの。
どうやら早く押しすぎたらしい。よく見ると(見にくい)液晶画面に「ゆっくりと押してください」と書いてある。
おい。忙しいのにゆっくり押してられるかい。もうすぐ電車も来るやんけ。

しゃあない。いったん受話器を置いてもう一回10円玉を入れる。と、
「ちゃりん」
戻ってきた(-◎-;)。なんで?
どうやら連続でかけられへんように、切ってからしばらくは10円玉を受つけへんらしい。らしい、と気がついたのは、2,3回、同じようなことをしてからやけど(-◎-;)。つまり、2,3回失敗したってことやけどな(^◎^;)。
やっと繋がったら話し中やったりして(^◎^;)。

公衆電話で連続掛けっていうの、むかしはあったけど今はどうなんでしょ。これだけ携帯が普及してるねんから、公衆電話を独占するようなひとは居れへんと思うのですけどね。
普通にプッシュホンで番号を押しても反応せえへんっていうほうが、ちょっと問題ではないかいなと思うのですが。

by tacobu | 2005-11-16 23:05 | ひとりごと


<< Van Der Graaf G...      「窓使いの憂鬱」 >>