人気ブログランキング |

たこぶ・ろぐ-日本一お気楽な48歳-

tacobu.exblog.jp
ブログトップ

2008年 04月 04日 ( 3 )


2008年 04月 04日

59.8kg、87cm

危険域に徐々に近づきつつあるような気がする(-◎-;)
ちょっと油断したかなあ。

こないだスーパーに行ったとき、ついついチョコレートを買ってしまったのですね。それも、ひとつひとつが小さく包んであるやつです。板チョコじゃなくてね。
で、これって、ちょっと危ない形状だと思うんです。
板チョコだと、食べた分だけ板が減るわけだから、どれだけ食べたかが一目瞭然となって、もうそろそろやめとこう、となるわけだけれど、ひとつひとつが小さく包んであるチョコレートの場合、ひとつ、またひとつとつまんでいる間に、いつの間にかぱくぱくと食べ進んでしまっていて、ふと気がつくと袋の中身が半分ぐらいに減っている(^◎^;)という事態に、愕然とするわけです。で、そうなってしまったらもう後の祭り。

その結果が表題のとおりです。久しぶりにぶどうジュースもたっぷり飲んでるしなあ。まあ、好きなことを必死で我慢することもないか、と自分を慰めるのであります。

by tacobu | 2008-04-04 00:16 | 日記
2008年 04月 04日

「中国の屏風」S・モーム(小池滋訳・ちくま文庫)

モームの文章って好きなんですよ。独特のユーモアがあってね。でもそれも、それに見合った訳があってこそ、なんですよね。
この訳はちょっとそっけなさすぎて、さていいんだかどうなんだか。それよりも、この作品そのものがいいんだかどうなんだか。
1930年ごろ(もちょっと前かな)に中国旅行をした際の印象から書かれた、エッセイとも短編小説とも言えないような言えるような作品集。短いものは見開きで終わり、長くても4ページちょっと。
当時の中国の印象っていうのが、ちょっと滞在しましたという英国人の目にどう写ったか、というのが中心で。そのほかにも、中国で暮らす英国人は(とくに伝道師がよく出てくる)どんな暮らしぶりだったのか、どんな風に考え、どんな風に行動していたか。それを、あくまでもモームの視点で語っております。

具体的な町の名前はほとんど出てこないし、ときどき散文詩か、と思うような文章にもなっているし。ぜんぶ中国の話なんだけど、なぜか統一感がないように思えます。ちょっとしたエッセンスだけを集めたような。
ただ、それだけに、余計にモームのエッセンスがどんなものかがよく分かるような気もする。画家のデッサンを見るような感じ。で、デッサンには、それだけで感銘を受けるものもあれば、「ああ、これはあの作品の下書きなのだな」と思うものもあるわけで。

by tacobu | 2008-04-04 00:15 |
2008年 04月 04日

広島4-2阪神

負けるときもありますわな(^◎^;)
広島の先発ルイスはいいピッチャーですな。球にキレがある。最初の先発の時には3つのボークで自滅したらしいけど、今日はそんなことはなかったですね。1回表に赤星がピッチャーゴロでホームインしたときは、ここからばたばたと崩れてくれるかな、と思ったんですけどね。そうは思い通りにはいきませんな。

杉山くんは最初はよかったんやけどなあ。いつもは立ち上がりが悪くて、あとになるほど調子が出てくるんやけど、今日はまったく反対で、最初のうちはストレートもキレがあったんやけど、回を追うごとにスピードもなくなってしまいましたね。
リリーフした阿部くん。なかなかよかったやないですか。これからも期待しよう。この調子をずっと続けてくれたら、いつかは勝ちゲームでも投げられるかもよ。

さて、心配なのは打者の二人。今岡と新井です。まあ今岡は、こんなものかなとは思うけど。ちょっと相手になめられ始めているのが気になるところ。ちょっと「ガツン」といってほしいところですね。
新井はねえ・・・。広島ファンにちょっとやられたかな。いやいや、逆に気負ってしまったのかも。これを乗り越えてくれるやろうと思いますね。守備とかを見てると、決して硬くなってるとか、そんなことはなさそうやし。

ちょっと暗い気分でジャイアンツ戦、というのが気になりますが、まあ気にしても仕方ないでしょう。ミスが重なってとか、力の差を見せつけられて、とかいう負けではないので、まだまだ取り戻せる、と信じたいですね。
あしたもしっかり応援しよう!
b0023293_014835.jpg


by tacobu | 2008-04-04 00:14 | スポーツ