人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 24日 ( 3 )


2008年 01月 24日

雨、雨

以前は、雨にも負けず、二駅ウォークをしていたんやけどなあ。今日は雨に負けた(-◎-;)
というか、電車が遅れていたんだよお。だから近鉄を降りたとき、歩いて会社まで行くには時間が足りなかったんだよお。と、近鉄のせいにしてやる。

お昼、会社で仕事をしていたら、窓の外が騒がしい。パトカーがやたらと走っている様子。最初は交通事故かなにかか、と思っていたのだが、次から次から走ってくるみたいなので、我慢できずに窓から外を見てみたら(職場は5階。窓際はグループ長の席なのだが、今日はお出かけだったのが幸い)、パトカーが次々にビルの谷間に消えていく。野次馬も集まり始めている。警棒を持ったお巡りさんも走っている。いったい何があったのだ?

船場吉兆の女将が逃げたのか? というウワサもしていたのだが(ウソ)
こういうことがあったのですね。大捕物だったようで。
パトカーが460台っていうのはスゴいなあ。いざとなったら、それだけの台数が集まってくるんやな、と、そんなところにびっくりしています。

午後からは雨も上がって、しかし寒さは増してきましたな。電車に乗って、本を広げて、ページをめくるときに手がかじかんでいるのがわかります。微妙に震えているのも。寒いんやなあ。暖かくして寝よう。

61.2kg,88cm
体重微増、ウェスト微減。

by tacobu | 2008-01-24 00:58 | 日記
2008年 01月 24日

【ぼくの最後の黒い髪】ジャン=ルイ・フルニエ(山口隆子訳・ランダムハウス講談社)

とても衝撃的な題名。扉には老境の紳士(?)の頭から、一本の髪の毛が天に向かって伸びているイラスト。副題には「元若者への助言」
これは、フランスの映画テレビ・ディレクターで作家のフルニエが、自らが老境に入って感じたことを、ときに辛辣に、ときに開き直って(^◎^;)書いたエッセイです。

「元若者への助言」となっているだけあって、「歳をとっても、おもしろいぞ」と思わせるところもあり、「歳をとったんだから諦めろ」と言ってみたり、「いつかはキミも歳をとる」(あたりまえだが)と言ってみたり。
ジョークと諧謔をからめて、いろんな角度から「老い」を語っている。思わず「ふほほほ」と笑ってしまう話ばっかり。
読みようによっては、最近流行りの「×××になれる30の法則」とか「×××な人生のための15章」とかいうたぐいの本の、ネガティブ版(パロディ)ともとれますね。

これを読んで勇気がわくか諦めがつくか、は、ひとそれぞれ、でしょうね。わたくしはもちろん、楽しく読ませていただきましたです、はい。

by tacobu | 2008-01-24 00:41 |
2008年 01月 24日

【チグリスとユーフラテス】新井素子(集英社)

1999年刊の新井素子の大長編。ハードカバーで2段組みで本文490ページの大作です。読むのに苦労しました(^◎^;)。あとがきにも書いてますが、書いているうちに長くなってしまうのは、この作者の特性であるようです。

移民惑星「ナイン」で、治療のため(何の治療かが問題なのだが)コールドスリープ(冷凍睡眠)にはいっていたマリアは、ある日覚醒する。目の前にいたのは、幼女の扮装をした老女ルナだった。ルナは自らを「惑星ナインの最後の子ども」だと言う。

人類が死に絶えていく惑星の話。最初は、そういう「終末物語」なのかと思って読み始めると、いろんな展開が広がっていく、そこのところがもうとても面白いのです。そして、新井素子口調というか、知ってる人しか分からんやろうけど、どこかコシの砕けるような文体が、読んでいて「にょほほほ」となってしまい・・・・おっと、うつってきた(^◎^;)

最初に紹介したあらすじは、この長大な物語の第1章。マリアの話。このあと、ルナはコールドスリープしている人たちを次々に起こしていくのですね。そこにどんな理由があるのか。話が進むにつれて、惑星ナインの歴史が掘り起こされていく、その過程が素晴らしいです。もちろん、歴史の書き方はあくまでも新井素子口調なのですけれど。

新井素子はわたくしと同年代(1960年生まれ)で、高校時代から作家活動を始めていて(ほぼSF)、才能溢れる人だと思うのですが、ばりばり新作を発表する、という人ではないのですね。出始めのころは(ちやほやされて、ということもあったでしょうが)いろんな雑誌でその名前も見たのですが、最近はときどき名前が出て「あっ、まだ書いてたんや」と思う(失礼な)ことがしばしばでした。
しかし、こういう作品がまだまだ書けるんですね。なんか口調が(しつこいようやけど)「ほにょにょにょ」というところがあるので、内容もそれに比例して、と思われるようやけど、どうしてどうして、なかなか歯ごたえのある深みのある物語になっています。

「それでも人生は生きるに値する」

どこか醒めた目を持ちながらも、何かを信じている。全部を読み終わると、ちょっとだけ勇気がわいてくるような。それって持ち上げすぎかしらん。

この本は図書館ではなく、ブック・オフの100円コーナーにあったのを買いました。こんなごっつい本が100えんなんて(文庫では上下に分かれています)。

ついでに。あとがきがとても面白いです。この話のなりたちを書いてあるんだけれど、これが新井素子ワールド満開のエッセイになっていて、笑ってしまいました。

by tacobu | 2008-01-24 00:36 |