人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 26日

【SFカーニバル】フレドリック・ブラウン編(小西宏訳・東京創元社)

題名から想像できるとおり、ユーモアを含んだSF小説集。タイム・トラベル、ロボット、火星人・・・・いろんな種類の「SF」を楽しめる。
なかでは、編者でもあるフレドリック・ブラウンの「恐竜パラドックス」が一番楽しめたかなあ。
主人公の学生が、面白くない授業の最中に時間の歪みに入り込んでしまう。その過程が面白い。まず目の前のハエが急に姿を消し、その消えたハエを掴もうと、消えた場所に手を差し出すと、今度は手が消えてしまう。そうやって、えいっ、と体ごと「時間の歪み」に飛び込んでしまうのである。そこで出会ったおかしな男と、時間旅行のようなものを味わって。さてどうなるかと思ったら、元の世界に(元の時間に)戻って、なあんやと思ったら、最後に「あははは」という結末が待っていた。
話の構成、結末の付け方、そこに至る布石、どれも面白かったなあ。
そうそう、僕はこういうSFをよく読んで(小松左京とか筒井康隆とか星新一とか初期の安部公房とか)SF好きになったのだったなあ。久しぶりに読んだけど、SFは面白い。

by tacobu | 2007-07-26 00:59 |


<< 中日2-3阪神      中日6-8阪神 >>