人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 29日 ( 2 )


2008年 01月 29日

曇りのち雨

今朝はいい天気やと思ったのになあ。夜になったら雨。仕事を終わって帰るときは雨であったよ。傘の用意とかしてなかったから、上着のフードをかぶって帰宅。ま、大降りではなかったからよかったけど。


61.0kg,88.5cm
なんか代わり映えしないなあ。しかしひょっとしたら、長い目で見たら何かかわっているのかも。そう思って今年の始めの方の記録を見ると、正月の三が日で61.6kgになっていた。
おおっ、ちょっとは減っているのか。
と、わずかな成果でも、よしっと思って機嫌をなおし、さっそくおやつにケーキを食べるのである。元の木阿弥とはまさにこのこと。

by tacobu | 2008-01-29 00:36 | 日記
2008年 01月 29日

【停電の夜に】ジュンパ・ラヒリ(小川高義訳・新潮社)

作者はロンドン生まれのニューヨーク育ち。両親ともカルカッタ(インド)出身のベンガル人。この短編集はデビュー作で、中の短編(「病気の通訳」)がO.ヘンリー賞を受賞。さらに短編集全体が2000年のピューリッツァー賞を受賞した。
となれば、どんな話か、読まねばなるまい! と思うわたくしは、受賞作というのにすこぶる弱いのである(^◎^;)

たまには「何でこんなんが?」と期待を裏切られることもあるけれど、今回はもう、納得ですな。表題作の「停電の夜に」は、初めての子供が死産だったことから冷めてしまった夫婦の話。住んでいる町が一時期停電することになり、しばらくはロウソクでの夕食、ということになる。そして近づいたかに思えた二人の距離だったが・・・・・・・。
その他の話も、一見淡々と物語が進むように見えて、みごとに外されるというか、裏切られるというか、してやられるといった話が多い。

インド人であることを、ことさら強調することはありません。中にはインド移民を主人公にしたものが多いけれど、民族的な視点というのは希薄で、むしろ普遍的な、「ふるさとを離れている」という意識がただよっていたりします。だから、日本に住んでいる日本人であるわたくしが読んでも共感できる。そういう視点を持って書いているところがいいですね。

全9編、どれもいい感じ。なかでわたくしの好みは、「停電の夜に」と「病気の通訳」(原題のタイトルはこれになっている)かな。あと、ちょっとすかしたような「ビビ・ハルダーの治療」も面白かった。なんか下町の情景が浮かぶような。

by tacobu | 2008-01-29 00:22 |