人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

2007年 10月 28日 ( 3 )


2007年 10月 28日

【らも-中島らもとの35年-】中島美代子(集英社)

2004年末、52歳で亡くなった中島らもの夫人による回想録。
実を言うとこういう回想録とか追悼文集のようなものは苦手である。亡くなった人に向かって語りかけられると、どうにもこそばゆく、身の置き場がなくなってくる。
「そうだよね、らも?」
なんていうのあると、もうおしまいだ。先に進むのが難しくなる。なぜか。それはその呼びかけが、答えがないことが前提なので、身勝手な呼びかけに終わってしまうからということもあるような気がする。もちろん、その言葉遣いそのものへのこそばゆさもあるけど。

で、そういうのが続くかと思いきや、意外にも本編になると淡々とした語り口調になって、自分と中島らもとの出会いから結婚、二人の生活、そして死、というぐあいに綴られていく。
ウソです。全然淡々としていない。なんか、読んでいくうちに気分が悪くなってくる内容なのだ。いろんなことが赤裸々に語られる。結婚前の、それぞれの人生。著者の、清荒神の大邸宅でのお嬢さん暮らし。らもの進学校からの転落人生(といっていいだろう)。
しかしそれぞれに、もっともらしい説明というか、言い訳のようなものがだらだらとついてくる。それも繰り返し繰り返しついてくる。自分ではそういうことで納得できるんでしょうが、他人である私ら読者が読んでも「???」と思われるような内容なのだな。まあ、これがフィクションならおもしろい解釈としてなりたつんやろうけど。

つまりはこれは「中島美代子」という女の目を通しての「らも」の話なのだ。それがどこまでも続いてる。ああ、あかんなあ。しまったなあ。前に郷ひろみの「ダディ」を読んだとき、その自分中心の視点に「なんじゃこら」と思ったのだなあ。中島美代子はタレントではないし、中島らもは二谷友里恵ではないけれど、相手に対する自分勝手な視点という点では同じ。
さらに言うなら、全編これ「わたしはエライ!」のオンパレードなのだ。
中島らもの「最初の女」にして、死を看取った女。らもがほかの女と寝た以上にほかの男と寝たワタシ。どの「女」よりも中島らもの理解者であり続けたワタシ。それが前面に出ている。
一番ライバル心を燃やしているのが、「ふっこ」こと、劇団リリパット・アーミーの主宰者わかぎえふ。公私に渡るパートナーとして生活していたわかぎえふに対する闘争心というか、対抗心というか。劇団の活動そのもについての評価も手厳しい。劇団と別れてようやく元の中島らもになった、と書いているけれど、本当はどうかは、らも以外にはわからんよなあ。

つまりは、この本を通じて語られるのは、らもとの回想録とかいう生易しいものではなく、ひとりの女の高らかな「勝利宣言」なのだな。それはらもの回りに居たいろんな女、あるいはいろんな人への勝利宣言なのだろう。かってに「勝った」と言うといてくれ。最後まで付き合って、疲れてしまいました。
期待が大きすぎたか。中島らもはおもしろい(それもものによりけりやったなあ)のになあ。その100分の1か1000分の1ぐらいの面白さ。

by tacobu | 2007-10-28 19:42 |
2007年 10月 28日

大阪市バスのサービス

昨日は市バスを乗り継いで、法事に出かけたのだった。わが家の隣の駅から(その駅までも歩いて15分程度)バスが出ていて、一回乗り継ぎをするだけで、実家の近くに着くのである。バスを乗り継ぐだけだと料金は無料。つまり、1区間の料金で2区間乗れる(200円)

で、バスに乗っていて、途中の停留所で、年配のご夫婦が降りようかどうしようかと迷っている様子。奥さんの方が運転手さんに訊ねに言った。ここで降りて乗り換えて、どこそこまで行くバスに乗れますか? と。
もちろん運転手さんは親切に乗り換え場所とかを教えてくれて・・・・・と思ったのに、答えは意外。
「さあ、この路線しか分からないもので・・・・ほかの路線がどうなってるか、ちょっと分かりかねるんですが・・・・・」
口調は丁寧だが、内容はまったく理解できない。えっ、すると途中の乗り換えとかは分からへんってことですか? ひとごとながら思わず耳を傾けてしまった。運転手さんが続けて言うことには、
「私ら、公務員でもなんでもないんでねえ、ぶっちゃけた話が、運転手の半分以上は大阪市民でもないんですわ。ですから大阪の地理のことはほとんど分からないんです。ですんで、乗り換えて別の地名を言われても、ちょっと分からないんです」
「なにしろ民間なもんで」
と、最後はよおわけの分からん言い訳までしていて。ご夫婦はこれではらちがあかんと思ったか、あきらめて次の停留所で降りはりましたが。

そうかあ、昨今のバスの運転手は大阪市民ではなく、地方から雇っているのか。しかも大阪の地理については疎い。
というのは仕方がないにしても。運転手をするからには、運転している路線だけではなく、せめてその路線と連絡しているバス停の行き先ぐらいには精通してもらわんとアカンわなあ。なにしろ、バスの中で責任をもってそういうことに答えられる人は(ワンマンカーなんやから)運転手さん以外には居てへんわけやし。
「そんなに詳しいことは覚えきれません」というのなら、カーナビのようなもので連絡先が分かるようなシステムを搭載するとか、無線か何かで答えられる態勢をとるとかしないと。

最近のワンマンカーは、運転手さんがマイクをつけていて、
「右に曲がります」「左に曲がります」「次止まります」「信号待ちです」
なんていう、昔なら車掌さんが言っていたようなことをいちいち放送してくれる。昨日乗ったバスは途中ででこぼこ道を通るところがあって、その前になると、「これ以降、車体が大きく揺れますのでご注意ください」とか、ベビーカーで乗車している人が居たら「ベビーカーが転がらないようにご注意願います」とかいうことまで言うてくれるのだな。
そういう心遣いというか、サービスのようなことができるようになっているのに、肝心の乗り換えには、乗客の簡単な質問にも答えられないとは。
これは、なんとかしてほしいと思いますね。

by tacobu | 2007-10-28 17:45 | ひとりごと
2007年 10月 28日

鼻風邪・法事・靴ずれ

天気予報では、雨は昨日のうちに上がると言っていたのに、朝になっても雨は降りつづけ。洗濯物がたまってるのになあ。まあおかげで、朝はゆっくり寝られたけどね。
しかし鼻風邪は依然続いている。良くなっているのやらどうなのやら。まあ熱はなさそうやから、心配はしてないけど。

今日は母方の祖母の1周忌。久しぶりにスーツを着てお出かけ。ぶたこは留守番で、ひとりで出かけるのも久しぶりだ。前日にぶたこが買っておいてくれたお供えを持って、祖母の実家へ。
祖母宅は、昔実家があったところのすぐ隣なのだ。バス停から祖母の家まで行く間は、子供のころによく遊んだ公園やら、通っていた小学校やらの前を通って行くので、なんだか懐かしかった。
もちろん、大方の町の風情というか、建物や道は変わってしまっているのだが(昔公園にあった小さな丘がすっかりなくなっていて、なにもない平坦な地面になっているのには驚いた)、昔から変わっていない建物もあった。
家のすぐ近くには空き地があって、その端っこには木でできた門のようなものがあって、そこを通り抜けると路地。空き地には柵も何もないのに、なぜか子供の頃、その空き地にはいるのは「ルール違反」になっていた。その空き地が、その壊れかけの木の門とともに、昔のままに残っているのにも驚いたなあ。

家の前の道はとても狭い。子供のころから狭いなあと思っていたけれど、大人になって久しぶりに歩いてみると、一層狭く感じられて、この前を自動車が行き来ていた(一方通行でもなかった)とは信じられなかった。

法事には親戚が20人ほど来ていて。僕はもうお客さんのようなものなので、ただ座ってお坊さんのお経を聞き、焼香をあげて。というだけ。さすがにお経の間ずっと正座、というのには耐えられず(子供の頃なら、我慢して、いくらしびれていてもずっと正座していただろうけれど)、すぐにあぐらをかいてしまいましたが。まあだいたいの男の人は、あぐらをかいたままでした。

お坊さんのお参りが済んだら、お供え物のふりわけ。来ている家族分に分けて(余りはもちろん、置いていくのである)。仕出しやさんから取り寄せたお料理をみんなで食べて、いろんなよもやま話をして。父や母も来て、おかしな話やけど楽しい時間を過ごしました。

家に帰る時。足がひりひり。なにがって。靴ずれですがな。慣れないスーツに合う靴はやっぱり革靴でしょう。で、履き慣れないもんやから、もうかかとが擦れて擦れて。まあちょっとの痛みは我慢しましょうかいな。



帰ったら日本シリーズ。日本ハムダルビッシュ対中日川上の投げ合い。しかしすでに3-0で日ハムがリードしている。なに? セギノールのスリーラン? 1安打で3点ですか。
しかし川上は、許した安打はたったの2つ。対するダルビッシュは4安打1失点。ううむ。ふたりともすごい! これこそ日本シリーズですがな。
この試合を見ていると、両チームとも日本一を争うのにふさわしいという感じですな。ここに阪神タイガースが入り込む余地は(今年は)なかったね。3点リードされても、そのあとをパーフェクトに押さえ込む川上。投球の組み立てをいろいろ変えながら三振を奪っていくダルビッシュ。ここぞというときには(特にウッズに対しては)全力で向かってましたな。
ま、来年は、ここに阪神が、文句なく立っていることを祈っておきましょう。

by tacobu | 2007-10-28 01:23 | 日記